• 更新日 : 2020年6月10日

後入先出法とは

後入先出法とは、新しく仕入れた商品から出庫して売れたことにし、古く仕入れた商品は在庫として計上する方法のことである。

後入先出法は、棚卸資産を評価する方法の一つであり、後に仕入れたものを先に出庫する方法である。つまり後から仕入れた原材料で作った製品を先に払い出し、仕入れ金額の期末在庫を計上する方法である。

後入先出法のメリットとして、物価が激しく上昇している時に、会社の財政状態を適切に保つことができる。後入先出法を採用することで、値段が高騰した価格で仕入れた商品であっても、社会全体の物価も上昇しているため、製品も高く売ることができ、会社の経営状態を健全な状態に保つことができる。

逆に物価の高騰が収まってきた時には、在庫の商品を販売することで、仕入れや原材料にかかった費用とのバランスを調整できるのだ。とはいえ後入先出法では、過去に仕入れた商品や材料が長期間にわたり在庫として残る状況となるため、国際会計基準では認められていない。

会計業務を自動化!マネーフォワード クラウド会計

働き方改革対応自動アップデートの勤怠管理システム Money Forward クラウド勤怠


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会計

会計・経理業務に関するお役立ち情報をマネーフォワード クラウド会計が提供します。マネーフォワードクラウドは会計から人事労務までクラウドでDXを推進、バックオフィスの業務効率化を応援します。