• 作成日 : 2023年2月22日

ニートが起業に成功する方法は?失敗しないおすすめの起業アイデアも紹介!

ニートが起業に成功する方法は?失敗しないおすすめの起業アイデアも紹介!

この記事では、ニートやフリーターが起業して成功するコツや、成功するためのおすすめのアイデアを紹介します。

「起業したのに失敗した」とならないように、WebライターやWeb運営など低資金でスタートできる仕事がおすすめです。
小さく始めて、次第に事業を拡大していくとよいでしょう。

また、ニートやフリーターが資金を貯めるのはなかなか難しいので、社会経験として一度企業に勤めるのもおすすめです。
事業のビジョンをしっかり持ち、自分を律して事業を育てることが、起業において大切なポイントといえるでしょう。

ニート・フリーターでも起業はできる?

そもそも、ニートやフリーターでも起業できるのでしょうか。結論からいうと、ニートやフリーターでも起業は可能です。

もちろん、やる気があるかどうかが成功を左右します。ここからは、ニートやフリーターが起業できる理由を紹介します。

両親などのサポートを受けながら起業できる

ニートとして暮らしているということは、生活をサポートしてくれる家族などがいるということです。

起業の内容にもよりますが、基本的にはお金がかかるので、家族などの後ろ盾があると安心して事業を続けられます。

安定的に収入を得られるようになるまで時間がかかることもありますが、当面の生活は両親が助けてくれると思えば、じっくり事業に向き合えるでしょう。

家族としても、ニートのままでいるよりは起業していきいきと活動するほうが嬉しいでしょう。

自由に働き方を決められるので、ニートには起業が向いている

一方、ニートやフリーターとして過ごしてきた人の多くは、社会のルールに則って仕事をしたり活動したりすることが苦手なのではないでしょうか。

社会に適合して生活するのが難しい人は、案外起業に向いています。

社会のルールに合わせて仕事をするよりも、「自由に仕事を作り出して働くほうが楽」と感じるかもしれません。

「ニートになってしまったから社会不適合者だ」と自分を卑下していた人が自分のルールで働ける会社を作れたら、とても楽しく過ごせるでしょう。

楽しさを見出せたら事業が伸びる可能性も高まり、気持ちも前向きになります。

会社に勤めているところから起業をするのはハードルが高いですが、ニートの場合は今やっていることをやめたりせずに事業をスタートできるので、ハードルが低いことも起業をおすすめする理由の一つです。

ニートが起業する方法は?

「ニートには起業が向いている」と書きましたが、実際にニートが起業する際はどのようなことをすればよいのでしょうか。

起業するまでにしておきたいことや考えたいことを解説するので、「自分も起業したい」と思った人はぜひ参考にしてください。

起業準備にじっくり時間をかける

ニートは現在仕事をしている人と違って、自由時間がたくさんあります。

その時間を使って、起業のための準備をじっくり進めましょう。

  • 起業にはある程度の会計知識などが必要なので、簿記の資格を取得する
  • 起業後の中長期計画を立てる
  • 起業家とつながる

これらの準備をしておくことで、起業後に成功する可能性が高まります。

もし事業が軌道に乗らなくても、これらの準備で得た経験は無駄にはなりません。

少しでも貯金を増やす

ニートには収入がないので、貯金するのは難しいかもしれません。

しかし、起業には何かとお金がかかるので、生活費を節約したりアルバイトをしたりして、少しでも貯金を増やしておきましょう。

また、起業後の資金繰りや最低限の生活費の算出など、お金の動きも考えておく必要があります。

家で働ける事業を選ぶ

これまで家にこもっていたニートが起業するなら、できるだけ家の中で完結する事業を選ぶほうが成功しやすいでしょう。

一口に起業といっても、さまざまな業種や職種があります。忙しい職種や外に出る必要がある職種を選ぶと、いずれ嫌になってしまう可能性が高いです。

そうならないために、まずは楽しみながら仕事ができるものを選びましょう。

パソコンがあれば起業できるWeb上のビジネスもたくさんあるので、自分が楽しめるものを探しましょう。

ニートも起業資金を調達できる?

ニートが起業をする方法について解説しましたが、起業には大なり小なり費用がかかります。

そこで、ニートが起業資金を調達する方法や、起業資金を大々的に集めることなく起業する方法を紹介します。

低資金で起業できる方法を探すのがおすすめ

ニートが大きな起業資金を集めるのはハードルが高いため、まずは低資金から始められる事業をスタートするのがおすすめです。

会社を作ったり店舗を出したりするためにはそれなりに資金が必要ですが、まずは個人事業主としてスモールビジネスを始めるなら、事業内容にもよりますが多額の資金は必要ないでしょう。

例えばパソコンを使ってWebデザインをしたり、ホームページを作成したり、文章を執筆したりする事業なら、パソコンさえあれば始められます。

材料費などの経費もかかりませんし、自宅で作業するなら作業スペースを新たに確保する必要もありません。

このように、あまり資金がかからない方法で事業をスタートすれば、もし失敗しても損失を抑えられます。

どんどん事業を拡大していく

事業が軌道に乗ったら、徐々に事業を拡大していくとよいでしょう。

「このような仕事ができます」というような宣伝をSNSやWeb広告を使って行ったり、自分の事業を手伝ってくれる人を見つけて提携したりと、事業を拡大する方法はたくさんあります。

個人事業主として事業を行っている人は、どこかのタイミングで法人化を検討することになるかもしれません。

法人化するタイミングの目安は、所得が700万〜800万円程度になった時です。

法人化すると個人事業主の時よりも事業がやりやすくなるだけでなく、節税効果も見込めます。

売上が増えて事業を拡大したら、ぜひ法人化を検討してください。

クラウドファンディングや親族からの出資も

「やりたい事業には資金が必要」という場合は、クラウドファンディングで資金を募る方法や、親族や知人から出資してもらう方法があります。

親族などから出資してもらう場合でも、しっかりした事業の軸がないと共感してもらえないので、想いを明確にして人に伝えられるようにしておきましょう。

ニートにおすすめの起業アイデアは?

ここからは、実際にニートが起業する際におすすめの事業モデルを紹介します。

低資金でスモールスタートができる事業が多いので、自分にできそうなものを探してください。

Webライター

Webライターは、Web上の文章を執筆する仕事です。文字数や記事の内容によって単価が設定されます。

パソコンやネット環境さえあればスタートできますし、仕入れなどもないため初期費用があまりかからないので、ニートの起業に向いています。

ブログなどWebサイト運営

アフィリエイトや広告によって収益を得る、ブログなどのWebサイト運営もニート起業に向いています。

自宅で自由にサイトを作成できますし、Webライターと同じく初期費用があまりかからないことも、おすすめする理由の一つです。

しかし、ブログを書いたからといって必ず収益が出るとは限らないことや、収益が発生するまでに時間がかかるケースが多いことに注意しましょう。

ブログ運営とWebライターは親和性の高いため、並行して行うのもおすすめです。

せどりなど物販事業

Web上で完結できる事業の一つで、物を仕入れて販売する物販事業です。

海外などから安価で仕入れた商品を、フリマサイトなどを利用して販売します。

写真の撮り方のコツや価格設定など、商品売買の基本を幅広く経験することができます。

商品を仕入れる必要があるので、小さく始めるのが失敗を防ぐコツです。

代行サービス

「スマートフォンの設定がわからない」「インターネットにつながらない」など、若者が普通に行っていることが事業として成立することもあるので、どのようなニーズがあるか考えてみましょう。

ニートが起業に失敗した場合の末路は?

ニートの起業には多くのメリットがありますが、始めたら絶対に成功するというものではありません。

起業は会社勤めとは違い、それなりのリスクがあります。

失敗しやすい例は、以下のとおりです。

  • 売上が低い
  • 自己管理が難しい
  • 難しくてあきらめる

例えば物販事業で起業して、さまざまな商品を仕入れてみたけれど、思うように売れなかったとします。

仕入れでお金を払っているからには売上がないと困りますし、生活費も稼がなくてはなりません。

「今日は仕事をしなくていいや」「今日は疲れたから休もう」と怠けてしまうと、たちまち事業が立ち行かなくなるでしょう。

また、想像よりも事業の内容が難しくて、あきらめてしまうこともあるかもしれません。

しかし、ニートとして親のすねをかじっていたことを考えれば、少しでも売上を作れたことは大きな進歩です。

特に低資金で事業をスタートしたのなら、それほど大きな損失にはならないでしょう。ニートが起業をする場合は、やはり小さく始めて徐々に規模を拡大するのがおすすめです。

「借金をしてまで仕入れたのに、まったく売れなかった」となると、負債が残ってしまうので注意してください。

起業は簡単なことばかりではないので、前もって長期的なビジョンを持っておくことが大切です。

ニートが起業に成功して稼ぐコツは?

最後に、ニートが起業して成功するためのコツを3つ紹介します。

事前準備が周到であるほど成功しやすいので、しっかり準備してから臨みましょう。

正しい情報を集める

どの事業をスタートするにせよ、正しい情報をじっくり集めることが大切です。

  • 稼ぐための仕組み
  • 準備の内容や必要資金
  • 事業に必要な資格やスキル
  • その分野の特徴やリスク
  • 起業する分野の市場調査

これらをインターネットで調べたり、すでに起業している人から教えてもらったりして集めましょう。

自分だけで情報収集が思うように進まない場合は、起業セミナーに参加するのもおすすめです。

一度企業に勤めてみる

これまでに一度も企業で勤めたことがない人は、社会経験になるので正社員として勤めてみるのもおすすめです。

企業で働くとスキルや経験を得られますし、ビジネスマナーも身に付きます。

実際に起業した後も、「それまでニートだった」よりも「それまで企業に勤めていた」というほうが、信頼してもらいやすいでしょう。

できるだけ資金を貯める

企業に勤めると起業のための資金を貯めることもできるので、節約しながら働いて資金を貯めましょう。

起業をしてすぐに売上を上げられるとは限らないので、生活を守る意味でも貯金を増やしておくべきです。

資金があれば、事業を拡大しやすくなります。失敗しても生活に困らない程度の資金を貯めてから起業するのが、リスクを抑えるコツです。

ニートは起業に向いている!準備を怠らず挑戦しよう

この記事ではニートに起業は向いているのか、起業の方法、ニートの起業におすすめのアイデアなどを紹介しました。

ニートはルールに則って働くよりも、自分が働きやすい環境を自分で作って働くほうが向いているかもしれません。

とはいえ、起業すると自分を律しながら仕事をする必要があるので、決して簡単ではありません。

起業したらどのように働きたいのか、事業をどうしたいのかなど、具体的なビジョンを持ちながら起業の準備を進めてください。

よくある質問

ニート・フリーターでも起業はできる?

ニートやフリーターでも、やる気があれば起業できます。低資金で起業するなど、失敗しても損失の小さい方法を選びましょう。詳しくはこちらをご覧ください。

ニートにおすすめの起業アイデアは?

自宅にいながら低資金でスタートできるWebライターやWebサイト運営、物販事業などがおすすめです。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

関連記事