• 作成日 : 2022年7月22日

ビジネスで成功する起業アイデアを見つけるヒントと成功例を解説!

ビジネスで成功する起業アイデアを見つけるヒントと成功例を解説!

起業するうえではビジネスアイデアが必要です。また、アイデアの質が事業の成功を左右するといっても過言ではないでしょう。

しかし、起業したくてもアイデアが見つからず困っている方が多いことも事実です。成功する起業アイデアを見つけるヒントはいくつかあり、成功例には特徴があります。

本記事では、ビジネスで成功する起業アイデアを見つけるための方法や、成功したアイデアの特徴、アイデアが思いつかない場合の対処法などを紹介します。

広告
法人化や起業をお考えの方におすすめ!フォーム入力だけで簡単に会社設立できるマネーフォワード クラウド会社設立を無料で始める >>
広告

ビジネスで成功する起業アイデアの見つけ方

起業するうえでは、まず事業のアイデアを考えることが必要です。どんなに営業や宣伝が優秀でも、需要がないサービスは利用されません。そのため、アイデアの質で事業の成功可否が変わると言っても過言ではないでしょう。

実は、質の高い起業アイデアを出すためにはコツがあります。それは、良いアイデアを出すことにこだわらず、とにかく数を出すことです。

本章では、成功する起業アイデアの見つけ方を解説します。

起業アイデアを出すコツ・ヒント

優れた起業アイデアを出すためには、まずはとにかく数を出すことが大切です。質にこだわるより、とにかく数を出しましょう。

アイデア自体を思いつかないという方も多いです。アイデアを出す際は、何かを新しく生み出す以外にも、既存のものを「特化させる」という着眼点もあります。分野を絞り、そこで尖るものを作る方法もあることを理解すると、アイデアの幅が広がるでしょう。

また、本を読んだりイベントに参加したりして、情報収集の場を意識して設けることも大切です。思わぬところにヒントが隠れているかもしれません。またSNSを活用し、つながっている人に相談したり、自分の現在のアイデアを話して意見を聞いたりすると、新しい発想を得られる可能性があります。

さらに、自分の得意なことや好きなことから考えるのもおすすめです。自分の関心のあることなら、前提知識があり情報に敏感なのでニーズを捉えやすく、モチベーションを維持して取り組みやすくなります。

思いついたアイデアを整理する

思いついたアイデアは、紙に書き出して可視化し整理しましょう。また、人に話して整理することもおすすめです。人と話すうちに考えが整理され、アイデアを客観視できます。

アイデアをより良いものにするためには、思いついたアイデア同士を掛け合わせることも有効です。紙に書くことによってアイデアを一覧で把握でき、掛け合わせやすくなります。

さらに、掛け合わせることで、既存の事業にはない新しさと強みを持ったアイデアが完成することが多いです。市場とターゲット・技術と課題・業界と方法など、さまざまな要素を組み合わせてみましょう。

成功した起業アイデアの例

起業アイデアを考える際は、実例から学ぶことも大切です。ここでは、成功した起業アイデアについて、具体例とそのポイントを紹介します。

成功した起業アイデアのポイントは、以下の通りです。

  • ニッチな市場を狙う
  • 競合が少ない市場を狙う
  • 海外で流行っているが日本ではまだ流行っていないビジネスを狙う

例えば、株式会社Aperza(アペルザ)は、工場で使われる設備を作るメーカー・商社と、買い手である工場がつながる場を作りました。ここでのポイントは「設備産業というニッチな市場に目をつけた」点です。

また、企業だけでなく個人が自宅で始めて成功した起業アイデアもあります。例えば、メンタリストDaiGoさんは自分のスキルを商材にし、オンラインでコンテンツ販売をすることで大成功をおさめました。

noteの有料記事やウェビナーの販売などを利用して自分の知識やスキルを得るコンテンツ販売は0円起業と呼ばれ、自宅でひとりでも起業できる方法として注目されています。

参考:株式会社アペルザ HPメンタリスト DaiGo HP

広告

アイデアが思いつかない場合はどうすればよい?

起業アイデアが思いつかない方の多くは、画期的で独自性のあるアイデアがないと起業できないと思っているケースが多いです。しかし、そこに囚われると、そもそもアイデア自体が出ません。

もちろんアイデアは重要ですが、それと同じように今後どのように事業を進めていくかが重要です。また自分のアイデアに、ニーズがあるかどうか不安で起業に踏み切れないという方も多いでしょう。その場合は、インターネット上で情報収集したり、起業家コミュニティに参加したり、周囲の経営者に相談したりするのがおすすめです。

情報収集では、海外で流行っているものに目をつけるとよいでしょう。海外で流行っているが日本ではまだ注目されていないものは、今後日本で流行する可能性が高いため、大きなビジネスチャンスといえます。さらに、日頃から世の中の課題に敏感になり、課題感やニーズの汲み取り能力を身につけていくことも大切です。

起業アイデアを研ぎ澄まし、ビジネスを成功させましょう!

本記事では、成功する起業のアイデアを出すためのヒントと成功例、アイデアが思いつかないときの対処法について解説しました。良いアイデアを出すためには、とにかく数を出した後、整理して掛け合わせることで精査することが大切です。

また、成功した起業アイデアにはニッチで競合が少ない市場を狙っていたり、日本で流行っていないものを取り入れたりする特徴があります。本記事の内容を参考に、質の高い起業アイデアを生み出し、ビジネスを成功に導いてもらえれば何よりです。

広告

「マネーフォワード クラウド会社設立」で会社設立をもっとラクに

広告
合同会社マイティワン代表 下田 高嗣 様

マネーフォワード クラウド会社設立の導入事例

サクサクと迷うこともなく簡単に最後まで進めることができ、申し込みから2週間足らずで法人化することができました。会社設立した後も色々なサービスを利用できるのが良いですね。

合同会社マイティワン代表 下田 高嗣 様

右矢印アイコン もっと読む

よくある質問

起業アイデアが思いつくコツは?

本やセミナー、SNSを活用することや、自分の好きなことや得意なことから考えましょう。既存のサービスを何かに特化させるという発想もあります。また、アイデアは質にこだわらず数を出すことが大切です。詳しくはこちらをご覧ください。

成功した起業アイデアに共通するポイントは?

ニッチなビジネスや競合が少ない新しい市場を狙っていること、海外で流行っているが日本ではまだ流行っていないビジネスに目をつけていることです。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド会社設立

マネーフォワード クラウド会社設立が監修する「会社設立の基礎知識」では会社設立にあたって必要な基礎知識や、知っていると便利な豆知識をご紹介します。
マネーフォワード クラウド会社設立はフォームに沿って入力するだけで、設立に必要な書類を無料で作成できるサービスです。

関連記事