会計の基礎知識

会計業務における最新情報と基礎知識が分かる

新着記事

# 会計業務

開始貸借対照表とは?会社設立時の会計や作り方の注意点(テンプレート付き)

会社で作成する財務諸表の1つに貸借対照表があります。特に、設立時に作成する貸借対照表を開始貸借対照表といいます。開始貸借対照表はなぜ必要で、また、どのように作成したら良いのでしょうか。この記事では、開始貸借対照表の作成方法などについて解説し…

詳しくみる
# 勘定科目

車検費用を経費にするときの仕訳に使える勘定科目は?個人事業主はどうする?

事業で使用している車の車検費用は、経費に計上できます。車検費用は国や保険会社に支払う「法定費用」と、車検業者に支払う「点検整備費用」に分けられます。それぞれに合う勘定科目を使って仕訳しましょう。また個人事業主など、車を仕事とプライベートで兼…

詳しくみる
# 電子帳簿保存法

社内文書を電子化(ペーパーレス化)するメリットは?ポイントや関連法律まとめ

電子化に関する法律の要件緩和やデジタル化をサポートするシステムなどが発達し、書類を電子化しやすい環境が整ってきました。紙での保存から電子データでの保存に変化していくことで、社外文書だけでなく、社内文書の電子化(ペーパーレス化)にも多くのメリ…

詳しくみる
# 電子帳簿保存法

電子帳簿保存法で領収書やレシートはどう管理する?原本は破棄できる?

国税関係書類である領収書やレシートは、一定期間の保存が義務付けられています。近年、電子帳簿保存法の適用が拡大し、要件の緩和が実施されていますが、領収書やレシートも電子保存することができるのでしょうか。 領収書やレシートの電子帳簿保存法の対応…

詳しくみる
# 勘定科目

スマホや携帯電話代は経費にできる?個人事業主の場合は?仕訳と勘定科目まとめ

業務に必要なスマホや携帯電話の購入費、通信料は経費にできます。また、修理代や周辺機器の購入費も同様です。本記事では、スマホ・携帯電話にかかる各費用の勘定科目、仕訳方法について詳しく解説していきます。個人事業主がプライベートでも併用するスマホ…

詳しくみる
# 会計業務

賃上げ促進税制とは?令和6年度税制改正による変更点やメリットをわかりやすく解説!

賃上げ促進税制は、従業員の給与引き上げを促進するための制度です。令和4年度税制改正で創設された賃上げ促進税制ですが、令和6年度税制改正によってさらに3年延長し、かつ拡充しました。 本記事では、賃上げ促進税制の概要、従来の賃上げ促進税制との違…

詳しくみる
# 会計業務

評価勘定とは?代表的な勘定科目の貸倒引当金や評価勘定法などをわかりやすく解説!

評価勘定とは、ある勘定科目を評価する目的で使用する勘定科目のことです。具体的に、どのような勘定科目を指すのでしょうか。この記事では、評価勘定の概要や評価勘定に含まれる代表的な科目、評価勘定のような特殊な勘定科目のグループについて、わかりやす…

詳しくみる
# 会計業務

売上原価対立法とは?三分法や分記法との違いから仕訳例までわかりやすく解説!

商品売買時に仕訳する際の記帳処理方法には、「売上原価対立法」「三分法」「分記法」などがあります。売上原価対立法は、商品売買を「商品」「売上」「売上原価」の3つの勘定科目で仕訳する点が特徴です。 どの処理方法を用いるかによって、記帳のスピード…

詳しくみる
# 会計業務

洗替法(洗い替え方式)とは?切放法との違いや売買目的有価証券の仕訳例など徹底解説!

簿記で資産負債の帳簿価額(簿価)を評価計上する際の方式として「洗替法」「切放法」「差額補充法」があります。 売買目的有価証券や貸倒引当金(大企業では廃止)などを評価替えする際に用いる「洗替法」とはどのようなものか?について仕訳を例示しながら…

詳しくみる
# 勘定科目

生命保険料の勘定科目は?個人事業主と法人で異なる?保険金や解約返戻金についても解説!

生命保険とは、人の生死や病気のリスクに関わる保険を指します。生命保険は個人で契約できるほか、法人も契約することができます。では、個人事業主や法人が生命保険料を支払った場合や保険金を受け取った場合は、どのように処理するべきなのでしょうか。この…

詳しくみる
# 勘定科目

年賀状の勘定科目・仕訳は?購入費と印刷代で異なる?消費税やお年玉賞品の課税についても解説!

意外と費用がかかることもある年賀状。初めて経費として処理しようとする際には「勘定科目は何を使う?」「印刷代は分ける?」「消費税はかかる?」といった疑問にぶつかります。 本記事では経理担当者や個人事業主向けに、勘定科目や仕訳からお年玉付き年賀…

詳しくみる
# 会計業務

個別法とは?原価法の棚卸資産評価方法のひとつ!仕訳例までわかりやすく解説

商品や製品などを取り扱っている事業者は、期末になると商品や製品などの棚卸しをする必要があります。棚卸しとは、簡単にいうと、期末に事業者が所有している商品などがいくらなのかを評価することです。 実は、棚卸資産の評価方法には、さまざまなものがあ…

詳しくみる
# 会計業務

償却資産申告書とは?対象の資産や書き方、固定資産税の納付までわかりやすく解説

土地や建物を所有しているとき、地方自治体から固定資産税が課税されることはよく知られているかと思いますが、これ以外に土地や建物以外の事業用の償却資産がある場合に、固定資産税として償却資産税が賦課されることがあります。償却資産とは何か、この記事…

詳しくみる
# 勘定科目

社債発行費はどんな勘定科目?会計処理・税務処理の方法から仕訳例まで徹底解説!

自社が社債を発行する際にかかった支出のことを「社債発行費」といいます。社債発行費の会計処理は複数あり、仕訳は消費税の税務などでも注意しなければならない点がいくつかあります。 そこで、ここでは社債発行費の内容や会計処理・税務までを詳しく解説し…

詳しくみる
# 会計業務

事前確定届出給与とは?役員賞与を損金算入して節税できる?期限や記載方法は?

経営者など役員に対する報酬や賞与は、一般社員の給与とは異なり、税務上の規定に従って支給されなければ損金算入できません。役員報酬は金額が大きくなりがちなため、損金算入として扱わなかった場合、納税負担額や資金繰りにも悪影響を及ぼします。 このよ…

詳しくみる
# 勘定科目

お中元・お歳暮の勘定科目や仕訳について解説!送料も経費として認められる?

事業を行っていると、得意先に贈答品やプレゼントを贈ることがあります。特に夏や冬になると、お中元やお歳暮を送る会社も多いです。 では、お中元やお歳暮は経費になるのでしょうか。ここでは、お中元やお歳暮が経費になるかどうか、また経費になる場合の勘…

詳しくみる
# 会計業務

時価ヘッジとは?繰延ヘッジとの違いや仕訳方法、税効果会計についてわかりやすく解説

資金調達や投資方法が多様化するなか、様々な金融商品の取引を行う企業も多くなりました。金融商品にはリスクが付きものですが、このリスクを可能な限り回避させるために、先物取引やオプション取引、スワップ取引などのデリバティブ取引を利用するケースも増…

詳しくみる
# 会計業務

収支報告書とは?書き方を部活・飲み会など具体例別に紹介!無料テンプレートも

収支報告書とは、企業や団体などの組織や、飲み会や部活動などの集まりでの収支を記録した書類です。決算報告書よりも簡潔な内容とすることが多いですが、お金の出入りや運営状況の判断材料になるため、組織の外部・内部のどちらにとっても重要な情報源となり…

詳しくみる
# 経理業務

経理初心者に必要な知識とは?経理の年間スケジュールやおすすめの勉強法を解説!

経理は企業経営になくてはならない役割の1つです。未経験者の求人募集を出している企業も多く、実務経験や知識を増やしていけば、キャリアアップを目指すことも可能となります。 しかし、その専門性の高さから「初心者でも経理事務が本当に務まるのか」と不…

詳しくみる
# 会計業務

先入先出法での棚卸資産の評価・商品有高帳の記入例 移動平均法との違いも解説

決算においてその事業年度の売上原価を求めるには、今までに仕入れた商品や製品が期末にどれだけ残っているかを調査しなければなりません。 多くは、商品や製品が実際にある倉庫などで物理的に確認する必要があります。 よく簿記の教科書に「先入先出法」な…

詳しくみる
# 会計業務

損益法とは?財産法との違い、計算式、メリット・デメリットをわかりやすく解説

一定期間にどれだけの利益(損益)を得ることができたかを把握することは、企業にとって必要不可欠です。実は、一定期間の損益を計算する方法はひとつではなく、損益法と財産法の2つがあり、一般的には損益法を使って計算します。 そこで、ここでは損益法を…

詳しくみる
# 勘定科目

受取利息とは?勘定科目は?計算方法や仕訳、源泉徴収税までわかりやすく解説!

利息とは、一般にお金を貸した人が受け取るお金のことをいいます。 利息の通知があり、税金が差し引かれた金額の入金を確認した場合、どのような仕訳を起こしたらよいでしょうか?この記事では会社が受け取る利息を中心として解説します。 受取利息とは 受…

詳しくみる
# 電子帳簿保存法

電子帳簿保存法旧10条はどうなった?電子データの保存要件・改正点を解説!

電子帳簿保存法は、その発足以来、改正を重ねてきています。その中でも令和3年の税制改正において大きな改正がなされました。 この記事では、令和3年の税制改正で電子取引における取扱いがどのように変わったのかを説明した後、令和5年の税制改正で示され…

詳しくみる
# 会計業務

小口現金出納帳とは?書き方・記入例、現金出納帳との違いをわかりやすく解説

日常的に現金出納帳を利用している方でも「小口現金出納帳」は利用したことがない方も多いでしょう。どちらも決算書類として利用するための重要度の高い帳簿です。 小口現金出納帳を作成する目的は、手元に残る小口現金と帳簿上の残高を一致させることです。…

詳しくみる
# 会計業務

売上債権とは?種類や管理・回収方法、売上債権回転期間と回転率の計算方法も解説

企業間の取引においてしばしば登場するのが「掛取引」「手形取引」です。信用に基づき代金の決済を繰り延べる取引形態ですが、信用取引により発生した売上にかかる債権のことを「売上債権」と呼びます。 本記事では「売上債権」の種類や管理方法、回収方法に…

詳しくみる
# 勘定科目

電話代はどの勘定科目で仕訳する?経費になるのはいつ?携帯電話・固定電話も分かりやすく解説

社外、あるいは社内でのやり取りで、必ずといっていいほど発生するのが電話代(あるいは電話料金)です。業務上、必要な電話代は経費として計上できます。この記事では、電話代とは何を指すのかその定義と範囲、電話代の勘定科目や仕訳、企業と個人事業主での…

詳しくみる
# 会計業務

受取手形とは?決済、回収時の仕訳・勘定科目や売掛金との違いをわかりやすく解説

現金での取引は、確実ではあるものの、企業間取引においては柔軟性の高い取引とはいえません。期限に柔軟性をもたせ、現金の代わりに利用されているのが「手形」です。 手形には、約束手形と為替手形があります。特に、受け取ることで将来の入金を約束しても…

詳しくみる
# 会計業務

売買目的有価証券とは?時価評価の仕訳方法や有価証券評価損益の法人税の取扱

売買目的で所有している有価証券を「売買目的有価証券」といいます。 売買目的有価証券は時価評価が必要で、期末には「有価証券評価損益」科目を使って、仕訳をする必要があります。また、会計上と法人税法上で売買目的有価証券の取り扱いが異なることもある…

詳しくみる
# 会計業務

支払明細書とは?意味や書き方、領収書・請求書との違い、無料テンプレートも

支払明細書というと、クレジットカードを使用した際などに発行されるものが思い浮かぶのではないでしょうか。しかし、会社同士の取引でも支払明細書を発行することがあり、さらには領収書や請求書に内訳として添付されていることもあります。 支払明細書は、…

詳しくみる
# 会計業務

会議費とは?接待交際費との違いは?損金算入の特例や上限、仕訳方法も紹介

法人の経費の中には、勘定科目の取り扱いを間違えると、法人税に大きな影響を与えかねないものがいくつかあります。そのひとつが「会議費」です。会議費は、接待交際費などのほかの経費と性格が似ている部分も多く、会計処理をする際、その支払いが会議費に該…

詳しくみる
# 会計業務

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)とは?掛金や、加入資格、メリット・デメリット

経営セーフティ共済は、取引先の倒産による中小企業の連鎖倒産を防ぐために創設された制度です。 共済への掛金は法人の損金や個人事業主の必要経費として処理されるため、節税対策としても効果的だといわれています。 そこで、今回は経営セーフティ共済につ…

詳しくみる
# 勘定科目

郵便切手代や簡易書留を経費にする際の仕訳と勘定科目とは?消費税の扱いまで解説

郵便切手代は、購入時と使用時で消費税の扱いが異なるため、実務上、2通りの仕訳が認められています。購入時と使用時の消費税を考慮すると、どのように仕訳を行うのが正しいのでしょうか。 この記事では、郵便切手代の会計処理で使用する勘定科目の説明と仕…

詳しくみる
# 会計業務

会計ソフトの費用相場は?税理士に依頼する価格と比較!費用を安く抑える方法も!

確定申告にて「税理士には頼んだ方がいいの?」「会計ソフトは必要?」といった疑問がある方に向けて、「なるべくコスパの良い方法」を解説していきます。 結論から言うと、かかる時間も考慮してコスパが良いのは、クラウド型会計ソフトを使う方法です。その…

詳しくみる
# 会計業務

借金返済の減額に活用できる補助金とは?資金繰りに困ったら会計事務所に相談しよう!

中小企業及び個人事業主(以下、中小企業)にとって、資金繰りは最も重要な経営課題の1つと言えます。 今回は、中小企業が借金返済の減額をしたい場合に、条件を満たせば、借金返済を減額するためのコンサルティング費用の一部が補助される制度をご紹介しま…

詳しくみる
# 会計業務

コロナ支援金の「課税・非課税」 なぜ持続化給付金は課税対象なのか考えてみよう

新型コロナの感染拡大から約半年が経ちました。僕のもとには今もなお、持続化給付金や家賃支援給付金に関する質問が届きます。 すでに申請を済ませ、無事に入金されたという方も多いと思います。大変な中、手続きお疲れ様でした。 ところで、コロナの支援金…

詳しくみる
# 会計業務

会計ソフトのセキュリティが心配…クラウド型とインストール型の安全性を徹底解説!

ほとんどの企業では、利便性の高さなどから会計ソフトを導入していることと思います。これまでは、パソコンにインストールして使用するインストール型、あるいは表計算ソフト(Excel)を使った会計管理が主流でした。しかし、クラウド型に移行する企業も…

詳しくみる
# 会計業務

<中小企業向け>新型コロナ給付金・助成金・補助金・資金繰りタイプ別の支援策まとめ 

新型コロナウイルス感染症の急速な広がりを受けて、国は相次いで支援策を打ち出しています。ウイルスの拡大も急速であれば、支援策も急拡大しています。このため、中小企業にとっては、自社にとってどの支援策が有効で、どの支援策を受けることができるのか、…

詳しくみる
# 会計業務

会計ソフトは毎年バージョンアップが必要?クラウド型とインストール型を解説!

会計ソフトは、仕訳データを入力することで帳簿類など、必要な書類の多くを自動で作成してくれるので便利です。企業や個人事業主で、会計ソフトを利用されている方も多いでしょう。 それでは、導入後、必要なメンテナンスはできているでしょうか?バージョン…

詳しくみる
# 会計業務

2023年版- 個人事業主の確定申告におすすめの会計ソフトは?比較ポイントを解説

個人事業主やフリーランスの方が会計ソフトを選ぶ際は、「確定申告機能付きのソフト」を選ぶことが一般的です。そのため、「個人事業主向けの会計ソフト」=「確定申告ソフト」として、理解しておくとわかりやすいでしょう。 簿記の知識がなくても使いやすい…

詳しくみる
# 経理業務

経理業務を効率化したい中小企業必見!具体的な方法や経理に必要なスキルを紹介

中小企業の経理業務は、人手不足の場合が少なくありません。 クラウド会計や経理代行は解決手段のひとつですが、自社の業務にマッチしているかどうかを検証せずいきなり導入すると問題が起こるリスクがあります。 本記事では、中小企業の経理の流れと業務の…

詳しくみる
# 会計業務

複式簿記の書き方を正しく理解していますか?複式簿記の基礎知識と書き方まとめ

複式簿記の書き方、ご存知ですか? 個人事業主はもちろん、たとえ小規模にしても経営者であれば、また、社会人であれば、複式簿記の書き方の基本は知っておきたいものです。 ここでは、複式簿記の大原則と書き方について、最小限の基本をわかりやすく説明し…

詳しくみる
# 会計業務

【これは軽減税率?】ぶどう狩りや梨狩り。その場で食べると軽減税率の対象外ってほんと?

2019年10月1日からスタートした消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率につ…

詳しくみる
# 会計業務

帳簿とは?主要簿・補助簿の種類と意味は?書き方や簡単な記帳方法をわかりやすく解説!

帳簿とは 帳簿とは、事業の取引や資産や負債、お金の流れなどを記録した帳面や台帳のことです。厳密にいうと、会社の経理などで作成される会計帳簿(会計簿)のことですが、一般的に帳簿と呼ばれることが多いです。帳簿では、取引の内容だけでなく、日時や取…

詳しくみる
# 会計業務

【これは軽減税率?】バーガーとドリンクのセット。ドリンクだけ店内飲食する場合、消費税はどうなる?

2019年10月1日からスタートした消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率につ…

詳しくみる
# 会計業務

【これは軽減税率?】キッチンカーで買った食事。近くのベンチで食べるなら消費税どうなる?

2019年10月1日からスタートした消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率につ…

詳しくみる
# 会計業務

【これは軽減税率?】会議室までサンドイッチ配達。消費税8%と10%の分かれ道は「給仕」

2019年10月1日からスタートした消費税の軽減税率制度。主に「飲食料品」は消費税軽減税率8%の対象になりますが、飲食のシチュエーションなどによっては適用対象になりません。 本シリーズ『これは軽減税率?』では、事業者のみなさんが軽減税率につ…

詳しくみる
# 会計業務

“良い税理士”を見極めるたった一つのポイント 「近所」「紹介」の落とし穴も

この記事の読者の中に、税理士を探している方がいるかもしれません。中には知人の紹介やネット検索を頼りに検討している方もいるかもしれないですね。 一昔前と変わり、今はターゲットや専門分野を絞った税理士事務所が増え、差別化されたことで税理士探しが…

詳しくみる
# 会計業務

日産を「年収1000万円」の家計に例えたら分かる、監査法人がゴーン氏不正を見逃した理由

カルロス・ゴーン氏の逮捕劇から10日が経ちました。日産自動車の有価証券報告書に、自身の報酬を約50億円過少に記載した疑いが持たれているゴーン氏。世界を股に掛けるカリスマ経営者のスキャンダルだけに、国内外で報道もヒートアップしています。 その…

詳しくみる
# 会計業務

大坂なおみ選手の活躍で知りたい、日本とは全然違う「アメリカ・ファーストな税金事情」

2018年9月の全米オープンテニスにおいて、日本人初のグランドスラムを達成した大坂なおみ選手。日本への凱旋帰国後のトーナメントでも大活躍ですが、税金はどのようになっているのでしょう。(執筆者:公認会計士・税理士 國井隆) 大坂選手の練習拠点…

詳しくみる
# 経理業務

つまり全部「最低な彼氏と鬼畜な彼女の話」なのでは? JKでもたのしい経理の話

こんにちは、ライターのカツセマサヒコです。 皆さん、経理業務って、好きですか? 僕は子どものころから算数・数学がとにかく苦手で、経費をまとめるためのレシート整理すら、「ムリィィ!じんましん出ちゃうぅぅぅ~~!!」とのた打ち回る日々を過ごして…

詳しくみる
# 会計業務

ものづくりを行う中小企業が抱える課題とは?ものづくり企業への支援策を紹介

戦後の混乱期以降から現在に至るまで日本経済の基盤を支え続けてきたのが、自社の技術を突き詰めて新しい製品を開発、製造している「ものづくり企業」です。ものづくり企業には大企業も存在していますが、多くは町工場のようなところを含めた中小企業であり、…

詳しくみる
# 会計業務

減損損失とは?計算方法や会計処理の方法、認識と測定や財務諸表への影響を解説

減損損失とは、企業が行った固定資産などの投資額と将来キャッシュフローを比べたとき、損が出ている場合の損失額のことです。投資の失敗は、投資家などの外部関係者に影響を与えるため、財務諸表などにその損失額を反映させる必要があります。ここでは減損損…

詳しくみる
# 会計業務

残業代計算、正しくできていますか?基本的な考え方と詳細な計算方法を解説!

残業代の計算は事業主なら誰もが頭を悩ませる問題です。支払う残業代が少ないに越したことはありませんが、計算を間違えて支払うべき残業代を支払っていないと、法的なトラブルにも発展しかねません。 ここでは正確に残業代を計算するための基礎的な知識から…

詳しくみる
# 経理業務

経理の業務内容はオートメーション化する?これからの経理が身につけるべきスキルとは

「経理の業務内容の大部分はオートメーション(自動)化していく」という話を耳にしたことがある方は少なくないでしょう。しかし、その話は本当なのでしょうか。 「経理の業務内容」と言っても、内容は多岐に亘っています。経理の業務内容が自動化していくの…

詳しくみる
# 会計業務

農業法人設立の流れとメリット 白色申告の農家が受けられる税金面の優遇措置とは

農業を営んでいるといっても個人事業主や農業法人など事業形態はさまざまですが、家族経営している農家が多いのではないでしょうか。 家族経営している白色申告の農家であったとしても農業法人を設立することによって、税金面などで優遇されるメリットを受け…

詳しくみる
# 会計業務

逓増(ていぞう)定期保険とは?節税になる理由や期間満了前の解約についても解説!

多くの法人が活用する逓増(ていぞう)定期保険は、一定期間を超えると死亡保障金額が徐々に増えていくタイプの定期生命保険です。 保険料の一部が損金として計上できるため、条件を満たせば節税対策にも利用できます。解約すると支払った保険料相当額が戻っ…

詳しくみる
# 会計業務

事業税の計算方法を正しく理解していますか?個人事業税と法人事業税の計算方法を解説

事業主が知っておくべき税金のひとつに「事業税」があります。 所得税は国に納める税金ですが、事業税は管轄する行政に納める地方税です。そして、事業税には「個人事業税」と「法人事業税」があります。 名前のごとく、個人が営む事業に対して課せられるも…

詳しくみる
# 減価償却

固定資産税(償却資産)の減価償却を正しく理解していますか?減価償却の国税と地方税の違いとは

10万円以上の資産を購入すると、減価償却により購入価額を期間按分します。 ただし、国税(法人税等)と地方税(固定資産税)では償却額に差が生じることをご存知でしたか? 今回は、それぞれの計算方法や償却方法について、解説していきます。 固定資産…

詳しくみる
# 勘定科目

勘定科目の福利厚生費とは?経費計上の条件や事例、課税対象になる基準まで解説!

福利厚生費は会社が従業員のために支出する費用です。一定の要件を満たすと経費計上でき、税負担軽減の目的で活用することもできます。 ここでは主な福利厚生費を、その経費計上の要件とともに紹介します。 勘定科目『福利厚生費』とは? 給料や賞与以外に…

詳しくみる
# 会計業務

使途不明金に要注意!注意すべきポイントと使途不明金の税務処理方法とは?

勘定科目には、給与賃金や水道光熱費はもちろん、旅費交通費のほか、さまざまな経費項目がありますが、曖昧でわかりにくい項目のひとつに、「接待交際費」があります。実際はどこまでが接待交際費として認められるものなのでしょうか? そして、接待交際費と…

詳しくみる
# 会計業務

この依頼はどっち?具体例でわかる税理士と公認会計士の違い【5つの質問付き】

街中でよく「◯◯会計事務所」「◯◯税理士事務所」「◯◯公認会計士事務所」といった看板を目にしたことがありませんか? 税理士や公認会計士は普段の生活であまり関わることがないため、それぞれの事務所が何をしてくれるところなのか、わからない方も多い…

詳しくみる
# 会計業務

「社長、本当に有効な節税方法知ってますか?」 税理士・服部先生が読み解くスタートアップの節税テクニック

リソース、ノウハウが不足しがちなベンチャー企業やスタートアップにとって、お金に関する悩みが尽きることはないかと思います。その中でも、節税対策について頭を悩ませている経営者も少なくないでしょう。 そこで今回は、スタートアップ支援を得意とするS…

詳しくみる

会計の注目テーマ

バックオフィスの基礎知識