• 作成日 : 2022年5月27日

高校生が起業するにはどんな準備が必要?成功している起業家の特徴は?

高校生が起業するにはどんな準備が必要?成功している起業家の特徴は?

高校生であっても、起業することはできます。近年は高校生を対象にしたビジネスコンテストも行われ、起業に興味を持つ高校生は増えています。

起業するには事業アイデアや資本金等の準備が必要となります。ここでは、高校生が起業するための準備について解説します。

また、高校生起業家として成功するケースと、失敗するケースの違いについてもご紹介します。

広告
法人化や起業をお考えの方におすすめ!フォーム入力だけで簡単に会社設立できるマネーフォワード クラウド会社設立を無料で始める >>
広告

そもそも高校生でも起業できる?

はじめに、高校生でも起業できるのかどうか見ていきましょう。

結論から言うと、高校生であっても起業はできます。起業するのに年齢の定めがないためです。実際に、今までも多くの高校生起業家が誕生しています。

高校生が起業するにはどんな準備が必要?

高校生であっても起業することはできますが、起業するためには事前の準備が必要です。
ここでは、高校生が起業するための準備を見ていきましょう。

親権者の同意を得る

高校生が起業するには、親などの親権者の同意を得る必要があります。なぜなら、未成年者が会社設立などの法律行為をするためには、親権者(法定代理人)の同意が必要であると民法で定められているためです。

そのため、会社設立の登記など起業に必要な法律行為をする際には、親権者の同意書が必要になります。

事業アイデアを見つける

起業家になりたいからといって、やみくもに起業をしても成功しません。起業して成功するためには、事業アイデアが必要です。事業アイデアとは、単にアイデアだけでなく、収益を生み出すしくみを考えることです。

また、その収益を生み出すしくみは、他者が行っていない新しいものでなければいけません。事業アイデアを見つけるためには、周りの出来事や新聞、ニュース、本、セミナーなど、さまざまなことにアンテナをめぐらせておく必要があるでしょう。

資本金を用意する

会社を設立するには、資本金が必要です。法律上は1円でも会社を設立できますが、実際にはそれだけでは足りません。初期投資や運転資金も必要になります。また、起業後に銀行からの融資を考える場合は、ある程度の資本金が必要です。

許認可が必要な事業の場合は、許認可を受ける要件に資本金の額を設けている場合もあります。資本金は、事業規模や起業後の展開を考慮して、必要な金額を用意しましょう。

資本金をいくらにすべきかは、次の記事で詳しく解説しています。こちらをご参照ください。

会社名や事業目的などの基本事項を決定する

会社を設立するためには、その会社についての基本事項を決める必要があります。基本事項には会社名や会社の所在地、役員、事業目的、事業年度などがあります。

この中で特に迷うのが、会社名と事業目的です。会社名と事業目的をどのように決定すればよいか、次の記事で詳しく解説しています。こちらをご参照ください。

定款や登記書類などを作成する

資本金の用意や基本事項が決まったら、いよいよ会社の設立です。会社の設立の流れとしては、まず定款を作成し、その後法務局で設立登記を行います。

定款とは、会社名や所在地、事業目的などの基本事項を記載し、公的な文書として作成されたものです。作成した定款は公証役場に提出します。公証役場で定款の認証を受けたら、法務局で設立登記して初めて会社として設立が認められます。

会社設立に必要な書類については、次の記事で詳しく解説しています。こちらをご参照ください。

広告

成功している高校生起業家の特徴は?

次に成功している高校生起業家の特徴を見ていきましょう。

スモールビジネスから始める

成功している高校生起業家の特徴のひとつが、スモールビジネスから始めていることです。スモールビジネスとは、1人や少人数で行うビジネスのことです。

いきなり大きい事業ではなく、小さなビジネスから始めることで、自分の力でビジネスを進めたり、スキマ産業などに参入したりできます。

ビジネスコンテストに参加する

事業を始める際にビジネスコンテストに参加するのも、高校生起業家が成功するためのひとつの方法です。

ビジネスコンテストとは、企業や官公庁などが複数の個人・会社から提出されたビジネスプランを審査する大会(コンテスト)のことです。審査の対象になることで、出資や人的な支援を得られる場合もあり、起業したばかりの企業にはメリットの大きいものです。

早くから行動する

成功している高校生起業家の特徴としては、早くから起業を目指して行動している点も挙げられます。学生は、比較的時間を作りやすい時期でもあります。早い時期から起業について意識した行動をとっていると、起業にチャレンジする時期も早くなります。

自分の強みを知っている

高校生起業家が行う事業は、初めのうちは起業家の力で事業が進んでいくことが多いです。そのため、自分の強みを知っておく必要があります。自分の強みやスキルが生かせる事業に参入することで、より成功しやすくなります。

失敗を恐れず、まずは事業アイデアを考えてみましょう

起業といえば、ハードルが高く感じる人も多いかもしれません。しかし、高校生起業家で成功している人も多くいます。成功している高校生起業家は、失敗を恐れずに起業をしています。

高校生で起業を考えている人は、まずは事業アイデアを考えることから始めてみましょう。そして、良い事業アイデアが見つかれば、起業しましょう。

起業・会社設立の方法は、次の記事で詳しく解説しています。こちらをご参照ください。

広告

「マネーフォワード クラウド会社設立」で会社設立をもっとラクに

広告
合同会社マイティワン代表 下田 高嗣 様

マネーフォワード クラウド会社設立の導入事例

サクサクと迷うこともなく簡単に最後まで進めることができ、申し込みから2週間足らずで法人化することができました。会社設立した後も色々なサービスを利用できるのが良いですね。

合同会社マイティワン代表 下田 高嗣 様

右矢印アイコン もっと読む

よくある質問

高校生でも起業できる?

はい。親権者の同意があれば起業できます。詳しくはこちらをご覧ください。

高校生が起業するにはどんな準備が必要?

事業アイデアを見つけたり、資本金を用意したりするなどの準備が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

成功している高校生起業家の特徴は?

スモールビジネスから始めたり、ビジネスコンテストに参加していたりするなどの特徴があります。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会社設立

マネーフォワード クラウド会社設立、フォームに沿って入力するだけで、設立に必要な書類を無料で作成できるサービスです。マネーフォワード クラウド会社設立が監修する「会社設立の基礎知識」では会社設立にあたって必要な基礎知識や、知っていると便利な豆知識をご紹介します。

関連記事