1. 「マネーフォワード クラウド会社設立」
  2. 会社設立の基礎知識
  3. 株式会社設立に必要な人数や、1人社長のメリット・デメリットを解説!
  • 更新日 : 2022年1月11日

株式会社設立に必要な人数や、1人社長のメリット・デメリットを解説!

株式会社設立に必要な人数や1人社長の メリット・デメリットを解説!

会社を設立する際には発起人が必要です。発起人とは、会社を設立する時に出資や手続きを行う人のことです。

では、発起人は何人必要なのでしょうか。ここでは、株式会社設立に必要な人数や、1人社長のメリット・デメリットを解説します。

株式会社設立に必要な発起人の人数は?

実は、株式会社を設立するために必要な発起人の数は、決まっていません。1人でも複数人でもかまいません。

発起人が1人の場合は、設立についての意思決定や行動が素早くできるなどのメリットがあり、複数人の場合は、多くの出資金を用意できるなどのメリットがあります。会社をどのように運営していくのかなどにより、発起人の数を決定します。

発起人の詳細については、次のページで詳しく解説しています。こちらをご参照ください。

会社設立人数が1人でもよいとされる条件は?

株式会社では、発起人になるのに制限はありません。そのため1人でも複数人でもよいです。発起人が1人の場合は原則株主、代表取締役と発起人は同じになります。
では、合同会社ではどうなっているのでしょうか。そもそも合同会社とは、簡単にいうと出資者=社員となっている会社のことで、株式はありません。ただし、発起人は必要です。合同会社の場合も発起人になるのに制限はないため、1人でも複数人でもよいです。発起人が1人の場合は原則、代表社員と発起人は同じになります。

会社設立人数が1人の場合のメリットは?

ここからは、会社設立人数が1人の場合のメリットについて見ていきましょう。

役員報酬の負担が少ない

会社設立人数が1人であるメリットとして、役員報酬の負担が少ないことがあげられます。発起人はそのまま取締役などの役員になることが多く、会社設立人数が多いと役員の数も増え、その分、役員報酬の負担が多くなります。

会社設立当初は利益の計上が少ないケースも多く、役員報酬の負担が少ないことは、大きなメリットになります。

意思決定が速くできる

会社設立人数が1人の場合、会社の方向性や重要事項の決定などの意思決定も1人で行うことができるので、意思決定が速く、柔軟に会社や事業を動かすことができます。

会社設立人数が複数人の場合、会社の方向性や重要事項の決定などの意思決定も複数人で行う必要があり、柔軟な動きができない可能性があります。

会社設立人数が1人の場合のデメリットは?

会社設立人数が1人の場合のデメリットとして対外的な信用が低くなるということが挙げられます。
会社設立人数が1人の場合と複数の場合では、金融機関や取引先などの対外的な信用の度合いが異なります。一般的には、会社設立人数が複数の会社のほうが、対外的な信用は高いです。

1人で会社設立を行う社長が気をつけるべきことは?

1人で会社設立を行う場合、登記や官庁などへの届出をはじめとする設立の手続きを、1人で行うことになります。またそれと同時に、会社の意思決定や重要事項の決定、資金繰りなども1人で行うことになるため、多くの時間や労力がかかります。さらに、資金面も1人で用意する必要があります。

そのため、設立後にできるだけ問題が起こらないよう、設立手続きの方法を調べたり、設立後の資金繰り等のシミュレーションを行ったりしておくなど、事前の準備を入念にしておくことが重要となります。

事業内容にあわせて会社設立人数を決定しましょう

会社設立の発起人は、1人でも複数でも問題はありません。1人で会社を設立する場合は意思決定が速くできるなどのメリットはありますが、会社設立の手続きや重要事項の決定を1人で行わなければならないなどの注意点もあります。
事業内容によっては、複数の発起人がいないと会社が回らない可能性も出てきます。そのため会社設立時には、事業内容にあわせて会社設立人数を決定する必要があるでしょう。

「マネーフォワード クラウド会社設立」で会社設立をもっとラクに

よくある質問

株式会社設立に必要な発起人の人数は?

1人でも複数人でもよいです。詳しくはこちらをご覧ください。

会社設立人数が1人の場合のメリットは?

役員報酬の負担が少ないなどのメリットがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

会社設立人数が1人の場合のデメリットは?

対外的な信用が低くなるデメリットがあります。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会社設立

マネーフォワード クラウド会社設立が監修する「会社設立の基礎知識」では会社設立にあたって必要な基礎知識や、知っていると便利な豆知識をご紹介します。
マネーフォワード クラウド会社設立はフォームに沿って入力するだけで、設立に必要な書類を無料で作成できるサービスです。