機能別分類

Pocket

機能別分類とは、会社の経営において、原価がどのような機能のために生じているかに基づく分類であり、原価要素はこの分類基準によって機能別に分類されている。

機能別分類は、会計上において費用科目分類の一つであり、原価が使われる機能に基づいて集約され、科目を分類する手法である。

機能別分類の基準で分類される経費の中には、広告宣伝費や出荷運送費、販売調査費や販売事務費などが含まれている。

この機能別分類の基準に基づいて分類すると、材料費は主要材料費や修繕材料費、補助補助材料費などに分類することができる。

機能別分類は他にも、倉庫量や掛売集金費、企画費や技術研究費などの経費にも適用される。

機能別分類に基づいて分類される項目に、賃金も含まれているが、直接賃金や間接作業賃金、手持賃金などに分類できる。

このように会社の経営に必要となる様々な経費を、機能に応じて分類することで、会計上の記録を正確に保つことができる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。