• 更新日 : 2023年6月16日

ITエンジニアが副業で稼ぐ!案件探しは?在宅・土日OKって本当?

ITエンジニアが副業で稼ぐ!案件探しは?在宅・土日OKって本当?

サラリーマンがITエンジニアとして副業をしているケースをよく耳にします。土日だけ、週に1日だけなど、自分のリソースを活かして在宅で収入アップしている例もあります。この記事では、副業としてITエンジニアをする場合の案件探しや働き方にフォーカスをあてて解説します。

広告

\確定申告の書類は自動作成でカンタンに!/

広告
副業の確定申告をラクに行う方法

副業の売上・経費入力や、申告書の作成から申告作業まで、1つで完結するのが「マネーフォワード クラウド確定申告」。家計簿感覚で簡単に使えるので、初めての方にも多くご使用いただいています。

スマホのほうが使いやすい方は、アプリからも副業の確定申告が可能です。

マネーフォワード クラウド確定申告
詳細はこちら 無料で使ってみる

ITエンジニアに副業をおすすめする理由

ITエンジニアは副業としておすすめです。特に本業でITエンジニアとして働いている人は副業によって新たな分野へのチャレンジも期待できます。副業をおすすめする理由をご紹介しましょう。

副業でも上流・下流どちらの案件も見つかる

ITエンジニアの世界は日々めざましい速度で変化しています。そのため、常に新しい技術や分野において需要が生じていると言えます。

副業を行うことで、本業では触れられないような新しい技術や分野に挑戦することができる一方で、いわゆる「縁の下の力持ち」のような地道な作業も多く存在します。したがって、ITエンジニアの仕事は副業として考えても、システムの上流から下流まで数多くの案件があります。

スキルがあれば副業でも報酬が高め

一般にITエンジニアのスキルは市場で高く評価されています。案件によっては本業以上の報酬を得ることもあり得るでしょう。

副業の場合は自分で単価や条件を交渉できるため、自分の価値に見合った報酬を受け取ることができます。本業による評価とは別に副業において高い評価を受けることもあります。

どんな案件も経験になる

将来的にフリーランスとして独立したいと考えている人にとって、副業はそのステップになります。

副業を通じて実力や市場価値を客観視することができますし、技術力とは別にフリーランスに必要な経営や交渉などのスキルも身につけることができます。すなわち、本業では得ることのできない経験値を積むことができます。

ITエンジニアの副業にはどんな案件がある?

ITエンジニアの副業を考えたとき、その働き方が気になります。本業に支障のない範囲でどのようなケースがあるのでしょうか?

週1や土日だけ働く場合

週に1日や週末だけの場合は、あまり緊急性のない作業が中心となるでしょう。

まず、ウェブサイト開発が考えられます。例えば、企業や個人のウェブサイトの構築や改修の案件などです。緊急性はないものの、新しい機能の追加やデザインの改善など依頼主の要望に応じて作業を行います。

次に、アプリ開発のプロジェクトに加わるという働き方もあります。スマホアプリの開発やアップデートに関してiOSやAndroidなどのプラットフォームに対応したアプリの制作や機能追加などのチームに参加して担当分の作業をします。

そして、システム保守・運用において、既存のシステムやデータベースの保守・運用業務を担当することなどがあります。主としてシステムの安定稼働を確保するため作業やログの解析など緊急性を要しない業務が中心となります。

在宅やリモートで働く場合

時間やスキルなどにもよりますが、本格的にシステム構築のプロジェクトにも参画できます。

ウェブサイトやアプリケーションのユーザーが直接操作する部分をフロントエンドと言いますが、HTMLの作成やCSS、JavaScriptなどの技術を使用してこれらのユーザーインターフェースを構築する仕事などが考えられます。ある程度の開発期間が設定され、在宅やリモートでの作業により、画面のレイアウトや動作を実装します。

また、ウェブサイトなどの裏側にあたるサーバーサイドの開発をバックエンド開発と言いますが、データベースやAPIの設計・実装などをプログラミング言語を駆使して構築する作業も考えられます。

単発で案件を受ける場合

システム開発において、特定のウェブサイトやアプリの設計から実装までを担当する単発案件もあります。

また、ITエンジニアの仕事は実際のシステム構築以外にも考えられます。企業のIT戦略の策定やシステム改善の提案、プロジェクトの進行管理などのコンサルティング案件やソフトウェアやハードウェアに関する技術的なサポートを担当する仕事もあります。

ユーザーからの問い合わせやトラブルシューティングに応答する業務を担当するなどが挙げられます。

広告

\確定申告の書類をカンタン・自動作成!申告作業をラクに/

ITエンジニアの副業の探し方

実際にITエンジニアとしての副業案件を探す方法にはどんなものがあるでしょうか?できるだけいろいろなところに種をまいて可能性を広げることをおすすめします。

クラウドソーシング

自分の好きな時間にスキルを活かすことに重点を置きたいので、契約等の手数ができるだけ少ないほうがよいという人にはクラウドソーシングがおすすめです。

クラウドソーシングのメリットは、案件の種類も数が多く、自分のペースで働けることです。一方、デメリットは、良い案件は競争が激しいことや、一般に報酬が安いことなどです。

クラウドソーシングを利用する場合は、LancersやCrowdWorksなどのクラウドソーシングサイトに登録して、自分で案件を探す必要があります。

知り合いの紹介

人脈が多い人は、友人や同僚などから副業の紹介も期待できます。知り合いが関わっているプロジェクトや会社に、人は足りているか、募集はないかを聞いてみましょう。日頃から、自分のスキルや希望を周囲に伝えておくことが大切です。

紹介のメリットは、既知の信頼できる人から仕事をもらえるため、条件交渉がしやすいことです。一方、デメリットは機会が少ないことです。

派遣会社やアルバイト

ITエンジニア専門の派遣会社などを利用して副業を探す方法があります。まずは、レバテックフリーランスやフリーエンジニア.jpなど、いくつかの派遣会社にスキルを登録しておきましょう。

この方法によるメリットとは、契約が明確であるため安定した収入が期待できること、就業条件が明確に決まっていることです。一方、デメリットは、勤務時間が決められているため時間的な自由度が低いこと、アルバイトの場合には場所が制限されることです。

ITエンジニアが副業をする際に必要なスキルは?

ひと口にITエンジニアといっても多くの分野があり、持っているスキルもさまざまです。作業によってはあるスキルが絶対的に求められることもありますが、副業にあたってITスキルの考え方を3つにまとめてみました。

実は未経験でもできる案件はある

実は未経験でも可能なIT案件はあります。ITエンジニアの副業スキルといっても、高度な技術や経験ばかりが求められる訳ではありません。

例えば、データ入力や修正などの比較的簡単な作業を行う案件は多くあり、基本的なITスキルや知識があれば問題ありません。もちろん、その分報酬は高くはないですが、試しに副業を始めるには良いきっかけになります。

専門分野やスキルがあると副業もしやすくなる

自分の得意な分野やITスキルを活かし、より高度な案件に挑戦することも可能です。

例えば、プログラミング言語やフレームワークの専門知識、デザインセンス、AIの開発能力など、市場価値の高いスキルを持っていれば、より多くのクライアントから注目され、それに見合う報酬が得られます。

そのために、持てるITスキルを効果的にアピールするには、ブログを作成したり、SNSで発信したりすることも有効です。

コミュニケーション力や営業力があればマッチングもしやすい

実はITエンジニアの世界も、技術力だけではなく、人間関係が重要です。クライアントとのコミュニケーションは言うまでもなく、自分の価値を伝えたり、交渉したりするためにも営業力が必要です。

コミュニケーション力や営業力をつけるためには、こまめなメールや電話だけでなく、対面で話す機会を増やしたり、フィードバックを求めたりと日頃の努力が大切です。

ITエンジニアが副業をする際の注意点

ITエンジニアだけに限りませんが、副業であるかぎり本業を大切にしなければなりません。そのために気をつけておくべきことをピックアップしました。

本業との両立は必須

副業をすることで収入やスキルが増えるメリットはあります。しかし、本業をおろそかにしては本末転倒です。本業が基盤となってこそ副業ができるのですから、本業のパフォーマンスや評価を落とさないように注意しましょう。

また、本業と副業の間で板挟みにならないように、副業も本業も契約内容や就業規則を確認し、矛盾が起きないようにしておくことも重要です。

スケジュール管理を徹底する

副業をするということは、時間やエネルギーの消費が増えるということです。自分の体調や精神状態に合わせて無理なく仕事を続けられるよう、常にスケジュール管理が欠かせません。

副業の期限や納期をわかりやすくし、優先順位をつけて作業を分割しましょう。また、忘れがちですが、休息やリフレッシュの時間も十分に確保し、疲労やストレスを軽減しましょう。

必要な勉強やスキルアップも忘れない

副業を始める目的の一つに、ITスキルの向上や知見を広げることがあるかもしれません。

しかし、作業だけに集中して、成長に必要な知識の取得やスキルアップをおざなりにしてはいけません。

副業の経験やフィードバックを振り返って、自分の強みや弱みを把握し、補完すべきことがらを見つけ、常に学び続ける姿勢を持ちましょう。

確定申告など税金に関する知識も身につける

副業で収入が増えると、税金も増えるということです。したがって、副業で得た収入や経費に関する記録や書類はしっかりと保存し、管理すべきです。

そして、確定申告の方法や期限、控除のしくみなど、所得税などの知識も身につけておくことが大切です。記帳や税金の申告納付に不安がある場合は、税理士や税務署に相談することも検討しましょう。

ITエンジニア向け副業案件は多数!賢く収入アップしよう

今やITエンジニア向けの副業案件は多数あります。スキルを磨くとさらに収入アップもありますが、副業から得られる経験は本業に良い影響を与えることもあるでしょう。

副業を認める企業も増えてきていますので、まずは本業の就業規則などを確認してから、どのような副業を始めるのか検討してはいかがでしょうか?

広告
ハンドメイド作家・ブロガー 佐藤 せりな 様

マネーフォワード クラウド確定申告の導入事例

データ連携機能を使って、銀行やクレジットカードの明細データを自動で取り込むようになってからは、会計ソフトへの入力作業が減ったので、作業時間は1/10くらいになりましたね。

ハンドメイド作家・ブロガー 佐藤 せりな 様

右矢印アイコン もっと読む

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

関連記事

広告