• 更新日 : 2023年1月26日

無職・無収入でも確定申告が必要な場合

無収入の場合は原則として確定申告は必要ありません。しかし一般的な「無収入」の定義と、所得税法上の「無収入」の定義が一致していないために、実際には無収入とはならず確定申告が必要な場合があります。

今回は所得税法上の「無収入」の定義を正しく理解していなかったために起こってしまう、確定申告が必要なパターン3種類をご紹介します。

広告

\確定申告は自動作成でカンタンに!/

広告
来年の確定申告をもっとラクに

日々の取引入力、申告書の作成から申告作業まで、1つで完結するのが「マネーフォワード クラウド確定申告」。家計簿感覚で簡単に使えるので、初めての方にも多くご使用いただいています。

スマホのほうが使いやすい方は、アプリからも確定申告が可能です。

マネーフォワード クラウド確定申告
詳細はこちら 無料で使ってみる

退職日の勘違いで無収入でも確定申告が必要な場合

3月31日を退職日とすれば、確定申告は必要ないと思ってしまうかもしれません。

しかし確定申告の課税対象期間は1月1日から12月31日までの1年間となるため、4月1日から無収入でも1月1日から3月31日までの3か月間に給与をもらっていた場合は、確定申告が必要となります。

会社の事業年度は4月1日から3月31日までの企業が多いため、4月1日から3月31日まで無収入であれば確定申告は必要ないと誤解してしまうことがあるのです。

しかしこの場合は年の途中で退職し就職しなかった場合に当てはまるため、確定申告を必ずしなければならないわけではありません。確定申告をすれば納め過ぎた税金を取り戻すことができるという還付申告に該当します。

確定申告対象期間

確定申告の対象期間に合わせて12月31日に退職し、その後ずっと無収入であれば確定申告は原則として必要ありませんが、12月分の給与が翌年1月に振り込まれるような場合は、確定申告をすることによって納め過ぎた税金が還付されます。

給与は翌月20日払いというように、1か月ずれて支給されることがあります。そのためいくら給与の内容は12月に働いた分だとしても、受け取った年月日で判断されるため、翌年に振り込まれた給与分は確定申告をすることによって納め過ぎた税金を取り戻すことができるのです。

確定申告対象期間_12月分の給与が1月に振り込まれた場合

過納となっている税金を還付するための確定申告は、過去5年間に遡って行なうことができます。もし、まだ還付申告していない源泉徴収票があれば、確定申告の期間を待たずにいつでも税務署に申告することができます。

給与収入以外の収入がある場合

会社を辞めて給与をもらっていなければ確定申告は必要ないというわけではありません。給与以外に受け取った金銭がある場合は、確定申告が必要となります。収入を得る方法は給与だけではないため、注意が必要となります。

給与以外に受け取った金銭所得の種類
家賃収入不動産所得
競馬の払戻金一時所得
マンションの売却利益譲渡所得
生命保険の満期保険金一時所得

また相続による遺産分割で土地や建物を所有することになったり、金銭を受け取ったりした場合は、収入ではないため確定申告は必要ありませんが、相続税の申告対象となります。

広告

\確定申告の書類をカンタン・自動作成!申告作業をラクに/

そもそも収入があると自覚していない場合

個人的にお金を貸して返金利息を受け取っている場合であったとしても事業所得雑所得となるため、確定申告が必要となります。

その年分の所得金額の合計額が所得控除の合計額を超える場合で、その超える額に対する税額が、配当控除額と年末調整住宅借入金等特別控除額の合計額を超える人は、原則として確定申告をしなければなりません。

まとめ

本当に収入がない場合は、確定申告は必要ありません。

しかし雇用されていなくても、不動産を売却することがあります。土地を貸しているだけで不動産収入が入ることもあります。

会社に勤務していなくても、収入として入ってきたものは確定申告をしなければならない可能性があります。ただし相続によって手に入った資産に対しては、確定申告ではなく相続税による申告対象となる点で注意が必要です。

広告

はじめての確定申告もラクラク安心に済ませる方法

確定申告がはじめての方や、簿記の知識に不安がある方、確定申告書類の作成を効率よく行いたい方は、確定申告ソフトの使用がおすすめです。

個人事業主向け会計ソフトの「マネーフォワード クラウド確定申告」は、確定申告の必要書類が自動作成でき、Windows・Macはもちろん、専用アプリも提供しています。

①取引明細は自動で取得

マネーフォワード クラウド確定申告|取引明細は自動で取得

銀行口座やカードを登録すると、取引明細を自動取得します。現金での支払いに関しても、家計簿のようなイメージで、日付や金額などを自分で入力することが可能です。

無料で試してみる

②仕訳の勘定科目を自動提案

マネーフォワード クラウド確定申告|仕訳の勘定科目を自動提案

自動取得した取引明細データや、受領後にアップロードした請求書・領収書などの情報をAIが判別し、仕訳を自動で入力します。学習すればするほど精度が上がり、日々の伝票入力が効率化されます。

機能の詳細を見る

③確定申告必要書類の自動作成機能

確定申告必要書類の自動作成機能

白色申告・青色申告の両方に対応しており、確定申告に必要な書類が自動で作成できます。また、マネーフォワード クラウド確定申告アプリで、スマホから直接の提出も可能です。印刷しての提出やe-Taxソフトでの提出にも対応しています。

広告
ハンドメイド作家・ブロガー 佐藤 せりな 様

マネーフォワード クラウド確定申告の導入事例

データ連携機能を使って、銀行やクレジットカードの明細データを自動で取り込むようになってからは、会計ソフトへの入力作業が減ったので、作業時間は1/10くらいになりましたね。

ハンドメイド作家・ブロガー 佐藤 せりな 様

右矢印アイコン もっと読む

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

確定申告の必要性の関連記事

新着記事

広告