• 作成日 : 2022年11月4日

ネットビジネスとは?起業・副業初心者におすすめの種類や稼げる方法を紹介!

ネットビジネスとは?起業・副業初心者におすすめの種類や稼げる方法を紹介!

ネットビジネスとは、パソコンやスマホで稼げるビジネスのことです。サイトデザイン・ブログ運営・アフィリエイト・コンテンツ販売・せどりなどさまざまな種類があります。株式投資やFX・仮想通貨取引など、副業として始めやすいものもあり、必要な機器とスキルがあれば気軽に始められるため、初心者の起業におすすめです。この記事では、ネットビジネスの種類やメリット、ポイントや注意点などを解説します。

広告
法人化や起業をお考えの方におすすめ!フォーム入力だけで簡単に会社設立できるマネーフォワード クラウド会社設立を無料で始める >>
広告

ネットビジネスとは?

ネットビジネスとは、インターネットやパソコン・スマホなどの機器があれば始められるビジネスの総称のことです。いつでもどこでも取り組める手軽さや、初期費用や固定費があまりかからないというコスト面のメリットから、起業のハードルが比較的低い方法として注目されています。

ネットビジネスには、以下で紹介するとおり、さまざまな種類があります。

初心者におすすめのネットビジネスの種類・特徴は?

ネットビジネスには多くの種類がありますが、なかでも初心者におすすめのネットビジネスは以下のとおりです。

  • データ入力
  • アプリ開発
  • Webデザイン・イラスト制作
  • ライティング
  • YouTubeなどの動画編集
  • SNS運用
  • ブログ運営
  • アフィリエイト
  • コンテンツ販売
  • ECサイト販売
  • せどり・転売
  • 株式投資
  • FX
  • 暗号資産(仮想通貨)取引
  • ポイントサイト

ここでは、初心者におすすめのネットビジネスの種類と特徴について解説します。

データ入力

データ入力は、企業の情報や従業員名簿などのデータを検索してエクセルやスプレッドシートなどに入力したり、別のフォーマットに入力し直したりする仕事のことです。エクセルやスプレッドシートの基本的な使用方法がわかる方なら、どなたでも簡単に始められます。また、案件数も多いため、仕事を見つけやすいです。

一方、単価は高くないため、ある程度の収入を得るためには多くの案件を引き受ける必要があります。

アプリ開発

アプリ開発は、Web用のアプリやスマートフォン向けアプリなどを開発する仕事です。HTMLやCSS、RubyやJava、Pythonなどのプログラミング言語を用いてアプリを開発します。スマートフォンの普及によってアプリの需要は伸びているため、アプリ開発という仕事自体需要が高く、専門的なスキルが要求される仕事であるため、高単価な案件が多いです。プログラミングに関する知識がある方におすすめできます。

Webデザイン・イラスト制作

Webデザイン・イラスト制作は、デザインスキルがある方やデザインソフトの操作ができる方におすすめの仕事です。Web上に掲載するページのレイアウトやランディングページ、バナーなどのデザインや、ロゴやキャラクターなどのイラスト制作を担当します。Adobe IllustratorやPhotoshopなどのソフトを操作できるだけでなく、HTMLやCSSといった基本的なプログラミング知識も必要です。Webサイトを活用したPRやマーケティングが普及している現在、需要が高まっています。

ライティング

雑誌や書籍、Webに載せる文章を作成するライティングも、おすすめのネットビジネスです。インターネット環境とパソコンがあれば、比較的簡単に始められます。クライアントから与えられた構成通りに文章を執筆する場合もあれば、構成から全てライターが作成する場合もあります。文章力やSEOに関する知識が必要な仕事です。案件によって単価は異なり、専門知識が必要なものやインタビュー記事などは単価が高い傾向にあります。

YouTubeなどの動画編集

動画編集は、YouTubeをはじめとする動画サイトに投稿する動画や、商品・サービスのPR動画などを編集する仕事です。自身で動画を撮影・編集して投稿するパターンと、クライアントから動画編集を依頼され、編集するパターンがあります。結婚式やパーティーなどのイベントで流す動画作成を依頼されることも多いです。Adobe Premiere ProやFinal Cut Proなどの動画編集ツールを操作するスキルが求められます。

SNS運用

SNS運用とは、TwitterやInstagram、TikTokといったSNSを運用する仕事です。自身のアカウントを運用して収益を得るパターンと、企業のSNSの運用を代行するパターンがあります。

自身のアカウントを運用する場合の主なマネタイズ方法は、商品のPRや動画の広告収入です。PR案件は、フォロワー数やエンゲージメント数などの影響力に応じて、報酬が決まることも多いようです。一定のフォロワー数がいないと依頼されないため、多くのフォロワー数を獲得してから始める必要があります。

また、企業のSNS運用代行は、さまざまな施策を打ちながらアカウントを運用し、知名度アップや商品・サービスの販売促進につなげる仕事です。

ブログ運営

ブログ運営は、ブログを開設して広告を掲載し、広告収入を得る仕事です。広告タイプには、主に以下の2つがあります。

  • アフィリエイト広告:クリックから購入に至ると報酬が入る
  • クリック型広告:クリックされると報酬が入る

広告収入でまとまった金額を稼ぐまでに1年以上かかることも多く、その間コツコツとブログ運営を続けることが必要です。

アフィリエイト

アフィリエイトは、成果報酬型の広告のことで、前述のようなブログやホームページ、さらにTwitterやInstagramといったSNSなどに広告を掲載し、クリックから購入に至った場合に報酬を得る仕事です。

アフィリエイトで稼ぐためには、ブログやホームページのSEO対策を強化して検索時に上位表示されるようにしたり、一定のフォロワー数やユーザー数を獲得したりする必要があります。収益を得るまでに時間はかかりますが、アクセス数が安定すれば自動的にお金が入るようになります。

コンテンツ販売

コンテンツ販売とは、noteの有料記事やセミナー動画、メルマガといったコンテンツを作成し、販売する仕事です。さまざまなジャンルのコンテンツが存在し、自身の得意分野や専門分野に関するコンテンツを作成し、集客を行って販売します。

有益なコンテンツを作成するためにはかなりの時間がかかるものの、利益率が高いビジネスです。販売主への信頼が非常に重要であり、SNSやブログなどで情報を発信し、その分野での知名度や権威性を高める必要があります。

ECサイト販売

ECサイト販売は、Amazonや楽天市場といったECモールや個人サイトなどでネットショップを開設し、商品を売る仕事です。ハンドメイド作品やイラストなどを販売している方が多いです。

また、ECサイトに商品を掲載し、売れた後メーカーから顧客に商品を届けるという「ドロップシッピング」という方法もあります。在庫を持たずにすみ、仕入れや配送にかかるコストを削減できる効率的な方法です。

せどり・転売

せどり・転売とは、ネットショップを開設し、安く仕入れたものを高く売ることです。仕入れ価格と販売時の価格の差から収益を得ます。海外で価値が高いものを日本で仕入れて海外に販売する輸出せどりや、反対に日本で価値が高いものを海外で仕入れ、日本で販売する輸入せどりもあります。転売というと悪いイメージを持たれがちですが、法律で禁止されている一部商品をのぞき、転売は合法です。

ネットショップは気軽に開設でき、実店舗と違って家賃や光熱費などがかからないため、始めやすいネットビジネスと言えます。

株式投資

株式投資は、企業が発行する株式を売買し、売値と買値の差額で収益を得る仕事です。ある程度の元手が必要であるほか、売買のタイミングによっては損失が出るリスクもあります。値動きや投資先の情報だけでなく、経済や社会環境の変化にも敏感になり、常に最新の情報を追うことが必要です。株式の保有数や条件によっては、配当や株主優待を受けることもできます。

FX

FXは、日本円や外貨など通貨の取引によってお金を稼ぐ方法です。株式投資と同様、売値と買値の差額で収益を得るビジネスモデルです。口座に預けている金額の25倍まで取引できるレバレッジシステムが採用されているため、少額からでも始められます。為替変動の影響を受けるため、株式よりも値動きが激しく、ハイリスク・ハイリターンであるのが特徴です。

暗号資産(仮想通貨)取引

暗号資産(仮想通貨)取引は、ビットコインをはじめとする暗号資産を取引することでお金を稼ぐ方法です。株式投資やFXと同様、売値と買値の差額によって収益を得ます。一時期よりは落ち着いたものの、暗号資産は値動きが激しいため、ハイリスク・ハイリターンなのが特徴です。暗号資産は将来性が期待されており、今後もますます市場は拡大していくことが予想されています。

ポイントサイト

ポイントサイトとは、アンケートに回答したり、ミニゲームをクリアしたりしてポイントを集め、貯めたポイントを現金や電子マネーなどに交換できるサイトのことです。スマホがあれば誰でも簡単に始められ、空き時間を有効活用できます。一方、お小遣いサイトとも呼ばれるとおり、大きな収入を得ることは難しいです。そのため、専業にするのはおすすめしません。

広告

ネットビジネスのメリットは?

ネットビジネスには、以下の3つのメリットがあります。

  • 初期費用が少ない
  • 副業からはじめられる
  • スマホで簡単に仕事もある

スマホやパソコンがあれば、すぐに始められるのが大きな特長です。初期費用が少ないため、失敗のリスクを抑えて気軽に取り組めます。副業から始めるのもおすすめです。

以下では、ネットビジネスのメリットについて解説します。

初期費用が少ない

ネットビジネスの大きなメリットは、初期費用が少なくすむことです。パソコンとインターネット環境さえあれば始められるため、初期費用や固定費を抑えられます。家賃や設備投資などの費用がかかり、在庫を抱える必要がある実店舗型ビジネスに比べ、金銭面でのハードルが低いビジネスです。そのため、失敗のリスクが少なく、起業のハードルが低いです。

副業からはじめられる

ネットビジネスは、すきま時間を活用して始められるものも多いです。いつでもどこでも、思い立ったらすぐに始められ、初期費用も少ないため、副業から気軽にスタートできます。

はじめは副業としてネットビジネスをスタートさせ、事業が軌道に乗ってきたら起業する、という方法を取りやすいのがメリットです。本業の収入もある状態で始めることで、ストレスなく取り組めます。

スマホで簡単に稼げる仕事もある

ネットビジネスの中には、SNS運用やポイントサイトなどのように、スマホ1つで気軽に稼げる仕事もあります。すきま時間を活用して気軽に始められるため、効率よく稼ぎたい方におすすめです。スマホの簡単な操作で稼げる仕事の場合、単価は低いことがほとんどですが、複数の案件を掛け持ちしやすいため、より効率的に稼げるようになります。

ネットビジネスのデメリットは?

ネットビジネスを始める際は、メリットだけでなくリスクについても理解しましょう。ネットビジネスには、以下のデメリットがあります。

  • 安定して収入を得るまでに時間がかかる
  • 知識・スキルや経験が必要
  • すぐに成功するとは限らない

仕事によっては専門的な知識が必要になる点や、収益が安定するまで時間がかかる点は大きなデメリットです。

ここでは、ネットビジネスのデメリットについて解説します。

安定して収入を得るまでに時間がかかる

ネットビジネスは、始めやすい一方、安定して収入を得られるようになるまで時間がかかることは多いです。始めやすいということは競合が多いということであり、特に実績がないうちは仕事を見つけるのに苦労することもあります。そのため、SNSを活用するなど集客を工夫したり、はじめのうちは他の収入源を確保したりすることが重要です。

知識・スキルや経験が必要

ネットビジネスの中には、プログラミングやデザイン、ライティングのように、知識やスキル、経験などが必要なものもあります。特に、単価の高い仕事を受注するためには、専門的な知識や実績が求められる場合は多いです。知識やスキルを身につける継続的な努力が求められます。また、やりたい分野の知識やスキルがない場合は、その分野に強みを持つ人に外注することがおすすめです。

すぐに成功するとは限らない

ネットビジネスは、前述のとおり安定した収入を得るまでに時間がかかることは多く、短期間で軌道に乗るとは限りません。周囲から信頼を得られず、その間にモチベーションが低下してしまうことも多いです。

また、ネットビジネスは家で1人でできる手軽さが魅力である一方、自分を律する力が求められます。仲間を見つけてコミュニケーションをとる機会を設けたり、働く場所を変えて気分転換したりなどの工夫が必要です。

ネットビジネスで起業する方法は?

ネットビジネスで起業する際は、法人を設立して起業する場合と、フリーランス(個人事業主)として開業する場合の2つのパターンがあります。

法人を設立する場合、以下のステップで起業しましょう。

  1. 事業計画書を作成する
  2. 資金調達を行う
  3. 登記申請を行う

また、フリーランスの場合は税務署に開業届を出すだけで開業できます。
以下では、ネットビジネスで起業する方法をステップごとに解説します。

事業計画を立てる

ネットビジネスを始めるにあたって、まずは事業計画を立てる必要があります。事業内容や強み、売上予想、損益の目安などを具体的に検討し、事業計画書にまとめましょう。事業計画書は、事業の見通しを整理するのに役立つだけでなく、資金調達や法人口座開設の審査のために提出が求められることもあります。また、起業後に事業の進捗を確認するためにも活用できるため、入念に作成しましょう。

必要な資金・ツールを用意する

事業を始めるためには資金が必要です。ネットビジネスの場合、パソコンやスマホがあれば始められるものも多く、まとまった資金が必要なくても起業できることが多いです。しかし、必要な資金を自己資金から賄えない場合は、資金調達を行いましょう。資金調達には以下のような方法があります。

  • 金融機関からの融資
  • 投資家からの出資
  • 補助金や助成金の活用

また、パソコンやイラスト制作ソフトなど、ビジネスで必要な各種ツールを揃える必要があります。

さらに、ビジネスによっては免許が必要になる場合や、法律に特に注意しなければならないものもあるのです。事前に、ビジネスに関係する法律や免許、許認可の有無などを確認することが求められます。

クラウドソーシングサイトに登録する

クラウドソーシングサイトとは、仕事を発注したい依頼主と仕事を引き受けたい人をマッチングさせるサイトです。ネットビジネスは、Web上で集客する必要があるため、クラウドソーシングサイトの活用がおすすめです。特に、ライティングやデザイン、アプリ開発などの案件が多く掲載されています。

クラウドソーシングサイトには、コンペ形式で発注先を決定するものや、発注先を決めたうえで仕事を依頼するプロジェクト形式、1つの仕事につき業務ごとにさまざまな人をアサインするマイクロタスク形式など、複数の種類があります。ご自身のニーズに合うサイトを選択してみてください。

そのほか、ネットショップの開設やプラットフォームへの登録など、ビジネスに応じて準備を進めましょう。

登記申請・開業する

法人として会社を設立するためには、登記が必要です。登記申請にあたって、以下のような書類を準備しましょう。

書類の作成は、司法書士に依頼することが一般的です。これらの提出書類を法務局に提出し、承認されると登記が完了します。提出日が会社の設立日になります。

また、個人事業主として開業する場合は、個人事業の開廃業等届出書を税務署に提出しましょう。開業から1ヶ月以内に届出を提出することで、すぐに開業できます。開業届と一緒に「青色申告承認申請書」を提出すると、青色申告で確定申告が可能です。青色申告は、税制面でさまざまなメリットを受けられるため、一緒に提出するのがおすすめです。

参考:[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁

ネットビジネスで起業して稼げるようになる方法・コツは?

ネットビジネスで起業して稼げるようになるためには、以下の方法・コツを押さえましょう。

  • 知識がある得意分野の仕事に取り組む
  • 収益が上げられるビジネスモデルを選択する

ネットビジネスで効率的に稼ぐためには、自身の専門知識やスキルを活かせる仕事を選ぶのがおすすめです。また、ネットビジネスを続けるためは、収益が得られるビジネスモデルを選択する必要があります。

以下では、ネットビジネスで稼ぐためのポイントについて解説します。

知識がある得意分野の仕事に取り組む

過去に携わり知識がある分野や、趣味である得意分野の仕事に取り組むことで、事業を効率的に進められ、より早く軌道に乗せられます。例えば、いくら単価が高いといっても、知識が一切ない状態でアプリケーション開発の仕事に取り組むのは難しいです。仕事を引き受けられるレベルまで知識を身につけるには、かなりの時間がかかります。

また、好きな分野なら、仕事にもポジティブに取り組めます。文章を書くのが好きならWebライティング、趣味である商品のせどりなど、自身の得意分野が活かせる仕事に取り組むことがおすすめです。

収益が上げられるビジネスモデルを選択する

いくら好きな仕事でも、収益が得られなければ続けられません。特に、本業としてネットビジネスに取り組む場合は、その業務で十分に収益が上げられることを確認する必要があります。業務量や労働時間の割に収益につながらない業務は、モチベーションも低下し、継続させることが難しいです。また、安定して継続的に収入が得られるかどうかも重視して、仕事を選びましょう。

ネットビジネスで起業する際の注意点は?

最後に、ネットビジネスで起業する際の注意点について解説します。

  • 情報商材は詐欺と疑われないように注意する
  • 怪しいと感じた案件は受注しない
  • 法律や免許の有無を確認する

ネットビジネスの中には、詐欺紛いのものもあり、警戒心を抱かれてしまうことも少なくはありません。また、無意識に法律違反にならないよう、やりたい仕事に関する法律や免許の有無は必ず確認しましょう。

情報商材は詐欺と疑われないように注意する

情報商材とは、インターネット上で販売される情報のことで、ノウハウやマニュアルなどを文章やセミナー動画などにまとめ、商材として販売することが多いです。自身の得意分野をビジネスにできる事業ではありますが、情報商材に関するトラブルが多発している点には注意しましょう。情報商材のクオリティに見合わない高い価格を設定したり、虚偽の内容を販売したりした場合は、詐欺を疑われ、処罰されてしまう可能性もあるのです。

また、「情報商材=怪しい」と考えている人も存在し、それがビジネスの成功を妨げる場合もあります。情報商材を販売する際は、詐欺と疑われないように細心の注意を払い、顧客に信頼してもらえるような発信を心がけることが大切です。

怪しいと感じた案件は受注しない

ネットビジネスの中には、情報商材以外にも怪しい仕事が存在します。特に、人から紹介してもらった案件については、発注元の会社の法人登記や実在の有無、特定商取引に関する表記などを確認することが大切です。

最初に投資が必要なものや、ビジネスモデルが不明確なもの、紹介者が強引に勧誘してくる場合など、怪しいと感じた案件については受注しないようにしましょう。

法律や免許の有無を確認する

ネットビジネスの中には、法律で細かく要件が定められているものや、特定の免許を取得しなければならないものが存在します。法律について理解していないと、無意識のうちに法律違反を犯してしまう可能性があり、注意が必要です。例えば、中古品を売買する場合は、古物商免許を取得する必要があります。

また、輸入や輸出ビジネスを行う場合は、関税法で定められている輸入禁止品目を必ず確認しましょう。

スキルや経験を活かしてネットビジネスで起業する

今回は、ネットビジネスについて、初心者におすすめなネットビジネスの種類とネットビジネスのメリット・デメリット、稼ぐためのコツや注意点などを解説しました。ネットビジネスは、パソコンやスマホがあれば始められるため、初心者にも起業しやすいです。
ネットビジネスで成功するためには、知識のある分野の仕事をしたり、収益性が高いビジネスモデルを選択したりしましょう。ご自身のスキルや経験を活かして、ぜひネットビジネスでの起業に挑戦してみてください。

広告

「マネーフォワード クラウド会社設立」で会社設立をもっとラクに

広告
合同会社マイティワン代表 下田 高嗣 様

マネーフォワード クラウド会社設立の導入事例

サクサクと迷うこともなく簡単に最後まで進めることができ、申し込みから2週間足らずで法人化することができました。会社設立した後も色々なサービスを利用できるのが良いですね。

合同会社マイティワン代表 下田 高嗣 様

右矢印アイコン もっと読む

よくある質問

ネットビジネスとは?

ネットビジネスは、パソコンやスマホなどの機器があればできるビジネスの総称で、Webデザインやライティング、コンテンツ販売などさまざまな種類があります。詳しくはこちらをご覧ください。

ネットビジネスで起業する際の注意点は?

情報商材を扱う場合は詐欺と疑われないよう信頼の獲得に努めたり、怪しいと感じた案件は引き受けない、自身のビジネスに関する法律や免許などの有無を確認したりしましょう。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会社設立

マネーフォワード クラウド会社設立が監修する「会社設立の基礎知識」では会社設立にあたって必要な基礎知識や、知っていると便利な豆知識をご紹介します。
マネーフォワード クラウド会社設立はフォームに沿って入力するだけで、設立に必要な書類を無料で作成できるサービスです。

関連記事