個別法

Pocket

個別法とは、棚卸資産を評価する方法の一つ。棚卸資産ごとの購入単価を用いて、そのまま商品の価値を確定とし計算する方法である。

個別法は基本法の規定に基づいて、棚卸資産ごとに個別に払出し単価を計算するという方法で、棚卸資産の商品としての実際の動きそのままに確定させる方法である。棚卸資産の商品の「実際の動き」とは、受入、払出、残高のことである。個別法はどちらかと言うと価格帯が高く、個別であることが認識できる商品、つまり仕入れと在庫との個別の対応関係が分かりやすい宝石や貴金属などに適用するのが良い。個別法は、商品の実際の動きに忠実である特徴がある。

個別法においては、棚卸資産が販売された時点で、取得価額と売上原価が同額としてそのまま、必要経費になる。この費用収益対応の原則の適用が事実に適しているのがメリットの一つである。一方で、個別法の管理には手間がかかるという側面もあり、デメリットと言える。個別法を採用した評価方法では、払出単価の決定方法、そして評価額の決定方法としての性質を有している。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。