• 更新日 : 2022年4月8日

学資保険料は確定申告で生命保険料控除の対象?保険金にかかる税金も解説!

学資保険料は確定申告で生命保険料控除の対象?保険金にかかる税金も解説!

子供の進学のために加入する学資保険は、生命保険料控除の対象になります。所得税などの税金が低くなるので、学資保険に加入している人は忘れずに生命保険料控除を受けましょう。

会社員なら年末調整で生命保険料控除を受けられますが、個人事業主の場合は各種類の書類を用意して、確定申告が必要です。また、満期になると受取人は学資保険を受け取りますが、その際にかかる税金についても注意しなければなりません。

ここでは、控除を受けるための方法や必要書類の書き方、生命保険料控除の金額など、学資保険について解説します。

広告

学資保険料は生命保険料控除の対象?

はじめに、学資保険料が生命保険料控除の対象になるのか、雇用形態別に見ていきましょう。

確定申告を行う個人事業主・フリーランスの場合

確定申告を行う個人事業主・フリーランスの場合、学資保険料は生命保険料控除の対象になります。生命保険料控除を受けるには、国税庁に次の書類を提出します。

  • 必要事項を記載した確定申告書
  • 生命保険料控除証明書

年末調整を行う会社員・サラリーマンの場合

年末調整を行う会社員・サラリーマンの場合も、学資保険料は生命保険料控除の対象になります。生命保険料控除を受けるには、勤務先に次の書類を提出します。

  • 必要事項を記載した保険料控除申告書
  • 生命保険料控除証明書

学資保険の生命保険料控除の金額は?

生命保険料控除は、保険契約を締結した日によって以下の2つに分かれます。所得税法では、旧契約と新契約の生命保険の種類をそれぞれ次のように定めています。

    • 旧契約(平成23年12月31日以前に締結した保険契約)

「一般生命保険料」「個人年金保険料」

    • 新契約(平成24年1月1日以後に締結した保険契約)

「一般生命保険料」「個人年金保険料」「介護医療保険料」

学資保険は、どちらの契約であっても一般生命保険料に該当します。旧契約と新契約では、控除額の計算方法が異なります。

所得税の控除額

所得税の控除額は、旧契約と新契約それぞれ次の計算式にあてはめて計算します。これは「一般生命保険料」「個人年金保険料」「介護医療保険料」のいずれの保険でも同じです。

旧契約における生命保険料控除額

1年間の学資保険支払額
生命保険料控除額
25,000円以下
支払保険料等の全額
25,000円超 50,000円以下
支払保険料等×1/2+12,500円
50,000円超 100,000円以下
支払保険料等×1/4+25,000円
100,000円超
一律50,000円

※他に旧契約の個人年金保険料の支払がある場合は、合わせて10万円が控除額の上限です。

新契約における生命保険料控除額

1年間の学資保険支払額
生命保険料控除額
20,000円以下
支払保険料等の全額
20,000円超 40,000円以下
支払保険料等×1/2+10,000円
40,000円超 80,000円以下
支払保険料等×1/4+20,000円
80,000円超
一律40,000円

※他に新契約の個人年金保険料や介護医療保険料の支払がある場合は、合わせて12万円が控除額の上限です。

住民税の控除額

住民税の控除額も所得税と同様に、旧契約と新契約それぞれ次の計算式にあてはめて計算します。これは「一般生命保険料」「個人年金保険料」「介護医療保険料」どの保険でも同じです。

旧契約における生命保険料控除額

1年間の学資保険支払額
生命保険料控除額
15,000円以下
支払保険料等の全額
15,000円超 40,000円以下
支払保険料等×1/2+7,500円
40,000円超 70,000円以下
支払保険料等×1/4+17,500円
70,000円超
一律35,000円

※他に旧契約の個人年金保険料の支払がある場合は、合わせて7万円が控除額の上限です。

新契約における生命保険料控除額

1年間の学資保険支払額
生命保険料控除額
12,000円以下
支払保険料等の全額
12,000円超 32,000円以下
支払保険料等×1/2+6,000円
32,000円超 56,000円以下
支払保険料等×1/4+14,000円
56,000円超
一律28,000円

※他に新契約の個人年金保険料や介護医療保険料の支払がある場合は、合わせて7万円が控除額の上限です。

確定申告で学資保険の生命保険料控除を受ける方法は?

ここからは、確定申告で学資保険の生命保険料控除を受ける方法について見ていきましょう。

税務署へ確定申告書と生命保険料控除証明書の提出が必要

確定申告で生命保険料控除を受けるには、必要事項を確定申告書に記載する必要があります。また、保険会社から毎年、送られてくる生命保険料控除証明書も添付します。

確定申告書の書き方

生命保険料控除証明書を見ながら、確定申告書の次の箇所に必要事項を記載します。

学資保険料、確定申告、書き方

    • 第一表「生命保険料控除」欄

計算した控除額を記載します。

    • 第二表「生命保険料控除」欄

新・旧の生命保険料の欄に、それぞれの支払保険料金額を記載します。

確定申告書B 第二表 生命保険料控除

出典:確定申告書等の様式・手引き等(令和3年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告分)|国税庁
申告書B【令和3年分以降用】」を加工して作成

確定申告で学資保険の生命保険料控除を受ける方法は、次の記事でも詳しく解説しています。こちらをご参照ください。

年末調整で学資保険の生命保険料控除を受ける方法は?

次に、年末調整で学資保険の生命保険料控除を受ける方法について見ていきましょう。

勤務先へ保険料控除申告書の提出が必要

年末調整で生命保険料控除を受けるには、勤務先へ保険料控除申告書を提出する必要があります。確定申告の時期に勤務先から保険料控除申告書を受け取り、必要事項を記載して提出します。

また、保険会社から毎年、送られてくる生命保険料控除証明書も添付します。

保険料控除申告書の書き方

保険料控除申告書では、生命保険料控除証明書を見ながら次の箇所に記載します。

一般の生命保険料

枠内に保険会社の名前や保険の種類(学資保険)、支払金額などを記載します。

令和3年分 給与所得者の保険料控除申告書

出典:[手続名]給与所得者の保険料控除の申告|国税庁
令和3年分 給与所得者の保険料控除申告書」を加工して作成

保険料控除申告書の書き方は、次の記事で詳しく解説しています。
こちらをご参照ください。


学資保険の満期保険金を受け取るときも税金がかかる

学資保険で税金が関わってくるのは、保険料の支払時だけではありません。満期保険金を受け取るときも税金が関係します。

保険料の支払時は、控除によって納める税金を低くするのに対し、満期保険金を受け取ったときは、税金を支払います。学資保険の満期保険金に対する税金は、受取人や受取形式によって、次のように異なります。

受取人によって税金の種類が異なる

学資保険の満期保険金は、受取人によって、次のように税金の種類が異なります。

    • 保険料の支払者と保険金の受取人が同じ場合

この場合は「所得税」がかかります。例えば、父親が保険料の支払者と保険金の受取人になっている場合です。

    • 保険料の支払者と保険金の受取人が別の場合

この場合は、支払者から受取人への贈与と考え「贈与税」がかかります。例えば、父親が保険料の支払者、子供が保険金の受取人になっている場合です。

受取形式によって課税形式が異なる

学資保険の満期保険金には「満期保険金を一時で受け取る形式」と「年金として受け取る形式」の2つがあります。受取形式によって、課税方法が異なります。例えば、所得税については次のようになります。

    • 満期保険金を一時で受け取る形式

満期保険金を一時で受け取る形式では、所得税を「一時所得」として計算します。一時所得では特別控除額50万円があるため、満期保険金が50万円以下なら、所得税はかかりません。

    • 年金として受け取る形式

満期保険金を年金として受け取る形式では、所得税を「雑所得」として計算します。
雑所得の金額は、次の計算式で求めます。

満期保険金の雑所得金額=その年に受け取った年金額-受取額に対応する保険料(掛金の金額)

学資保険料は忘れずに申告し、生命保険料控除を受けましょう

学資保険料は、生命保険料控除の対象となる保険です。生命保険料控除を受けると、課税される所得金額が減らせるため、納める税金も低くなります。

個人事業主・フリーランスの場合は確定申告で、会社員・サラリーマンの場合は年末調整により生命保険控除を受けます。学資保険を支払っている場合は忘れずに申告し、生命保険料控除を受けましょう。

よくある質問

学資保険料は、生命保険料控除の対象になりますか?

はい。学資保険料は、生命保険料控除の対象です。詳しくはこちらをご覧ください。

学資保険の生命保険料控除額の計算方法とは?

旧契約、新契約によって、異なる計算式にあてはめて計算します。詳しくはこちらをご覧ください。

生命保険料控除は、どのように受けますか?

年末調整もしくは確定申告で控除されます。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド確定申告

確定申告に関するお役立ち情報を提供します。
確定申告ソフトならマネーフォワードの「マネーフォワード クラウド確定申告」。無料で始められてMacにも対応のクラウド型確定申告フリーソフトです。

関連記事