未払費用

Pocket

未払費用とは、一定の契約に従い継続して役務の提供を受ける場合、貸借対照表日の時点で支払いがなされていなくても、時間の経過に応じて発生しているものと考えられる費用である。流動負債に区分される。

未払費用の考え方

貸借対照表日までに支払っていない費用であっても、物品の購入やサービスの提供を受けていれば、その時間の経過に応じて費用は発生していると考えられる。したがって正確な損益計算を行うためには、未払費用を当期の費用として損益計算書に計上するとともに貸借対照表の負債の部に計上しなければならない。
なお同じ対価の未払いであっても、未払費用と、本来の営業取引以外の非継続的な取引から生じる一時的債務である未払金とは区別されなければならない。未払費用の例としては「未払家賃」「未払手数料」「未払利息」等が該当する。
また、未払金は、特定の契約等により既に確定している債務のうち、未だその支払が終わらないものをいい、役務の提供が未完了であれば未払費用とみなされる。

未払費用と未払金の違い

未払費用と未払金は主に次のように区分される。
・継続的な役務提供契約に基づく役務提供に対する未払分・・・未払費用
・非継続的な役務提供に対する未払分・・・未払金
・役務提供が継続している場合・・・未払費用
・役務提供が完了し債務がして確定している場合・・・未払金

したがって、未払金に該当すべき勘定科目としては電気・水道・ガス料金・外注加工費、事務消耗品費用のうち後払いで購入した場合などが挙げられる。ただし電気・水道・ガス料金・外注加工費などは買掛金として扱うこともできる。

未払費用の仕訳例

決算にあたり、翌月払いの家賃250,000円を未払金として計上した。
借方・地代家賃250,000円/貸方・未払費用250,000円

決算にあたり、支払利息の70,000円を未払金として計上した。
借方・支払利息70,000円/貸方・未払費用70,000円

未払利息として計上した未払費用の70,000円を期首に振り戻した。
借方・未払費用70,000円/貸方・支払利息70,000円

経費の管理でお悩みの方必見「MFクラウド経費」のご紹介

経費精算が面倒、と感じることがありませんか?

・領収証をエクセルに1件づつ入力するのが大変
・電車の運賃をいちいち検索して入力している
・経費精算を溜め込んでしまい、何時間もかかってしまう

MFクラウド経費を使うと、面倒な手入力がゼロになります。

・クレジットカードや口座、SuicaなどICカードの明細を自動取得
・レシート・領収証はカメラで撮るだけ、オペレーターが代わりに入力します
・経路検索するだけで、金額が入る
・OCRでレシート・領収証を読み取り

MFクラウド経費はPC、iPhoneとAndroidアプリでご利用いただけます。
無料でご利用いただけますので、ぜひお試しください。

経費精算システム「MFクラウド経費」

くわしい資料のダウンロードはこちら!
MFクラウド経費資料ダウンロード



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。