粗利益率

Pocket

粗利益率とは、売上高に対する売上総利益(=粗利益)の割合のことであり、「売上総利益率」や「粗利率」とも呼ばれる収益性分析の指標である。

単位は%で表され、「売上総利益 ÷ 売上高 × 100」もしくは「(売上高 - 売上原価) ÷ 売上高 × 100」の計算式で算出される。

粗利益率は売上原価率と反比例し、この数値が高ければ高いほど収益性に優れていると判断されるが、業種や分野によって平均値は変わってくるため、数値のみを単独で見て評価することは適切でなく、前年度からの増減や同業他社との比較によって評価を下す必要がある。

一般に、代替商品やサービスの選択肢が多い分野では価格競争が加熱するため、独創性の高い商品や付加価値の高い商品を扱っている企業ほど粗利益率は大きくなり、業種別では小売業<製造業<建設業<卸売業の順に粗利益率が大きくなる傾向にある。

粗利益率を上げる方法としては、利幅の高い商品を重点的に売ることや、仕入原価を極力安く抑えることなどが挙げられる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。