• 更新日 : 2024年4月30日

沖縄県で会社設立する方法3選を徹底比較!安い方法は?

沖縄県で会社設立する方法3選を徹底比較!安い方法は?

沖縄県での会社設立をはじめ、日本で株式会社や合同会社を設立する際は、主に【①無料の会社設立サービスを利用して自分で進める、②専門家である税理士や司法書士に依頼する、または③法務局のサイトを参照しながら自分で手続きを行う】という3つの主な方法があります。

沖縄県での会社設立を検討している方に向けて、会社設立をスムーズに行うための方法や税理士の探し方のコツ、沖縄県の創業家支援制度・相談先などを、ギュッとまとめた記事となっています。

沖縄県で会社設立をする3つの主な方法

沖縄県で会社設立をする場合、主に3つの方法が考えられます。まずは自分に合った方法を選んでみましょう。

①無料の会社設立サービスで自分で行う

合同会社の定款を作成する

画像出典:マネーフォワード クラウド会社設立(※画像は執筆時点のイメージであり、最新の画面と異なる場合がございます)

近年では、ステップに沿って必要項目を入力すれば、かんたんに会社設立に必要な書類や定款が作成できる「会社設立サービス」を使って会社設立する人が増えています。

会社設立の調査結果

画像:会社設立の意思決定調査

実際に、マネーフォワード クラウド会社設立が2024年に行った調査によれば、2018~2023年に会社設立をした方は、44.9%の方が会社設立サービスを利用しています。

「自分一人で会社設立したい」「手間とお金をかけずに効率的に会社設立をしたい」という方におすすめです。

会社設立ソフトの例

マネーフォワード クラウド会社設立の場合、サービス利用料は0円でお使いただけます。沖縄県をはじめ、全国の方に多くご利用いただいていますので、ぜひお気軽にお試しください。

\自分で会社設立する場合でも安心/

②司法書士・税理士・行政書士などに依頼する

専門家に会社設立を依頼する方法は、昔からの主流でもあります。

メリットは、会社設立に関するアドバイスや手厚いサポートを受けられる点、デメリットは自分で会社設立するよりも費用面が高くなることでしょう。また、各専門家で依頼できる内容がやや異なるので注意してください。

司法書士
司法書士は登記を専門とし、会社設立における登記手続きの代行が可能です。他の士業と異なり、司法書士だけが登記関連の業務を行う資格を持っています。

しかし、税務や会計の専門知識は持たず、そのため税務処理や会計処理の相談には応じることができません。

税理士
税理士は主に税務や決算に関する専門知識を持ち、会社設立の際の税に関する相談や決算業務を得意とします。ただし、登記業務や特定の許認可申請は専門外です。

設立に際しては、書類作成の支援は行えますが、全面的な登記業務は提供しません。多くの税理士は、長期的な顧問契約を見込んで、設立支援を低価格で提供することがあります。

行政書士
行政書士は、主に行政手続きに関わる書類の作成や許認可申請の支援を得意とします。定款作成や認証業務をサポートします。

会社設立の登記業務は行えませんが、許認可に関する手続きのサポートは提供できます。

③法務局のサイトを見ながら自分で行う

法務局で設立

画像出典:法務局

法務局でも会社設立のサポートをしています。

また、「法人設立ワンストップサービス」というサービスも提供しており、マイナポータルを通じて、法人設立に必要な諸手続きを一括して提出できます。

国が運営しているため安心感がある一方で、説明などはやや専門的となっているので、一度確認してみて自分に合っているかどうかを検討してみましょう。

また、会社設立サービスではなく、自分で書類作成をする場合は紙定款を使用することが多いため印紙代(4万円)が発生します。(※自分で電子定款を作成する場合は、ICカードリーダーや利用者クライアントソフトのダウンロードが必要です)

マネーフォワード クラウド会社設立は沖縄県で会社設立する方を応援!

マネーフォワード クラウド会社設立では、沖縄県をはじめ、全国で会社設立を志す・会社設立を行おうとしている方を応援しております。

具体的には、「マネーフォワード クラウド会社設立」のサービスを通じて、以下のようなサポートを行っており、このような方におすすめのサービスです。

①会社設立の費用を抑えたい方

軽減

マネーフォワード クラウド会社設立のサービス利用料は0円です。また、電子定款の利用で最低3.5万円を節約することが可能です。

司法書士・行政書士等の専門家に依頼する場合、一般的に手数料が発生しますので、マネーフォワード クラウド会社設立を利用して自分で設立するとグッと費用を抑えられます。

\費用を抑えて会社設立!/

②会社設立に必要な書類をラクに準備したい方

資料

マネーフォワード クラウド会社設立で入力した内容をもとに、定款や設立登記申請書をはじめ、様々な書類を簡単にダウンロードできます。やさしい説明・ガイドもあるので、自分でも会社設立の準備が行えます!

③会社設立後にお得なサービスを受けたい方

銀行

マネーフォワード クラウド会社設立をご利用いただいた上で、実際に会社を設立された法人様に限定で、「サクセスパック」をご用意しています。

バックオフィスツール/決済システム/ビジネスカードクラウドコンピューティング/卸・仕入れサービス/オフィスサービス/マーケティング/予約/顧客台帳サービス/人材マッチング/法人銀行口座/ストックオプション/資金調達…など、様々な特典をご用意していますので、ぜひご活用ください。

④100本以上の資料・テンプレートが欲しい方

事業計画書

マネーフォワード クラウド会社設立には、無料登録して頂いた方限定でアクセスできる「会社設立ナビ」があります。

「会社設立ナビ」では、業界別の事業計画書テンプレート・作成例や、会社設立・会社経営に使う書類テンプレートなど‥、会社設立を考えている方や経営者、個人事業主の方は必見の100本以上の資料が無料でダウンロードいただけます。

税理士が開設した起業関連セミナーアーカイブ動画などもあるのでぜひお気軽にご利用ください。

\無料でダウンロードし放題/

⑤初めてでも安心?サポート体制を重視する方

サポート体制

マネーフォワード クラウド会社設立の操作方法等の案内に関しては、メールやチャットでお気軽にお問い合わせできるので、安心です。

※登記や定款に関する内容など、 マネーフォワード クラウド会社設立の操作方法以外に関するご質問につきましては、法務局などの専門家にご確認ください。

また、実際の使用事例も多数掲載していますので、ぜひご覧ください。

沖縄県の会社設立に対応している司法書士・税理士を探すなら

Google検索で「沖縄県 司法書士(税理士)」などと検索したり、お知り合いから紹介してもらったりするのが一般的かもしれませんが、ほかにも以下のような方法があります。

司法書士

登記代行プラン

マネーフォワード クラウド会社設立では、オプションで「専門家(司法書士)による登記代行プラン」もご用意しています。

サービス費用は40,000円(税込)(※定款認証費(株式会社の場合)や登録免許税などの法定費用は別途発生します。)で司法書士にまるっとお任せできるので、「自分で会社設立するのは不安なものの、費用はなるべく抑えたい」という方におすすめです。

マネーフォワード クラウド会社設立に無料でご登録いただいたのち、プランをお選びいただけます。

\低コストで手間なく安心/

無料登録をする

税理士

マネーフォワード クラウドの税理士検索

マネーフォワード クラウドでは税理士検索サイトも運営しており、沖縄県をはじめ多数のエリアから税理士検索が可能です。

「会社設立をサポートしてほしい」「資金調達の相談にのってほしい」「ITツール導入に詳しい先生に相談したい」…など、様々なご相談に対応していますので、税理士を探している方はぜひご活用ください。

マネーフォワード クラウド 税理士検索はこちら

沖縄県で会社設立を検討している方におすすめの人気資料

マネーフォワード クラウド会社設立が提供する、会社設立を検討している方におすすめの資料をここでは3つ取り上げます。多くの方に読まれている人気の資料なので、ぜひお気軽にお読みください。

①創業時の資金調達マニュアル

創業時の資金調達マニュアル

起業・創業前後で活用したい「資金調達」について、出資・融資・補助金・助成金‥‥などの資金調達方法の種類をわかりやすくご紹介しています。

会社設立する予定の方・会社設立した直後の方をはじめ、手元に置いておきたい内容をまとめています。

無料登録でもらう

②経理業務を一人で乗り越える方法

経理業務を一人で乗り越える方法

会社設立したばかりの企業では、経理業務を1人で担当するケースも多いのではないでしょうか。1人でも簡単に経理業務を効率化する方法についてギュッとまとめた資料です。

無料登録でもらう

③創業前後カレンダー

法人設立(株式会社・合同会社)を検討している方向けに、創業前後(創業1年前~創業日~創業1年後)にやるべきことを、カレンダー形式でまとめております!

業種問わずやるべきことをタスク形式で書きだしていますので、この創業前後カレンダーを活用しながら、創業に向けて1つ1つ着実に進めていきましょう。

無料登録でもらう

沖縄県の会社設立に関する相談先

沖縄県の会社設立で悩んだ際に、相談できる機関などについていくつかご紹介します。

商工会議所

沖縄県には沖縄商工会議所・浦添商工会議所・那覇商工会議所・宮古島商工会議所の4つの商工会議所があります。各商工会議所では会社設立・起業、経営についての悩みなど、経営者の様々な困りごとを相談できます。

商工会議所では、創業に向けた事業計画書の作成や開業の手続き、会社の設立についての方法や悩みごとの相談ができます。また、開業資金の借入方法や記帳や税務申告についてもアドバイスしてくれます。ほかにも、創業塾や事業引継など様々なサービスを受けることが可能です。

参考:経営支援・創業相談|沖縄商工会議所

公益財団法人 沖縄県産業振興公社

沖縄県産業振興公社は、沖縄県の中小企業などに対する経営基盤強化や、沖縄県での創業促進に関する事業、産業振興などに支援を行うために設立された機関です。

中小企業支援センターとしての役割も果たしており、沖縄県内で創業を予定している人や中小企業者向けに、経営・起業の窓口相談を行っています。窓口での相談だけでなく、電話相談や電子メール、オンラインでの相談も用意されているので、気軽に相談できます。

経営・起業の窓口相談の仕組みは、沖縄県産業振興公社(中小企業支援センター)と沖縄県の各種支援機関が連携し、相談内容に応じた支援策を調査、紹介するというものです。様々ある支援策から、相談者に合ったものを紹介してくれます。

参考:経営・起業の相談窓口|公益財団法人 沖縄県産業振興公社

沖縄県信用保証協会

沖縄県信用保証協会は、中小企業が金融機関から借り入れを行う際の「信用保証」を行っています。信用保証協会にも、創業に関する相談窓口が設けられています。

信用保証協会は公的機関なので、無料で相談することが可能です。金融機関や他の公的機関と連携しながら、起業家をサポートしてくれます。

参考:創業に関する相談窓口ー創業支援|沖縄県信用保証協会

沖縄県で会社設立する方が検討したい創業支援

沖縄県で会社を設立する際、利用できる創業支援制度をご紹介します。

※内容は執筆当時のものとなりますので、最新情報は各公式サイトよりご確認ください。

沖縄県「創業者・事業承継支援資金(創業者支援貸付)」

創業者・事業承継支援資金(創業者支援貸付)制度は、これから会社の設立を考えている人でも、原則無担保で融資が受けられる制度です。沖縄県で創業しようとする人や創業して間もない企業などを対象としており、事業の実績がなくても利用できます。

貸付限度額は運転資金・設備資金を合わせて2,000万円、貸付期間は10年以内(据置期間1年以内)です。金利は年1.70%、保証率は0.60%で、原則として無担保で融資を受けられます。

創業者支援貸付を利用するには、必要書類を揃えて沖縄県産業振興公社などの窓口(融資対象者によって窓口が異なる)で申し込みが必要です。

参考:創業者・事業承継支援資金(創業者支援貸付)|沖縄県

沖縄振興開発金融公庫「新創業融資制度(生業資金、生活衛生資金)」

新創業融資制度(生業資金、生活衛生資金)は、要件を満たす新規開業者に対し、沖縄振興開発金融公庫が保証人・担保無しで融資を行う制度です。融資限度額は、3,000万円(うち運転資金1,500万円)に設定されています。

新規開業者が融資を受けるには「適正な事業計画書を策定し、実行可能であると認められること」「開業資金総額の1/10以上の自己資金を準備していること」などの要件があります。

融資を希望する人は、沖縄振興開発金融公庫の窓口や商工会議所、商工会、県商工会連合会、中小企業支援センター、県生活衛生営業指導センターで相談可能です。

参考:新創業融資制度(生業資金、生活衛生資金)|【沖縄県】中小企業100の支援

※日本政策金融公庫の新創業融資制度は、令和6年3月31日をもってお取​扱いを終了しています。

令和6年4月1日からは、新創業融資制度の適用なく、無担保・無保証人で各種融資制度をご利用いただけます。詳しくは「日本政策金融公庫」のホームページを参考にしてください。

沖縄県信用保証協会「創業関連保証制度」

創業関連保証制度は、創業者や創業予定者が創業のための設備費や運転資金を金融機関から借り入れる際、沖縄県信用保証協会が保証を行う制度です。補償限度額は3,500万円、担保や法人代表者以外の保証人は要りません。

沖縄県信用保証協会の保証を受けるには、事業計画書を策定する必要があります。なお、協会では事業計画書の作成支援も行っています。申請を希望する方は、沖縄県信用保証協会を活用できる金融機関に申し込みましょう。

参考:総合関連保証制度|【沖縄県】中小企業100の支援
創業関連保証|沖縄県信用保証協会

沖縄県で会社設立をする魅力

沖縄県は、日本の最南端に位置する県で、独自の文化と温暖な気候を背景に観光業が非常に盛んです。沖縄の美しい自然環境は国内外から多くの観光客を惹きつけ、リゾート開発や関連するサービス業が経済の大きな柱となっています。加えて、IT産業やコールセンター業が近年成長を遂げており、県はこれらの業界に対する支援を強化しています。沖縄はまた、アジア各国との地理的な近さを生かし、国際的な交流やビジネスの拠点としての潜在力を持っています。

沖縄県で会社を設立する魅力は、観光業を中心とした豊富なビジネスチャンスに加えて、政府の積極的な経済支援策があります。特に、ITやクリエイティブ関連産業に対するインセンティブは魅力的で、若い人材や革新的なスタートアップ企業にとって良い環境が整っています。また、沖縄特有の文化や地域資源を生かしたビジネスも可能で、これらは他の地域では模倣できない独自の価値を提供します。さらに、国際会議や交流が盛んなため、グローバルな視点を持つビジネスも展開しやすいです。これらの要因が組み合わさり、沖縄県は多彩なビジネス機会を提供する魅力的な地域と言えるでしょう。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

関連記事