損益計算書(P/L)を分かりやすく解説

読了まで約 2

損益計算書(P/L)は、1年間の経営成績を示す決算書であり、構成要素を財務分析に利用するなど、経営戦略を立てる上で重要な書類です。損益計算書は、会社の経営状況を把握する決算書の中でも、一定期間における会社の収益を把握するためには欠かせません。本記事では、損益計算書の構成要素を確認し、これらの要素を用いた財務分析の方法を紹介します。

損益計算書とは?

損益計算書は、その企業における1年間の収益性・成長性などの経営成績を示す決算書です。会社の経営状況を把握する財務三表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュ・フロー計算書)のうちの1つに位置づけられ、収益性・成長性を示します。損益計算書に記載されている構成要素は、大きく分けて以下の3つです。

  • 収益:いくらぐらいの収益が上がったか
  • 費用:得た収益のうち、使った費用はいくらか
  • 純利益:収益から費用を差し引いた金額

会社の損益は、その会社が定めている本業によって生じたかどうかで分類して損益計算書に記載されます。また、本業以外で得た損益は、さらに経常的かどうかで分類されます。このように分類して記載することにより、その年の収益は本業が好調なのか本業以外の影響が大きいのか、といったことも確認可能です。

損益計算書の構成

損益計算書の構成要素と、それぞれの要素について解説します。

解説した損益計算書の構成要素と関連する勘定科目のうち、よく使われる科目も説明します。

ここまでご紹介した損益計算書の参考例は以下の通りです。

損益計算書を用いた分析方法

損益計算書を用いた財務分析の方法について、3つの方法を紹介します。

分析方法数式この分析で何が分かるか
売上高総利益率分析売上総利益÷売上高×100会社が販売している商品やサービスの利益率(マージン)
売上高営業利益率営業利益÷売上高×100会社の本業の収益力
売上高経常利益率経常利益÷売上高×100会社の経常的の収益力

いずれも、分析手法としては「同業他社比較」や「期間比較」が有用です。また、特別損益は、通常生じ得ない臨時的な損益であるため、分析に用いることは少なくなっています。

まとめ

損益計算書を正しく作成し、業績改善に役立てましょう。

損益計算書の数値を利用して分析を行うことで、自社の当期業績や他社と比較した時の業績の良し悪しが分かります。分析結果を実際に業績改善に役立てるためには、更に細かく分析する必要があります。たとえば、売上高は単価×数量に分解することができ、それぞれを期間比較することで改善すべきポイントを追及することが可能です。

※掲載している情報は記事更新時点のものです。

監修:ロディ(公認会計士)

大学卒業後、公認会計士試験に合格。
大手監査法人にて上場企業等の会計監査、J-SOX監査業務に従事。
その後、コンサルティングファームを経て2019年より会計事務所を開業。
現在は会計監査、コンサルティング、簿記講師、執筆など、会計を中心に幅広い業務に取り組んでいる。
https://cparody.com/
@rodycpa



「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料