電子印鑑作成ソフト・サービスまとめ【無料・有料あり】

読了まで約 10
電子印鑑

ほとんどの方が所有していると思われる印鑑ですが、みなさんは印鑑と聞くと何を思い浮かべますか?
実印…シャチハタ…銀行印などなど。

ここで電子印鑑を思い浮かべるという方はあまり多くないかもしれません。
そんな電子印鑑ですが、わざわざ紙を出力する必要もなくPC上で手軽に使えるため、実はとても便利なものです。

今回はそんな電子印鑑を作成できるサービスを紹介していきます。

そもそも電子印鑑とは

電子印鑑とは、一言で言うとPCやタブレット上で電子文書に捺印が可能なデジタル印鑑のことです。

これまではPC上で作成した文書を印刷、押印していたのに対し、印刷する前のデータ段階のもの、文書をスキャナなどから取り込みデータ化したものに対しての押印が可能となります。
参考:実印・印鑑登録:印鑑証明に関する考察

電子印鑑を用いるメリット・デメリット

97fb7392f67d416e9864de83d6ae0e4f_m
電子印鑑には多くのメリットがある一方、デメリットがあることも認識する必要があります。
それでは、そのメリット・デメリットをそれぞれ整理してみましょう。

メリット

・印刷、発送、FAXの手間が省け、ビジネス文書のスピーディーな処理が可能
・紙やインクの削減に繋がる
・誰でも簡単にすぐに作成できる

デメリット

・セキュリティ面で少々不安を感じる
・OSによる制限が発生する場合もある
・認知度がまだ高くないため、利用可能範囲が制限される可能性がある

無料でできるサービスで電子印鑑を作ってみた!

「百聞は一見にしかず」とあるように、ここでは、実際に無料でできるフリーの電子印鑑作成サービスを使い、電子印鑑を作成してみたいと思います。

今回は、株式会社白舟書体が提供するWeb認印というサービスを利用しました。

認印作成コーナー

1. 右側の枠内に「名字」を入力し、「書体」「大きさ」「色」を選択
2. 1を行った後は、「作成」ボタンをクリック!

作業は以上となります。すごく簡単です。
出来上がりはこんな感じ。

innei


所要時間は1分程度。
出来も個人の認印としてなら十分ではないでしょうか。

たとえばこれを発注書に捺印してみるとこんなイメージになります。

web認印4

*あくまで担当者印のみでもOKとなるケースを想定しています

いかがでしたでしょうか。

想像以上の簡単さで作れてしまうものですね。
かつ、通常の認印との質の差も感じられず、簡単な場面で使うものとしてはオススメをしたいです!

電子印鑑をエクセルで作ることも!

実はオンラインサービスだけでなく、電子印鑑をエクセル上で作成することも可能です!
ここでは電子印鑑を簡単にエクセルで作る方法を紹介していきます。

①「ワードアート」より「塗りつぶし:黒 文字1:影」を選んでください。

スクリーンショット 2014-05-27 10.54.57


②そこに作成したい名前を入力します。
こんな感じ!

電子印鑑4

③それをこんなかんじの設定にします。
・フォント:MS Pゴシック 本文
・文字サイズ:18
・色:赤


④文字を縦並びにし、オートシェイプで赤丸を作成します。

⑤赤丸と名前の位置をあわせてください。

⑥その際に、赤丸は塗りつぶし無し、枠線は赤を選択します。

⑦右メニューから「グループ化」をクリック。

⑧作成したものを「ペイント」へ貼り付け、画像を保存します。

⑨保存されている画像を選択することで印鑑画像を貼り付けることができます。

⑩見積書に捺印するとこんなイメージです。

exel印鑑7


時間にして約10分ほどで完成しましたが、完成画像を見ていただいてわかるとおり、印鑑の周りの部分が荒くなってしまっています。
自分で1から作りたい!という方には良いかと思いますが、忙しいビジネスパーソンの方には、無料でできる電子印鑑サービスをお薦めします!

印鑑の電子データ作成ソフト・サービスまとめ

さて、次に有料の電子印鑑作成サービスを紹介していきます。

前段では無料で使えるフリー電子印鑑サービスで作成しましたが、やはりビジネスシーンでの利用となると、セキュリティ対策が万全であり、かつ選択肢が豊富な有料サービスを検討するべきでしょう。

それぞれのサービスの特徴から、ご自身に合うものを検討してみてください。

比較表
※比較のため、先ほど使用したWeb認印という無料で使えるフリー電子印鑑サービスも最上部に掲載しています。

それでは、各サービスの詳細について見ていきましょう。

1. とろろこんぶ電子印鑑

電子印鑑システム   とろろこんぶシステム工房

とろろこんぶ電子印鑑

・提供企業名:とろろこんぶシステム工房
・受け取りまでの日数:発注後、1週間以内にメールもしくは、郵送にてライセンスID/キーが送付される
・注文フロー:

  1. ライセンス価格ページから商品を選択
  2. 注文書をダウンロード
  3. FAXやメール、郵送にて送付

実際に押印する際にはパスワードの入力が必要となる仕様にしているなどセキュリティ機能の充実に力を入れています。

価格は、料金プランは個人向け(承認はんこパーソナルライセンス)が600円から(無料体験版も有り)、企業向け(承認はんこ企業ライセンス)が48,000円(100ライセンス)となっています。

2. My電子印鑑

サンセール   電子印鑑TOP

My電子印鑑

・提供企業名:サンセール株式会社
・受け取りまでの日数:不明
・申し込みフロー:申し込みフォームまたは見積請求申込みフォームに必要事項を記入し送信

このサービスで作成する印影は他のもののようにドットの集まりとして表示されるのではなく、線や面のような形で扱われるため、陰影のサイズに関係なく、いつでも最適な表示のされ方をするようになります。

また、セキュリティ対策もしっかりされているため、陰影がコピーされてしまう危険性なども低減できています。

価格は、認印が1,500円から、角印が7,500円から、会社認印が11,500円から作成可能になっています。

3. WE電子印

「電子印鑑」鮮明なベクトル印鑑!ペーパーレスを簡単に実現

WE電子印

・提供企業名:サンセール株式会社
・受け取りまでの日数:不明
・申し込みフロー:申し込みフォームまたは見積請求申込みフォームに必要事項を記入し送信

通常の電子印鑑はドットの集まりで出来ているため、拡大したときに線のギザギザが目立つことがありますが、WE電子印では独自技術で作成しているベクター画像で陰影を作成しているので鮮明なものとなります。

価格は、個人認印が1,800円から、角印が初期制作費8,800円・電子印鑑代2,000円となっています。
法人認印は初期制作費14,800円、電子印鑑代2,500円となっています。

4. パソコンネーム電子印

パソコンネーム電子印GP98

パソコンネーム電子印

・提供企業名:アイ・ヴィ・アイ株式会社
・受け取りまでの日数:ご注文時にお知らせ
・申し込みフロー:必要事項(会社名/部門名/担当者名/住所/電話/FAX/E-mail/URLライセンス名/製品名/型番/使用クライアント台数/使用印影リスト)を明記の上、販売部宛にE-mail又は、FAX

印影の真偽を確かめる、メールによる押印・回覧などを行うことが簡単にできるようになっています。

価格は、ネーム印が3,000円から、法人向け角印・丸印が20,000円からとなっています。

5. PC印鑑.jp

電子印鑑   PC印鑑

PC印鑑.jp

・提供企業名:有限会社ユタカアンドアソシエイツ
・受け取りまでの日数:基本的には、受注完了後、翌営業日納品
・申し込みフロー:必要事項への記入と複製したい印鑑、スタンプなどを申込書の押印エリアに押印し、メール又は郵送にて送付

角印や丸印、認印、落款などあらゆる印鑑をそのままの画像データとして、WordやExcelなど様々なソフトウェアで簡単に利用できるような形にします。

価格は、角印・丸印が5,000円、認印が1,000円となっています。

6. DUBBING-PRO.JP

電子印鑑、デジタル印鑑、会社角印デジタル化、会社丸印デジタル化、認印デジタル化

DUBBING-PRO.JP

・提供企業名:シーアイエス株式会社
・受け取りまでの日数:ご入金確認後、最短翌日納品
・申し込みフロー:こちらからオンラインでお申し込みいただけます。
また、書面での申し込みも可能

現在使っている角印や丸印、個人認印から電子印鑑が作成可能です。また、使っている印鑑がなかったとしても1から電子印鑑を作成することも可能となっています。

作成した電子印鑑は、例えばexcelの場合には「図の挿入」で印鑑の画像を指定することで挿入可能です。

価格は、法人角印が3,500円、法人丸印が4,000円、法人認印が800円となっています。

7. 京印章シーオージェイピー

電子印鑑

京印章シーオージェイピー

・提供企業名:株式会社京都光林堂
・受け取りまでの日数:最短3営業日
・申し込みフロー:インターネットにて24時間申込可能

基本的には本物の社印と同じフォントを使うことができる印鑑作成ソフトを使用しており、最後の仕上げ部分を手作業によりオリジナル印影になるように調整しています。
フォントは最大27書体からお選びいただけます。

価格は、個人認印が1,500円、法人角印が4,500円、法人丸印が5,000円となっています。

8. 電子印鑑サービス

パソコン上で印鑑を捺印・電子印鑑サービス printshop GRAP(グラップ)

電子印鑑サービス

・提供企業名:グラップ株式会社
・受け取りまでの日数:通常2~3営業日
・申し込みフロー:お問合せフォームから連絡

excel、wordなどあらゆるソフトで利用可能です。
また、現在使っている印鑑と同じになるように作成することも、新規の電子印鑑として作成することも可能となっています。

価格は、法人角印・丸印が4,800円、個人実印印鑑が2,500円、個人認印が1,000円となっています。

9. オフィス エス・アイ・ビー

オフィスエス・アイ・ビー

オフィス エス・アイ・ビー

・提供企業名:オフィス エス・アイ・ビー
・受け取りまでの日数:お振込み後1週間程度
・申し込みフロー:問い合わせフォームよりご連絡後、メールにて返信があり、必要事項を記入し、発注される印 鑑を所定の場所に鮮明に押印した申込書を、郵便・メール便などで送る。

現在使っている角印や個人認印の印影をスキャンし、透過処理を行った後、完成した画像をメールにて届きます。

価格は、法人角印が4,200円、個人認印が2,100円となっています。
※このサービスは、角印や認印を新規作成するサービスではありません

10. NSK

会社印、認印、代表者印、をパソコンで押印可能な電子印を制作します

NSK

・提供企業名:株式会社日本書技研究所
・受け取りまでの日数:約1週間
・申し込みフロー:メールもしくは、電話での申し込み
         ※電話の場合も最後はメールにて申し込む必要あり

一般的に流通しているような印鑑をすべて電子印鑑にすることができます。
また、自筆サインを電子印にすることも可能となっています。

価格は、法人角印が15,000円から、法人丸印18,000円から、個人認印が3顆で3,500円となっています。

※この電子印鑑サービスはmac OSでも使用可能です

まとめ

前述の通り、個人の認印であれば無料で使えるフリー電子印鑑サービスでも十分だと思いますが、ビジネスシーンで用いる社印などの場合は、セキュリティ面も考慮し、有料のサービスで作成することをお薦めします。

さらに、印刷、発送、FAXの手間が省け、ビジネス文書のスピーディーな処理が可能であること、紙やインクの削減につながりエコであることなど、電子印鑑には多くの利点が挙げられます。

なお、マネーフォワード クラウド請求書なら作成した電子印鑑を登録すると、簡単に電子印鑑が捺印されたPDFを作成することができ、メール送信が可能になります。もちろん、その電子印鑑はmacでも使用可能となっています。

ぜひ、一度活用してみてください。

BIZ KARTE編集部

「BIZ KARTE Powered by マネーフォワード クラウド」は株式会社マネーフォワードが運営している公式メディアです。
マネーフォワード クラウドに関係する会計や経理などのバックオフィス業務をはじめとしたビジネスに役立つ情報を更新しています。



関連するマネーフォワード クラウドシリーズはこちら
マネーフォワード クラウド会計(法人会計ソフト)



「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料