• 更新日 : 2023年1月26日

源泉徴収票が手に入らない、もらえない時はどうしたらいい?

給与または報酬を受けた人が確定申告をするためには、源泉徴収票が必要です。給与または報酬の支払い者側は、1月31日までに源泉徴収票を発行する義務があります。会社員は、年末に給与明細と共に受け取ることが多いですが、フリーランスとして社外で仕事を請けたり、会社を退職したりした場合、受け取り方は異なるケースがあります。一般的には12月になると源泉徴収票が送られてきます。もし、年末になっても源泉徴収票が手元に届かない場合は、支払い先に催促をしましょう。

広告

\確定申告は自動作成でカンタンに!/

広告
来年の確定申告をもっとラクに

日々の取引入力、申告書の作成から申告作業まで、1つで完結するのが「マネーフォワード クラウド確定申告」。家計簿感覚で簡単に使えるので、初めての方にも多くご使用いただいています。

スマホのほうが使いやすい方は、アプリからも確定申告が可能です。

マネーフォワード クラウド確定申告
詳細はこちら 無料で使ってみる

退職した場合の源泉徴収票

年の途中で会社を退職した場合、源泉徴収票を退職時に受け取れないことがあります。本来、支払い者は退職後1か月以内に源泉徴収票を発行する義務があります。しかし、支払者の中には、年末に他の給与者の源泉徴収票と一緒に退職者の分も発行するところもあるようです。年末になっても源泉徴収票が届かない場合には連絡して、すみやかに発行してもらいましょう。

再就職した場合の源泉徴収票

年の途中で再就職した場合、年末調整は再就職先の会社で行います。その年に前職の会社から受けた給与があるならば、前職の会社から発行された源泉徴収票を、再就職先の会社に提出しなければなりません。前職の源泉徴収票がないと、再就職先の会社では年末調整ができません。前職の会社から源泉徴収票が届いたら、忘れずに再就職先へ提出してください。

広告

\確定申告の書類をカンタン・自動作成!申告作業をラクに/

源泉徴収票を発行してもらえない場合

では、支払い先が源泉徴収票を発行してくれない、または支払い先が倒産してどこに源泉徴収票を発行してもらえばいいか分からない場合は、どうしたらいいでしょうか。この場合、税務署に「源泉徴収票不交付の届出書」を提出します。ここでは3つの事例について説明します。

源泉徴収票を受け取らずに退職した後、会社が倒産

前項の「退職した場合の源泉徴収票」でも述べたとおり、退職の際に源泉徴収票を受け取れないことはよくあります。問題は退職後支払い先の会社が倒産してしまった場合です。源泉徴収票は給与の支払い者しか発行できない特殊な法廷調書です。支払い先の会社が倒産した場合には、所轄の税務署に行き、相談することをお勧めします。一般的な手続きとしては、税務署に「源泉徴収票不交付の届出書」を提出することになります。

支払い先が源泉徴収票を発行してくれない

年末になっても源泉徴収票が届かない、支払い先に連絡しても発行してくれないという場合の対処の方法です。給与等を支払った者は、源泉徴収票を発行することが法律で義務付けられています。年末になっても源泉徴収票が届かずに、いくら催促しても発行してくれないという場合は、所轄税務署に「源泉徴収票不交付の届出書」を提出することになります。「源泉徴収票不交付の届出書」を提出すると、税務署から支払い先に税務指導が入り、通常はこの段階で源泉徴収票を発行してくれます。

前職の源泉徴収票がなく再就職先で年末調整ができない

前項「再就職した場合の源泉徴収票」で述べたように、再就職した人は新しい会社で前職の源泉徴収票を提出して年末調整してもらいます。では、前職の源泉徴収票が年末調整までに手に入らない場合はどうしたらいいでしょうか。この場合は、自分で確定申告をすることになります。再就職した人は、新しい会社の年末調整担当者に説明し、前の会社に連絡を取ってもらうのもひとつの方法です。それでもだめなら、「源泉徴収票不交付の届出書」を提出するしかありません。

源泉徴収票を紛失した場合

支払い者側からすでに源泉徴収票を受け取った後、紛失してしまった場合はどうしたらいいでしょうか。源泉徴収票は給与または報酬の支払い者でないと発行できません。もしも、源泉徴収票を紛失した場合には、再発行を依頼しなければいけません。会社に勤めている人は、経理や総務に依頼すれば再発行してもらえます。年末はどこの会社も大変忙しい時期です。紛失に気がついたら、なるべく早めに連絡しましょう。

源泉徴収票が手元に届いたら、内容を確認し大切に保管しましょう。12月になったらすべての源泉徴収票がそろっているか調べ、不足分についてはすみやかに支払い先に連絡を取り、発行してもらいます。年末調整をする場合でも、確定申告する場合でも源泉徴収票が必要なことには変わりません。どうしても源泉徴収票が手に入らない場合は、所轄の税務署に相談しましょう。

参考:源泉徴収票不交付の届出手続|法定調書関係|国税庁

関連記事
源泉徴収されても還付金がある場合とない場合がある?
源泉徴収とは?正しい知識を身につけよう

広告

はじめての確定申告もラクラク安心に済ませる方法

確定申告がはじめての方や、簿記の知識に不安がある方、確定申告書類の作成を効率よく行いたい方は、確定申告ソフトの使用がおすすめです。

個人事業主向け会計ソフトの「マネーフォワード クラウド確定申告」は、確定申告の必要書類が自動作成でき、Windows・Macはもちろん、専用アプリも提供しています。

①取引明細は自動で取得

マネーフォワード クラウド確定申告|取引明細は自動で取得

銀行口座やカードを登録すると、取引明細を自動取得します。現金での支払いに関しても、家計簿のようなイメージで、日付や金額などを自分で入力することが可能です。

無料で試してみる

②仕訳の勘定科目を自動提案

マネーフォワード クラウド確定申告|仕訳の勘定科目を自動提案

自動取得した取引明細データや、受領後にアップロードした請求書・領収書などの情報をAIが判別し、仕訳を自動で入力します。学習すればするほど精度が上がり、日々の伝票入力が効率化されます。

機能の詳細を見る

③確定申告必要書類の自動作成機能

確定申告必要書類の自動作成機能

白色申告・青色申告の両方に対応しており、確定申告に必要な書類が自動で作成できます。また、マネーフォワード クラウド確定申告アプリで、スマホから直接の提出も可能です。印刷しての提出やe-Taxソフトでの提出にも対応しています。

広告
ハンドメイド作家・ブロガー 佐藤 せりな 様

マネーフォワード クラウド確定申告の導入事例

データ連携機能を使って、銀行やクレジットカードの明細データを自動で取り込むようになってからは、会計ソフトへの入力作業が減ったので、作業時間は1/10くらいになりましたね。

ハンドメイド作家・ブロガー 佐藤 せりな 様

右矢印アイコン もっと読む

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

源泉徴収の関連記事

新着記事

広告