個人事業主に対する業務委託の正しいあり方|偽装請負とならないためには

法人が個人に業務委託する場合には、相手方は基本的に個人事業主でなければなりません。今回は、業務委託の内容と偽装請負とならないためのポイントについてみていきましょう。 目次業務委託が利用される背景業務委託とは(1)委任契約(2)請負契約業務委託の問題点偽装請負とならないためのポイントまとめ関連記事 業務委託が利用される背景 人を雇用するとき、法人は雇用契約を交わし、社会保険料や労働保険料を負担する決まりになっています。また、法人は安全衛生法により、従業員が1人でもいれば、健康診断を受診させる安全配慮義務が課せられます。さらに、労働基準法が適用され、有給休暇の付与や時間外手当を支給する義務など働く … 続きを読む 個人事業主に対する業務委託の正しいあり方|偽装請負とならないためには