使い分けしよう!個人事業主用の印鑑を制作するときのポイント3選

読了まで約 7

個人事業主用の印鑑、持っていますか?

印鑑は経営者や会社員など関わらず、生きていく上で必要な物ですが、個人事業主として起業した場合、個人用の印鑑とは別に新たな「仕事用の印鑑」を持っていると便利です。

経営者であれば印鑑は書類、領収書、契約書等への捺印の他に、市役所への手続きなどにも必要な物です。

経営者の間では「事業を始めてみると、日本は印鑑を持っていないと何の手続きもできないってことがとても分かる」という話もよく聞きます。

「個人用(実使用)」以外にも「事業用の印鑑」を持っていると使い分けができ、仕事の質をアップさせることにも繋がります。今回は個人事業主さんに向けて「個人事業主用の印鑑を制作するときのポイント3選」を紹介します。

ポイント1:印鑑は何に必要なのか?

印鑑が必要な場面

個人事業主の場合、仕事用の印鑑はどのような場面で必要となり、使用することになるのでしょうか。

多いのは契約領収書の捺印です。個人事業主ともなれば立派な事業主ですので、契約書や見積書、納品書や請求書など様々な書類を発行する必要に迫られます。しかし、その際に専用の印鑑がないと非常に不便です。

法的には個人用の印鑑(いわゆる三文判)でも問題はありませんが、体裁的に経営者ならば三文判は避けるのがベターです。取引相手からの信頼感も薄らいでしまいます。

また、銀行や市役所への登録や書類提出の際にも必要です。思っているよりも、個人事業主になると専用の印鑑を使用する場面が多くなります。

上記で述べたように、仕事相手からの信頼や評価にも繋がることが印鑑の重要な働きの1つです。

銀行・役所などの書類を作成するとき、また個人事業の開業の時にも印鑑が必要となります。屋号の入った印鑑を税務署、法務局で使用します。自宅以外の事業所を登録する際、そして税金の申告にも必要になります。

「実印」とは?

個人事業主 印鑑

実印は住民登録をしている市役所等に書面で登録した印鑑です。いわゆる「印鑑証明」という公的書類に登録される印鑑で、ご自身の身分を公的に証明する非常に重要な印鑑になります。実印は様々な契約書類等で最高の「個人保証」を証明するものになり、大切な契約書類などに捺印して使用することになります。

銀行印や事業用の角印等とは「公的な証明力」という面でその取扱が全く異なります。但し、この実印を登録する方法自体はそれほど難しいものではありません。

ご自身の住民票が登録してある市役所や区役所、役場等に出向き、身分証明証と申請書を合わせて提出すれば簡単に実印の登録ができます。

角印と丸印の違い

丸印角印も、印鑑の持つ性質は違うものですので、個人事業でも丸印ばかりを使用するのではなく、場面に応じて使い分けるようにするのがスマートな方法です。

丸印は公的機関に登録されたもので、あなた個人の保証を代理してくれる意味合いを持つ印鑑です。角印は公的機関には登録されていないもので、「事業所自体の認め印として機能してくれる印鑑」という風に理解をしておくと双方の違いがわかりやすくなるでしょう。

請求書や領収書には角印を、そして見積書や契約書には丸印または角印を使用できます。見積書には基本的には角印を使用しますが、担当する人の印鑑もさらに使用することがあります。契約書はどちらを捺印しても大丈夫です。

ただし、公的文書は角印だけでは足らず、丸印と双方の捺印が必要になることもあるので注意しましょう。

ポイント2:印鑑を作るときの注意点

基本的に印鑑は自由に、そして手軽に作ることができます。ですが、個人事業主として使用する印鑑は重要な契約書類、公的な証明書類にも捺印することになりますので、印鑑を作る際には慎重に気に入ったものを作るようにしたいものです。その際に留意すべき事項については、以下の通りです。

「印鑑」という括りではどんなものであっても印鑑として作ることができます。ですが「実印」となると話は別です。以下の要件事項に該当する場合は実印としての登録はできませんので、注意が必要です。

・すでに登録されている印鑑
・ゴム印など、変形する可能性が高い印鑑
・欠損している印鑑
・資格など、不必要な情報が記載されている印鑑 など

個人事業主として開業する際に、印鑑を登録することになりますが、複数の印鑑を登録することはできません。事業用の屋号で、欠損していないきちんとした印鑑が登録時に必要となります。もし「個人事業主用の印鑑」があるならスムーズな屋号口座の開設もスムーズでしょう。

銀行印に関してですが、書類の作成は銀行により異なります。口座開設のためには銀行により屋号が使用できる場合とできないケースがあります。個人名、または屋号と代表者名の印鑑があると良いでしょう。

ポイント3:朱肉について

次に、個人事業主にはどのような朱肉が必要となるのでしょうか。

朱肉はそれぞれの高級素材用に用意されています。ゴム印ですと染料により、すり減ることがありますので注意しましょう。さらに、朱肉はスタンプと異なり、書類に長期に渡り捺印された状態を保存する目的も果たせます。印鑑に負担も掛かりません。また、スタンプよりも明るいトーンになっています。

スタンプは乾燥しやすいというメリットがありますが、色あせなど消えやすいというデメリットがあります。朱肉は油分があり、しっかりと捺印できます。

実は種類がある?!印鑑ケース3種類

印鑑へのこだわりはイコール仕事へのこだわりでもあります。ですが、印鑑にこだわったのならば、印鑑を守ってくれる印鑑ケースにもこだわりを持ちたいものです。

そういったこだわりや「余裕」はイコールご自身の仕事へ取り組む姿勢を象徴することにも繋がりますので、意外と重要な事柄になります。

印鑑ケースにも様々な種類があります。個人事業主となったなら、印鑑とセット、またはこだわったケース選びも楽しみましょう。

以下にオススメの印鑑ケースについて紹介します。

1:寸胴印鑑ケース

個人事業主 印鑑

最も一般的な印鑑ケースです。収納性も良く出し入れをする際にもハンドリング性が優秀なので、万人から愛用されているタイプの印鑑ケースです。

様々な素材で作られデザインも最も豊富、印鑑ケースの定番とも言えるのが寸胴の印鑑ケースです。

2:がま口印鑑ケース

個人事業主 印鑑

小さながま口財布はその可愛らしさから女性にも人気です。しかし、印鑑ケースとしても機能性の面で優秀なため、男性人気も徐々に上がってきました。このがま口型の印鑑ケースも近年の主流といえます。

3:筒形ケース

個人事業主 印鑑

寸胴型、がま口型に続いて多くなってきたのが筒型の印鑑ケースです。「筒形ケース」は女性の個人事業主に特にオススメです。

「出し入れのしやすさ」という機能性では寸胴やがま口型に軍配が上がりますが、見た目の可愛らしさや「持っていて嬉しい感」では筒型の印鑑ケースの方が高い評価を得ていることもあり、女性の個人事業主のトレンドになっています。

まとめ

個人事業主は個人用の印鑑を使用しても事業を行う事は可能です。そのため法的な側面から言うと、個人用の印鑑と事業用の印鑑の両方を持つ必要はありません。

しかし、あなたが個人事業主であっても、取引先はあなたを「個人」としてではなく「事業主」として見ています。経営を営むプロフェッショナルとして、法人と何ら変わりのない印鑑を使用することはステータスの面でも信用の面でも、とても重要な要素となります。

様々なメリットがある個人事業主用の印鑑。一度、購入を検討をされてみることをオススメします。

※掲載している情報は記事更新時点のものです。

監修:緒方 康人 (公認会計士 / 税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。



【おすすめ】確定申告でお困りの方へ

マネーフォワード クラウド確定申告なら

  • 面倒な作業はすべて自動化
  • 万全のサポート体制で未経験者でも安心!
  • まずはお試し1ヶ月無料
マネーフォワード クラウド確定申告を無料で試してみる

「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料