事業所得

Pocket

事業所得とは、農林業・漁業・製造業・卸売業などの主に自営業者による、対価を得て継続的に行う事業から生じる所得。

ただし、不動産の貸し付けや山林所得、譲渡所得に該当する所得は除く。

事業所得金額は、総収入金額から必要経費を引いた金額のことである。

総収入金額には、通常の売り上げや仕入れ割引、リベートを受け取ったことによる収入、商品を自家で消費した場合のその価額等が含まれる。

必要経費には、売り上げに要した原価や給与、賃金、家賃、水道光熱費等が含まれる。

また、事業から得られた所得だと認められない所得のことは雑所得という。

雑所得には、事業所得の場合に選択可能な青色申告等ができない、純損失の繰り越し控除がないなどのデメリットがある。

事業所得と認められるためにはその経済活動が独立性・営利性・有償性をもち、かつ反復継続して営まれ、事業として行っているということを客観的に説明できなければならない。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。