• 更新日 : 2023年10月23日

営業スキルを活かせる副業探し!営業代行や営業支援ってどんな仕事?

営業マンにおすすめの副業は、営業代行や営業支援です。副業を考えている会社員は多く、営業で外回りをしている方であれば隙間時間を活用しやすいです。本業で培った営業スキルを活かせるため、無理なく副業を始められるでしょう。

本記事では営業マンの副業について、おすすめの仕事や始め方など詳しく解説していきます。

広告

なお、マネーフォワード クラウド確定申告では、会社員の方が確定申告する際に知っておきたい基礎知識や、確定申告の準備、確定申告書の作成方法・提出方法などを1冊にギュッとまとめた「会社員の確定申告丸わかりガイド」を無料で用意しております。

この記事を読む方におすすめ 会社員の確定申告丸わかりガイド
内容はこちら 無料登録でもらう

税理士監修で、副業の確定申告や、医療費控除などの控除の確定申告など、会社員の方に特化した分かりやすい内容となっているので、ぜひ参考にしてください。

広告

\確定申告は自動作成でカンタンに!/

広告
副業の確定申告をラクに行う方法

副業の売上・経費入力や、申告書の作成から申告作業まで、1つで完結するのが「マネーフォワード クラウド確定申告」。家計簿感覚で簡単に使えるので、初めての方にも多くご使用いただいています。

スマホのほうが使いやすい方は、アプリからも副業の確定申告が可能です。

マネーフォワード クラウド確定申告
詳細はこちら 無料で使ってみる

営業職が副業を始めるならどんな仕事がおすすめ?

営業の方が副業する場合は、普段の営業スキルを活かせるような仕事がよいでしょう。ここでは営業の方にはどのような副業が向いているか、解説します。

営業スキルを活かせる副業を探そう

営業の方の副業は、本業で培った営業スキルを活かせる仕事がよいでしょう。普段から営業している方であれば、応酬話法などのセールストークに加えクライアントの隠れたニーズを引き出せる力を持っています。他にも豊富な人脈やネットワークなどを持っている方も多いでしょう。このような営業スキルを活かせる副業が、営業の方にはおすすめです。

人脈が活かせる・増やせる仕事ならメリットも大きい

人脈が活かせる仕事や増やせる仕事なら、営業の方にはメリットが大きいです。営業の方であれば独自のネットワークや人脈を持っているため、人脈を活かせるような副業は向いていると言えるでしょう。

また副業によって、新たな人脈やネットワークを構築できる場合もあります。副業での人脈は、本業とは違ったルートや繋がりになる場合が多いため、これまでは知らなかったような人達と繋がれることもあるでしょう。営業の方であればこうして増やした人脈を本業で活かせるため、シナジーが高いと言えます。

将来に備えて他職種に挑戦するのもあり

営業以外の他の職種にチャレンジしてみるのも、おすすめです。営業の方が営業の副業をしても、新しいスキルの習得という意味では得るものが少ないかもしれません。全く営業とは違う仕事をすることで、スキルの幅を広げられるでしょう。

また異業種への転職を考えている場合は、一度副業で経験してみるのもおすすめです。副業として経験してみることで、仕事内容や待遇などが具体的に分かります。いきなり転職して失敗することを防ぐためにも、一度副業で経験してみるのもよいでしょう。

営業職の経験を活かせる副業は?

営業の方の副業に特におすすめなのが、営業代行です。営業代行がおすすめな理由には、下記の3つがあります。

  • 営業代行は営業経験がダイレクトに活きる
  • 「アポ取り」などのすぐに始められる仕事もあり
  • 営業支援など営業関連の仕事もおすすめ

1つずつ詳しく見ていきましょう。

営業代行は営業経験がダイレクトに活きる

営業代行であれば、普段の営業スキルや経験をダイレクトに活かせます。営業代行とは文字通り、個人や企業の営業を代行する仕事です。営業する商材は違うかもしれませんが、仕事内容としては営業のため違和感なく取り組めるでしょう。

「アポ取りのみ」などのすぐに始められる仕事もあり

営業代行と一口に言っても内容は様々で、中にはアポ取りをするだけの仕事もあります。例えば知り合いと企業を繋いで商談アポを取るだけで、報酬が貰える仕事もあります。また在宅でテレアポをする仕事もあるなど、スキマ時間にできるため始めやすいことも特徴でしょう。

営業支援などの営業関連の仕事もおすすめ

本業と同じ営業はしたくないけれど、営業スキルを活かしたいという方には営業支援もおすすめでしょう。例えば目標達成へ向けて営業マンのマネジメントを行う仕事や、営業マンの研修などもあります。事務仕事であれば、商談に使うプレゼン資料の作成もあります。どれも普段の営業スキルを活かせるため、取り組みやすいでしょう。

広告

\確定申告の書類をカンタン・自動作成!申告作業をラクに/

営業代行の副業の始め方や報酬の目安

初めて副業を始める方であれば、副業の始め方や報酬などが気になるでしょう。ここでは営業代行の始め方と、報酬の目安を紹介していきます。

案件探しはクラウドソーシングや副業紹介サイトから

副業で営業代行を始める方法としては、クラウドソーシングや副業紹介サイトに登録しましょう。副業として働く場合、基本的にはフリーランスとして仕事をすることになります。そのため働く会社を探すというよりは、案件を探すことになります。

クラウドソーシングや副業紹介サイトに登録して、希望に合う案件を見つけることがオーソドックスな始め方と言えるでしょう。副業で営業代行を行う場合フリーランスで案件を獲得していくことになるため、これまでの営業実績が分かるような資料(ポートフォリオ)を作成しておくと効果的です。

報酬の決め方と報酬額の目安は?

営業代行の報酬形態は案件によって様々ですが、主に下記の3種類があります。

  • 固定報酬型
  • 成果報酬型
  • 複合報酬型

固定報酬型は営業の成果にかかわらず、日当などが決められています。収入の予定がたてやすい代わりに、大きく稼ぐのは難しい形態と言えるでしょう。

成功報酬型は、営業成果の結果に応じて報酬が決まります。成果が大きければ報酬も高額になりますが、報酬が0という場合もあります。

固定報酬型と成果報酬型を組み合わせたのが、複合報酬型です。一定金額の報酬は固定されたうえで、成果に応じて報酬が増減します。

成果報酬型の場合は、仕事の内容によって単価が違います。例えばテレアポの場合はアポ1件について15,000~20,000円、商談の場合は10,000円~30,000円、受注の場合は売上の30~50%が一般的な相場と言えるでしょう。

営業職が副業をする際の注意点

営業職が副業をする際には、下記のような注意点があります。

  • 本業が副業OKか?本業に影響がないか?
  • 成果報酬型の場合は収入が得られない可能性がある
  • トラブルへの対処が求められることも
  • 経費や確定申告についても事前に調べておこう

副業の際には、上記のような注意点を意識することが成功の秘訣です。

本業が副業OKか?本業に影響がないか?

営業職が副業をする際の注意点の1つが、本業への影響です。そもそも、日本の企業は副業を認めていない場合が多いため、本業の会社が副業OKかを確認するようにしましょう。副業が問題ないのであれば、副業の内容や業務量をしっかりと職場へ報告することが大切です。

内緒で副業を考えている方もいるかもしれませんが、精神衛生上あまりおすすめできません。また副業に力を入れすぎて、本業に支障がでないようにしましょう。スケジュールを詰めすぎて体調を崩してしまっては意味がないので、副業はある程度割り切って行うことがポイントです。

成果報酬型の場合は収入が得られない可能性がある

二つ目の注意点としては、収入の保証がない点です。営業の副業では成果報酬型の案件が多いため、成果が上がらなければ報酬が0ということもあります。時間と労力をかけて仕事をしても、収入が無いという可能性もあるでしょう。そのため副業の収入をあてにしようとしている方には、営業の副業は向いていません。

トラブルへの対処が求められることも

トラブルが発生した場合、自分で対処する必要があることも注意点の1つです。会社勤務の営業であればトラブルが発生しても上司や会社が守ってくれますが、副業では違います。副業は基本的にフリーランスのため、トラブル対処も自分1人で行うようになるでしょう。一度トラブルが起こってしまうとその後の関係も悪くなってしまうため、良好なコミニュケーションが必要です。

経費や確定申告についても事前に調べておこう

副業をするのであれば、確定申告を意識する必要があります。国税庁の指針によると、副業の所得が20万円を超える場合には確定申告が必要とされています。サラリーマンの方にとっては確定申告に縁のない方は多いですが、副業を始めるのであれば無視できません。

確定申告は1年間(1月1日~12月31日)の所得を、翌年の2月中旬~3月中旬に申告手続きを行います。申告と同時に納税を行いますが、この際には経費が重要になります。経費をしっかりと計上することで所得の金額が抑えられるので、節税になるでしょう。副業収入を得るために使った費用は経費となる点も、理解しておきましょう。

参考:国税庁 No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人

営業職の経験・スキルを活かして副業を始めよう!

営業の方が副業を行う際には、経験・スキルを活かせる営業代行がおすすめです。営業代行であればスキル・人脈を活かして活躍できるだけでなく、副業で築いた人脈を本業にも活かせます。営業代行での副業を成功させるためには、本記事で紹介したような注意点を意識しましょう。副業を検討している営業の方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

広告
ハンドメイド作家・ブロガー 佐藤 せりな 様

マネーフォワード クラウド確定申告の導入事例

データ連携機能を使って、銀行やクレジットカードの明細データを自動で取り込むようになってからは、会計ソフトへの入力作業が減ったので、作業時間は1/10くらいになりましたね。

ハンドメイド作家・ブロガー 佐藤 せりな 様

右矢印アイコン もっと読む

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

関連記事

広告