• 更新日 : 2021年11月19日

納税地とは?確定申告で提出先の場所はどこか、定義から解説!

納税地とは?確定申告で提出先の場所はどこか、定義から解説!

確定申告の提出先はどこの税務署でも良いわけではありません。各税務署には管轄があり、確定申告書を提出する時の納税地を管轄している税務署に提出します。

ただし、住まいが2ヵ所ある場合や引越しをした場合などは納税地の判断が難しいこともあるので、今回の記事では納税地の定義と調べ方について詳しく解説します。

広告

\確定申告の書類は自動作成でカンタンに!/

広告
来年の確定申告をもっとラクに

日々の取引入力、申告書の作成から申告作業まで、1つで完結するのが「マネーフォワード クラウド確定申告」。家計簿感覚で簡単に使えるので、初めての方にも多くご使用いただいています。

スマホのほうが使いやすい方は、アプリからも確定申告が可能です。

マネーフォワード クラウド確定申告
詳細はこちら 無料で使ってみる

納税地とは

納税地とは、確定申告や納税の基準となる場所のことです。確定申告書は納税地を管轄する税務署に提出します。

納税地の定義

確定申告における納税地は、納税者の状況によって主に以下の3つに分けられます。

  1. 日本国内に住んでいる場合、住民票に記載されされている住所地が納税地となります。
  2. 住んでいるのは日本国外でも、日本にも生活ができる住居のある人はその住居の所在地が納税地になります。
  3. 死亡した人の確定申告(準確定申告)をする場合は、死亡した本人が死亡時に住民登録されていた住所が納税地となります。実際に手続きを行う相続人の納税地ではないことに注意が必要です。

準確定申告について詳しくは「相続がある場合の確定申告のポイント」から手続き方法などをご確認ください。

確定申告の提出先である納税地・税務署の調べ方

多くの場合、納税地とは住民登録をしている住所を指します。確定申告書の具体的な提出先となる税務署は、国税局ホームページ「国税局・税務署を調べる」で探すことができます。
市・区・郡によって同じ県内でも所轄の税務署が異なりますので、管轄区域をしっかりと確認しましょう。

広告

\確定申告の書類をカンタン・自動作成!申告作業をラクに/

引越しをした場合の提出先

確定申告を申請する年の途中で住所を移転した場合も、提出する際の住所を管轄する税務署長が提出先であることは変わりません。つまり、移転後の住所の所轄税務署が確定申告の提出先になります。
また、移転する際には「納税地の異動に関する届出書」を、移転前の住所を管轄している税務署になるべく早く提出する必要があります。
住所を変更した場合の手続きなどは、次のページで詳しく解説しています。こちらもご参照ください。

海外転勤や移住をした場合の提出先

海外転勤や移住などの理由により、国内に住所および生活を営める住居がない方や、住所不定の方も納税義務は発生します。上記の3つのどれにも当てはまらない場合は次の順番で納税地を判断してください。

  1. 国内で事業を行っている場合、国内にある事務所や店舗などの所在地
  2. 事務所や店舗など以外で、引越し前などに納税地になっていた所(住所や居所)に親族などがそのまま住んでいる場合には、その住所や居所
  3. 1および2以外の場合で、家賃収入などの不動産収入を引き続き受ける場合は、その不動産の所在地(不動産が2つ以上ある場合には、主なる資産の所在地)
  4. 出国などで納税地が上記3つに該当しない場合は、、出国する直前の住所
  5. 1〜4以外の場合、本人が選んだ住所
  6. 1~5のいずれにも該当しない場合は、麹町税務署の管轄区域内の場所
  7. 納税地の特例

    以下の2つの場合は、納税地の特例が適用されます。ただし、納税地の特例を受けるには、現在確定申告を提出している税務署に、「所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書」を必ず提出しなければいけません。

  1. 国内に住所のほかに生活ができる住居を保有している人は、住所地ではない方を納税地とすることができます。
  2. 国内に住所または継続的に生活できる住居のいずれかがあり、さらに事業所なども保有している人は、その事業所などの所在地を納税地にすることができます。

e-Taxで確定申告できる

納税地が決まったら、管轄する税務署に確定申告書を提出します。しかし、確定申告は紙で税務署に提出するだけでなく、e-Taxで確定申告することも可能です。

e-Taxとは、電子申告(納税もできる)のことです。確定申告書やさまざまな届出書などを、インターネットを通じて税務署に提出することができます。家に居ながら、申告書を提出できるので、便利です。

e-Taxでの確定申告については、以下のページで詳しく解説しています。こちらご参照ください。

「納税地」を理解して確定申告書を正しく提出しよう

便利だからといって通勤途中の税務署に確定申告書を提出しても、そこが本来確定申告書を提出すべき税務署でなければ受領されません。事前に自分が確定申告を提出すべき税務署を国税局ホームページ確定申告書の提出先(納税地)で調べておく必要があります。

その際は必ず、税務署の住所だけでなく電話番号を控えておきましょう。記入方法等に疑問があった場合、所轄税務署に電話で問い合わせることができます。

また、住所変更をした方は「住所変更した場合の確定申告の提出先」を参考にしてください。

広告

はじめての確定申告もラクラク安心に済ませる方法

確定申告がはじめての方や、簿記の知識に不安がある方、確定申告書類の作成を効率よく行いたい方は、確定申告ソフトの使用がおすすめです。

個人事業主向け会計ソフトの「マネーフォワード クラウド確定申告」は、確定申告の必要書類が自動作成でき、Windows・Macはもちろん、専用アプリも提供しています。

①取引明細は自動で取得

マネーフォワード クラウド確定申告|取引明細は自動で取得

銀行口座やカードを登録すると、取引明細を自動取得します。現金での支払いに関しても、家計簿のようなイメージで、日付や金額などを自分で入力することが可能です。

無料で試してみる

②仕訳の勘定科目を自動提案

マネーフォワード クラウド確定申告|仕訳の勘定科目を自動提案

自動取得した取引明細データや、受領後にアップロードした請求書・領収書などの情報をAIが判別し、仕訳を自動で入力します。学習すればするほど精度が上がり、日々の伝票入力が効率化されます。

機能の詳細を見る

③確定申告必要書類の自動作成機能

確定申告必要書類の自動作成機能

白色申告・青色申告の両方に対応しており、確定申告に必要な書類が自動で作成できます。また、マネーフォワード クラウド確定申告アプリで、スマホから直接の提出も可能です。印刷しての提出やe-Taxソフトでの提出にも対応しています。

広告
ハンドメイド作家・ブロガー 佐藤 せりな 様

マネーフォワード クラウド確定申告の導入事例

データ連携機能を使って、銀行やクレジットカードの明細データを自動で取り込むようになってからは、会計ソフトへの入力作業が減ったので、作業時間は1/10くらいになりましたね。

ハンドメイド作家・ブロガー 佐藤 せりな 様

右矢印アイコン もっと読む

よくある質問

納税地とは何ですか?

納税地とは、確定申告や納税の基準となる場所のことです。 詳しくはこちらをご覧ください

納税地にはどのような場所がありますか?

住所地や居住地などが納税地になります。詳しくはこちらをご覧ください。

納税地を管轄する税務署はどのように調べればよいですか?

国税庁ホームページ「国税局・税務署を調べる」で探すことができます。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

関連記事

広告