• 作成日 : 2014年10月23日
  • 更新日 : 2020年6月15日

買掛金とは

Pocket

買掛金とは、掛取引という取引形態の中で商品やサービスの納品を受けた際に、代金を支払う債務のことを指す。勘定科目としては、負債の部の仕入債務へ区分される。

また、掛取引は商品やサービスの引き渡しを先に行い、代金の受け取りをその場ではなく、定められた期日までの間に行う取引形態のことを指す。

買掛金を導入するメリットは以下の通りである。

1. 取引時に現金を用意する必要がない
2. 月末などにまとまった金額を支払うため、管理がしやすい
3. 継続的に支払ってもらうことでお客様と信頼が深まっていく傾向にある
4. 現金取引と比べ金額の大きい取引がしやすい※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

会計業務を自動化!マネーフォワード クラウド会計

働き方改革対応自動アップデートの勤怠管理システム Money Forward クラウド勤怠