エクセルで確定申告に必要な帳簿を作成できるサイト2選

final tax return excel

確定申告は申告書を作って提出すれば良いというわけではなく、申告書を作る土台となる帳簿がなければなりません。

本記事では個人事業主が確定申告する際に必要となる帳簿について解説し、それらの帳簿のフォーマットをエクセル形式で提供しているサイトを紹介したいと思います。

白色申告でも帳簿が必要!

よく「白色申告では帳簿を作成する必要がない」と誤解されている方がいらっしゃいます。

しかし税法改正により、平成26年1月から、すべての白色申告者に対して記帳、帳簿保存の義務化が始まっています。つまり白色申告をする方でも帳簿を作成しなければならないというわけです。

もちろん白色申告は青色申告にある特別控除が無いなど、メリットの少ない申告方法ですから、必要な帳簿も限られたものになります。具体的に作成が必要な帳簿は収入金額や必要経費を記載すべき帳簿です。これらは法定帳簿と呼ばれています。

帳簿の様式や種類について、特に定められてはいませんので、事業の実態に応じてエクセルなどで作成すればよいでしょう。一例を示すと以下のような様式が考えられます。

帳簿の形式案

その他の経費の欄については、事業の実態に応じて様々なものが考えられますので、適宜、加筆修正が必要です。そして、作成した法定帳簿については7年間の保存が義務付けられていますので、紛失しないよう大切に保管しておきましょう。

青色申告に必要な帳簿とは?

前述のように白色申告においても帳簿の作成が義務付けられたことから、手間がかからないという白色申告のメリットはあまりなくなってしまいました。そのため今後は青色申告をしようと考えていらっしゃる方も多いと思います。青色申告では、白色申告より高い水準で記帳をすることで、税務上有利な取り扱いを受けることができます。

青色申告における有利な取り扱いの代表に「青色申告特別控除」というものがあります。青色申告特別控除は、記帳の水準によって最高10万円または最高65万円を所得から控除できるというものです。

65万円の特別控除を受けるためには複式簿記(正規の簿記の原則※)により作成された損益計算書と貸借対照表を確定申告書に添付し、提出期限までに確定申告を行う必要があります。

一方で、正規の簿記の原則によらず、簡易簿記で記帳をした場合には10万円の特別控除しか受けることができません。それぞれに必要な主な帳簿を示すと以下の通りです。

青色申告特別控除65万円を受ける場合

仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳、預金出納帳、仕入帳、売上帳、商品有高帳、売掛金元帳、買掛金元帳、固定資産台帳など

青色申告特別控除10万円を受ける場合

現金出納帳、預金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳など

青色申告特別控除を受けるには、これらの帳簿をエクセルなどで作成するだけではなく、例えば仕訳帳に記帳された仕訳が、総勘定元帳や現金出納帳などと組織的に結びつき、これら帳簿組織から貸借対照表や損益計算書が作成されている必要があります。

※正規の簿記とは、所得税法施行規則第57条における、「資産、負債及び資本に影響を及ぼす一切の取引を正規の簿記の原則に従い、整然と、かつ、明りように記録し、その記録に基づき、貸借対照表及び損益計算書を作成しなければならない。」との規定に基づく記帳方法を言います。

つまり、貸借対照表や損益計算表を作成できる組織的な記帳方法であれば正規の簿記と言えるため、複式簿記だけが正規の簿記に該当するわけではありません。

しかしながら、通常、複式簿記以外の方法で正規の簿記の原則を満たすことは困難ですので、本稿では正規の簿記=複式簿記として説明いたします。

確定申告に必要な帳簿をエクセルで作成できるサイト

確定申告には適切な帳簿作成が必要だということをお分かり頂いたうえで、ここからは、青色申告に必要な帳簿をエクセル形式で無料提供しているサイトを紹介したいと思います。

これらのサイトから必要な書式をダウンロードして使用することで、帳簿作成を効率化することができると思います。

1.ビズバ!-「青色申告のメリット・デメリットと必要な帳簿

「ビジネスに関する疑問をズバッと解決!」をキャッチフレーズに、会計事務所シンシアが会計や税金について様々な記事を提供しています。この青色申告についての記事では、記事最下部から青色申告に必要な帳簿の様式がエクセル形式でダウンロードできるようになっています。

2.[文書]テンプレートの無料ダウンロード

[文書]テンプレートの無料ダウンロード-主要簿

[文書]テンプレートの無料ダウンロード-補助簿

エクセルやワードで作成したビジネス文書・手紙・はがきなど様々な書式を提供している「テンプレートの無料ダウンロード」さん。もちろん青色申告に必要な帳簿のテンプレートもあり、主要簿と補助簿にカテゴリ分けして提供されています。

まとめ

青色申告、白色申告に関わらず、確定申告には帳簿が必要なことがお分かりいただけたと思います。

本稿ではエクセルで帳簿を作成できるサイトを紹介いたしましたが、エクセルで自作するのが面倒だと思われた方には確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」をお勧めします。

確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」なら、クレジットカードの取引データなどを自動で会計データに変換し、確定申告に必要な帳簿はもちろん、申告書の作成まで簡単に行えます。

いずれにせよ、直前となって慌てることのないよう、日ごろから帳簿を作成し、確定申告に備えましょう!



無料で使えるクラウド型確定申告ソフト
確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や確定申告は、インターネットバンクやクレジットカード等の対応金融関連サービス連携数No.1の全自動確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。30日間無料でご利用可能!まずはお試しください!

Pocket