確定申告で振替納税を活用するための手続きと注意点

確定申告で振替納税を活用するための手続きと注意点

国税庁もおすすめの振替納税制度のメリット 確定申告の所得税を納税するための代表的な方法には以下のものがあります。 (1)金融機関や税務署で納付する 金融機関や税務署では現金で納付す…
振込で過払い税金が戻るのはいつ?

振込で過払い税金が戻るのはいつ?

払い過ぎた税金を取り戻すための確定申告をした人にとって、還付金がいつ振込まれるのか気になるところだと思います。 納め過ぎた所得税の還付金が振込まれるまでの一般的なスケジュールや確認…
国民年金を活用した節税方法

国民年金を活用した節税方法

国民年金は、所得税の確定申告では社会保険料控除に分類されます。 会社員の場合は年末調整で社会保険料控除を所得から控除されますが、自営業やフリーランスは、国民年金を確定申告で社会保険…
確定申告の延滞税について

確定申告の延滞税について

確定申告の遅延や修正によるペナルティのひとつとして、延滞税があります。 法律で定められた納付期限日までに税金を納めないと、滞納した日数にともなって延滞税が課せられます。 余計な費用…
預金利息の取扱い

預金利息の取扱い

銀行の預金利息も所得税の課税対象になることをご存知ですか。確定申告は年間所得金額に応じて所得税を申告しますが、預金利息はどのように取り扱われるのでしょうか。また、どのような場合に確…
老人扶養控除をする人の確定申告

老人扶養控除をする人の確定申告

確定申告の時に基本的な控除として大きな金額を占めるのが、扶養控除です。会社員であれば、年末調整時に用紙を配られて記入した経験のある人もいるでしょう。会社員は通常確定申告をする必要は…
所得税の予定納税

所得税の予定納税

通常は、申告する所得にたいして、翌年の2月16日から3月15日の期間内に確定申告を行い、支払うべき所得税が決まり、納税します。その支払う所得税について、おそらく前年と同じくらいだろ…
マイホームの税金について

マイホームの税金について

マイホームを購入、または売却したときに一定の要件を満たせば、確定申告をすることにより所得税の控除が受けられます。ここでは、確定申告のときに控除を受けられるケース、控除額の計算方法や…
障害者の控除について

障害者の控除について

障がいのある方、いわば所得税法上の「障害者」に該当する方は、確定申告において、さまざまな障害者控除を受けられる仕組みになっています。 特例には、障害者本人が受けるもの、障害者を扶養…
高額療養費について

高額療養費について

医療費を一定の金額以上支払った場合には、請求することにより高額療養費が支給されます。今回は高額療養費の内容と確定申告での取扱いについて解説していきます。 高額療養費の内容 高額療養…
傷病手当金の取り扱い

傷病手当金の取り扱い

皆さんは傷病手当金というものがどういうものかご存じでしょうか。じつは、ケガや病気が理由で会社を休まなければならず、休んでいる間は給与が支払われない場合に、健康保険組合等から傷病手当…
租税公課について

租税公課について

「租税公課」とは国や地方に納める税金(租税)と公共団体へ納める会費や罰金など(公課)を合わせた名前です。そして租税公課には、確定申告の際に経費算入が認められるものと、経費とは認めら…
基礎控除について

基礎控除について

確定申告や年末調整において、所得税額を計算するときに所得から差し引くことができる金額を「所得控除」といいます。所得控除は全部で14種類あります。 その中で、無条件に差し引くことがで…
雑損控除について

雑損控除について

所得控除のひとつに「雑損控除」があります。これは、地震や火事、台風や害虫被害など、自然現象や生物、人の行為が原因となる災害や盗難、横領などによって、資産が損なわれた場合に適用される…
申告分離課税

申告分離課税

所得の合計金額に課税する総合課税とは別に、特定の所得に対してそれぞれ単独の計算式で課税をしていくのが分離課税です。この分離課税の中にも天引きの源泉分離課税と確定申告が必要な申告分離…
保険料控除とは

保険料控除とは

個人や法人が納税額を確定させるために、申告手続きを行う確定申告。確定申告の際に、一定の条件を満たしている場合、生命保険料控除や地震保険料控除、社会保険料控除といった各種の保険料控除…
生命保険料控除について

生命保険料控除について

サラリーマンは毎月の給料から、所得税および復興特別所得税が源泉徴収(天引き)され、12月に会社が行ってくれる年末調整で所得税の精算が行われますので、税金の手続きは会社が代行してくれ…
確定申告で配偶者控除が認められる条件

確定申告で配偶者控除が認められる条件

配偶者がパートやアルバイトをしている場合、配偶者控除を受けるためには一般的に年間の給与収入を103万円までに抑えなけえばならないと言われています。この金額を少しでも超えるとどうなる…
還付手続

還付手続

1年間(1月1日~12月31日)に得たすべての所得については、所得税と復興特別所得税の金額を計算し、確定申告書を提出して申告・納税を行う必要があります。この手続きが確定申告です。確…
確定申告における扶養控除の条件とは?年齢別の控除金額まで解説!

確定申告における扶養控除の条件とは?年齢別の控除金額まで解説!

扶養控除に該当する条件 扶養控除とは、扶養控除対象となる親族がいる場合、一定額の控除が受けられる制度です。受ける控除額が多ければ多いほど、確定申告の際に納税額を抑えることができます…
確定申告時に受けられる国民健康保険料の控除額

確定申告時に受けられる国民健康保険料の控除額

今回は確定申告時に受けることができる国民健康保険料の控除額について解説します。 例えばあなたが自営業を営む個人事業主であったり、年度内に退職した人の場合、または転職活動中の人は国民…
確定申告の医療費控除について(計算方法など)

確定申告の医療費控除について(計算方法など)

思った以上にかかることの多い医療費。しかし一定の額を超えれば、確定申告の際に還付金を受け取ることができるのです。医療費控除全体を理解しながら、具体的な内容を確認していきましょう。ま…
【2020年版】確定申告の所得控除とは?医療費控除をはじめ控除金額や要件を一覧で紹介

【2020年版】確定申告の所得控除とは?医療費控除をはじめ控除金額や要件を一覧で紹介

所得控除とは 確定申告をする手続きのなかで、課税対象である住民税や所得税を計算する際に、所得から差し引くことのできる金額を所得控除といいます。 主に個人事業主、フリーランスの方を対…
計上可能な経費

計上可能な経費

確定申告とは、1年間(1月1日から12月31日)に所得のあった人が、所得税などの税金を納めることです。平成49年までは復興特別所得税もあわせて納める必要があります。 所得税の対象と…
所得税

所得税

国税における所得税の割合 我が国の税は、大きく分けると、以下の3分類に分けることが出来ます。 (1)所得に対する税:所得税、法人税 (2)消費に対する税:消費税など (3)資産など…
法人税

法人税

法人税とは 法人税とは、会社などの法人が事業を通じて得た所得(利益)に対して課せられる税金のことです。 法人税の所得の計算方法 法人税の所得の計算方法は、該当年度の益金より損金を差…
源泉所得税の仕組みと計算方法を解説

源泉所得税の仕組みと計算方法を解説

源泉所得税(源泉徴収税)とは 個人・法人問わず会社(事業者)が給与や報酬を支払うときに、一定の所得税額を差し引いてそれを納税者に代わって税務署に納める所得税のことをいいます。 課税…
消費税と地方消費税の違いは?納付対象者や納付方法、計算の仕方まで徹底解説!

消費税と地方消費税の違いは?納付対象者や納付方法、計算の仕方まで徹底解説!

消費税が8%から10%へ増税され、同時に軽減税率が導入されました。消費税率が変わると、その内訳である消費税と地方消費税も変わります。この記事では、消費税と地方消費税について、納付方…
譲渡所得

譲渡所得

マイホームや敷地、株式、ゴルフ会員権などの資産を譲渡することで生じる所得を譲渡所得といいます。ただし、事業用の商品や山林などの譲渡による所得は、譲渡所得には当たりません。ここでは、…
印紙税

印紙税

印紙税とは 印紙税とは、契約書や領収書などの文書を作成した際に、貼付する印紙代として国に納税する税金のことです。 印紙は印紙税法に定められている通り、課税物件の取引をする時に必要な…
相続税

相続税

相続税とは 相続税とは、相続が行われた際に課される税金のことを指します。被相続人が亡くなってから10か月以内に申告を行なう必要があります。 相続したタイミングで以下のケースに該当す…
酒税

酒税

酒税とは 酒税とは、酒類に間接税、流通税として課される国税です。かつては地租を抜いて国税収入の中で1位になったこともあります。 しかし、法人税や所得税の負担が高まったこともあり、平…
贈与税とは?条件から速算表まで解説!

贈与税とは?条件から速算表まで解説!

贈与税とは 贈与税は、個人から財産をもらったときにかかる税金で、暦年課税の基礎控除額である110万円を超える財産であった場合に課税されます。 その他に、自分が掛け金を払っていない生…
住民税

住民税

住民税とは 住民税とは、都道府県民税と市区町村民税の総称で地方公共団体が徴収する地方税のことを指します。住民が住んでいる地域の行政の経費を負担することが目的となっています。 個人だ…