営業外費用

Pocket

営業外費用とは、企業の本業以外で経常的に発生する費用のことを指す。基本的には、財務的な活動から生じる費用のことである。営業外費用とは、ある一定の期間ごとに常に必要となる費用のことで、企業の本業以外の活動から生じる費用のことだが、具体的には支払利息・社債利息・有価証券売却損のようなものが含まれる。

営業外費用の大部分は、お金を借りた際の利息や社債を発行した時に必要な費用、株式の評価損や売却損などによる費用が多いのが特徴。営業外費用と営業外収益をまとめて、営業外損益と呼んでいる。基本的に、営業外費用と営業外収益とは同じような性質をもっているが、営業外費用には企業の本来の業務以外の財務活動が含まれる。

例えば、お金を借りた時に支払う支払利息や社債利息だけでなく、割引手形の支払割引料や、有価証券売却損、有価証券評価損や雑損失なども含まれる。これらが損益計算書において、営業外費用の項目に表示されることになる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。