1. 「マネーフォワード 会社設立」
  2. 会社設立の基礎知識
  3. 会社設立の手続き
  4. 会社設立日はいつにすべき? 設立日の決め方や注意点
  • 作成日 : 2020年3月9日
  • 更新日 : 2020年5月8日

会社設立日はいつにすべき? 設立日の決め方や注意点

会社を設立する場合、明確に設立日を決める必要があります。自分の会社ですから、会社設立日をいつにするか「こだわり」のある人もいるでしょう。そして、この設立日は自由に決めることができるのです。

また、会社設立日をいつにするかによって、その後の会社経営にどのような影響があるのかを知りたいという人も多いかもしれません。そこで今回は、会社の設立日の決め方や申請手続き、ならびに決算日の決め方について解説したいと思います。

会社設立日とはどの時点か?

会社設立日は、会社の拠点(本店)を管轄する法務局に対して、設立の登記申請をした日です。法務局は、土日祝が休みなので、土日祝は会社の設立日とすることはできません。また、郵送で登記申請をした場合は、書類が法務局に到着した日が会社設立日となります。

会社設立日の決める際のポイント

冒頭で述べたように、会社設立日は自由に決めることができます。きっと中には、「縁起のいい日にしたい」と考える方もいらっしゃるでしょう。

例えば、暦において吉日と言われる「大安」、仕事始めや開店の日にいいとされる「一粒万倍日」、金運がよいとされる「寅の日」などがありますね。末広がりとして「8」がつく月日も縁起がいいとされています。

会社設立日により住民税の節税が可能

会社設立日として、キリのいい1日(ついたち)にしようと考える人も多くいると思います。しかし、2日以降にすることで、少し節税ができることをご存じでしょうか。

会社は、法人税に加え住民税(地方税)という税金も納めなければなりません。そして、住民税には均等割りといって、赤字であっても納めなければならない税金があります。

この均等割りは、地域によっても異なりますが、東京では資本金の額が1000万円以下で、従業員50人以下の会社の場合、均等割りは1年(12カ月)で7万円となっています。

そしてこの均等割りの計算では、設立日が1日ではなく月の途中の場合は、その月は切り捨てて計算されます。つまり、設立日を2日以降とすると設立初月は切り捨てられるので、設立初年度は11カ月として計算されるわけです(1事業年は12カ月の場合が前提)。

従ってこの場合、住民税均等割りは7万円ではなく、7万円×11/12=64,100円(100円未満切り捨て)となり、5,900円が節税できることになります。金額的には少額ですが、月の途中を設立日とすることで簡単に節税できます。

会社設立日と消費税との関係

消費税について、当初の2期間は売上に関係なく免税事業者となることは、多くの人がご存じだと思います。設立初年度に売上が1千万円を超えると、設立3年目から消費税課税事業者となります。

しかし、消費税の課税事業者の判定には「特定期間による判定」というものもあり、設立日から決算日までが12カ月の場合、上半期の6カ月で売上が1千万円かつ給与支給額が合計1千万円を超えると2期目(設立2年目)から消費税課税事業者となってしまいます。

つまり、この要件に該当してしまうと、消費税の課税事業者となるタイミングが1年早まるというわけです。

わざわざ、売上の機会を見逃すのは本末転倒ですが、設立後6カ月でこの判定に引っかかってしまいそうな場合、何かしらの対策をしてもいいのかもしれません。例えば、売り上げアップのためのキャンペーンを7カ月目以降に延期する、あるいは、取引先に納品の先延ばしの依頼をするなどです。

消費税の話は、直接、会社設立日と関係はないかもしれませんが、この「特定期間による判定」については、設立時点で知っておいた方がいいでしょう。

まとめ

「思い立った日が吉日」の勢いで、会社を設立するのも大切だと思います。しかし、上記で述べたように、設立日や決算日をいつにするかによって、得をしたり損をしたりする場合もありますので、注意しておきましょう。
※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

自分で会社設立の準備をはじめませんか?

「マネーフォワード 会社設立」を利用すれば、会社設立に必要な書類を無料で作成でき、会社を設立するまでのコストや時間も大幅に削減できます。

会社設立に必要な情報をフォームに沿って入力するだけで、簡単に書類作成が可能!

会社名や代表・事業目的などの情報を入力することで、会社設立に必要な書類を自動で作成できます。書類の作成、提出場所、必要な持ち物もわかるので、迷わず簡単に設立までの手続きが可能です。

会社設立後に必要な手続きもサポート

設立後は、年金事務所、税務署、都道府県税事務所に提出する書類を作成できるほか、法人銀行口座、クレジットカード、バックオフィスサービスなど、会社運営に必要なサービスがお得にご利用いただける特典もご用意しております。

「マネーフォワード 会社設立」で会社設立をもっとラクに

監修:河野雅人(公認会計士・税理士)

東京都新宿区に事務所を構え活動中。大手監査法人に勤務した後、会計コンサルティング会社を経て、税理士として独立。中小企業、個人事業主を会計、税務の面から支援している。独立後8年間の実績は、法人税申告実績約300件、個人所得税申告実績約600件、相続税申告実績約50件。年間約10件、セミナーや研修会などの講師としても活躍している。趣味はスポーツ観戦。

関連記事

フォーム入力で、会社設立に必要な書類を無料で作成!
株式会社・合同会社の設立、電子定款の作成や印鑑購入にも対応。設立後は、法人口座・クレジットカードを作成できる特典も充実!

まずは無料で登録

フォーム入力で、会社設立に必要な書類を無料で作成!
株式会社・合同会社の設立、電子定款の作成や印鑑購入にも対応。設立後は、法人口座・クレジットカードを作成できる特典も充実!

まずは無料で登録