• 更新日 : 2022年9月1日

個人事業主の国民年金は確定申告でいくら控除できる?厚生年金との違いも解説!

個人事業主の国民年金は確定申告でいくら控除できる?厚生年金との違いも解説!

国民年金は、個人事業主などが加入している年金です。その年に支払った国民年金の保険料は確定申告で控除を受けることが可能です。

そこで、ここでは国民年金保険料の控除の受け方のほか、前納したり、家族分の国民年金保険料を支払ったりした場合はどうなるのか?などについても詳しく解説します。

広告

個人事業主の国民年金はいくら控除可能?

国民年金の保険料を支払った場合、1年間に支払った保険料の合計金額を全額、社会保険料控除として控除できます。

社会保険料控除とは、健康保険や介護保険、国民年金や厚生年金などの保険料を支払った場合に受けられる控除のことです。個人事業主の場合は確定申告、サラリーマンで国民年金保険料を支払った場合は年末調整で控除を受けます。

社会保険料控除をはじめ、生命保険料控除基礎控除などの所得控除後の所得を「課税所得金額」といいます。所得税はこの課税所得金額に税率を乗じて求めます。

所得税額 =(所得 - 所得控除)× 税率

そのため、支払いの全額が所得控除となる国民年金保険料を支払えば、節税につながります。

国民年金と厚生年金の違いは?

ここで、国民年金と厚生年金の違いについて改めて解説をしておきます。わが国の公的年金には、20歳以上のすべての人が加入する「国民年金」と会社員などが加入する「厚生年金」があります。この2つについて、異なる点と共通する点を説明します。

国民年金と厚生年金の違い

国民年金と厚生年金の違いとしては、まず加入者要件が異なります。

公的年金の種類
加入の対象となる者
国民年金
個人事業主、学生、無職の人(第1号被保険者)
サラリーマンや公務員の配偶者で一定の人(第3号被保険者)
厚生年金
サラリーマンや公務員など(第2号被保険者)

国民年金と厚生年金の主な違いは次のとおりです。

国民年金は、20歳以上〜60歳未満のすべての人に加入義務があります。老後は、基礎年金として誰もが等しく受け取れる年金となります。年金として受給資格を得るためには、最低10年間保険を納める必要があり、満額を受け取るためには、原則として保険料の納付月数が480ヶ月必要となります。国民年金の1ヶ月の保険料は令和4年度で16,590円ですが、毎年改定されます。

一方、厚生年金は会社などに所属し、かつ要件を満たす人が必ず加入できる年金です。条件を満たすと自動的に加入する年金で、受給資格は最低1ヶ月の加入であり、老後に年金を受け取れます。厚生年金の1ヶ月の保険料は、その人の標準報酬月額等によって決まり、1人ひとり異なっていますが、保険料は会社と折半になっています。

国民年金と厚生年金の共通点

一方、国民年金と厚生年金に共通する点は以下のとおりです。

  • 老後、亡くなるまでの年金を支給する
  • 障害年金、遺族年金を支給する
  • 将来の物価変動を予測して年金を支給する

国民年金も厚生年金も予測不可能な将来のリスクに対し、国民皆年金制度によって社会全体で備えておき、生涯を通じて保障を続けるために必要な制度と言えます。

厚生年金についての詳細は、こちらの記事をご参照ください。

国民年金で控除を受けるための必要書類

国民年金で控除を受けるためには、「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」が必要です。「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」は、年金事務所から毎年11月ぐらいに送付されてくるハガキのことです。

社会保険料(国民年金保険料)控除証明書
引用:令和3年 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書(ハガキ)の見方|日本年金機構社会保険(国民年金保険料)控除証明書(令和3年10月)

「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」には「納付済額」「見込額」「合計額」の3つが記載されていますが、最下段の赤文字の「合計額」が社会保険料控除の対象となる金額です。

「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」を紛失した場合は、年金事務所に再発行を依頼します。

国民年金で控除を受けるための申告書の書き方

個人事業主が国民年金の控除を受けるためには、確定申告書に記載します。記入場所は、確定申告書の第二表の社会保険控除欄となります。社会保険の種類には「国民年金」、支払保険料には「社会保険料控除証明書」に記載されている金額を記入します。

国民年金だけでなく、国民健康保険などもあれば記入し、すべての合計額を算出します。

国民年金で控除を受けるための申告書の書き方

出典:申告書・申告書付表と税額計算書等 一覧(申告所得税)|国税庁申告書B 令和3年分以降用を加工して作成

個人事業主が年金制度で節税するコツ

国民年金については、前納することで少しだけですが安くできます。また、所得税の節税策としては、iDeCoなどの活用をおすすめします。

国民年金保険料の2年前納制度を利用

国民年金保険料の2年前納制度とは、国民年金の保険料2年分をまとめて支払うことで、2年間で15,000円程度の保険料が割引になる制度のことです。

国民年金保険料の所得控除額は、その年に支払った保険料の全額です。そのため、国民年金保険料を2年前納すれば支払った年において、その2年分の保険料すべての所得控除ができます。もちろん、前納分を各年分の保険料として各年度において所得控除することもできます。

このほか、6ヶ月前納、1年前納もあり、現金払いの場合は年平均で約1.8%の割引となっています。

口座振替やクレジットカードでの支払いではそれぞれ割引される金額が異なるため、割引率も異なります。

2年前納制度の手続方法 ①口座振替

口座振替による前納は、「国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書兼国民年金保険料口座振替依頼書」に記入し、金融機関か年金事務所に持参します。書式のダウンロードは、日本年金機構のサイトからできます。

2年前納制度の手続方法 ②クレジットカード

クレジットカードによる前納は、「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」に記入し、年金事務所に持参又は郵送します。書式のダウンロードは、日本年金機構のサイトからできます。

2年前納制度の手続方法 ③現金

現金による場合は、毎年2月1日から事前に申出書を受け付けています。詳細は、最寄りの年金事務所にお尋ねください。書式のダウンロードは、日本年金機構のサイトからできます。

家族分の国民年金を使って節税

配偶者や同居している親や兄弟、まだ就労していない学生や無職の子どもなど、納税者本人以外にもその納税者が納めている国民年金がある場合は、まとめて確定申告で社会保険料控除として所得控除することができます。

自営業やフリーランスが家族の国民年金も支払っている場合、日本年金機構から送付されてくる家族の「社会保険料控除証明書」を元に記入します。社会保険料控除の欄に家族の分の国民年金保険料の額をプラスして申告することで、節税効果が期待できるのです。

iDeCo(個人型確定拠出年金)を利用

iDeCoは、個人型確定拠出年金のことで、自分で選んだ金融商品にて運用し、将来に備える私的な年金制度です。年金としての受取は原則60歳以降にできます。

iDeCoにおいて、支払った掛金は全額が所得控除の対象になり、受け取るまでは運用益が非課税となっていますので、節税に大いに貢献する制度と言えます。確定申告では、社会保険料控除ではなく、小規模企業共済等掛金控除を使います。

年金とは違い、自らの掛金を自ら運用した成果が将来の受取額となります。

国民年金保険料を支払って賢く節税しよう

1年間に支払った国民年金保険料は、社会保険料控除として所得から控除できます。確定申告などで申告することで納める税金の金額が安くなります。

また、2年前納制度を利用したり、家族の保険料を支払ったりしている場合はそれらの金額も控除になり、さらに節税につながります。国民年金保険料を支払っている場合は忘れずに申告をして、賢く節税しましょう。

よくある質問

個人事業主の国民年金はいくら控除可能?

国民年金保険料を支払えば、その支払いの全額について所得控除が可能となります。 詳しくはこちらをご覧ください。

国民年金と厚生年金の加入者の違う点は?

国民年金の加入者は、個人事業主や学生など(第1号被保険者)と、サラリーマンの配偶者など(第3号被保険者)となり、厚生年金の加入者は、サラリーマンや公務員など(第2号被保険者)です。 詳しくはこちらをご覧ください。

国民年金保険料の2年前納制度とは?

国民年金の保険料2年分をまとめて支払うことで、2年間で最大15,000円程度の保険料が割引になる制度のことです。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド確定申告

確定申告に関するお役立ち情報を提供します。
確定申告ソフトならマネーフォワードの「マネーフォワード クラウド確定申告」。無料で始められてMacにも対応のクラウド型確定申告フリーソフトです。

国民年金の関連記事

個人事業主の節税の関連記事

フリーランスの関連記事

新着記事