配偶者特別控除

Pocket

配偶者特別控除とは、配偶者が38万円を超える所得を得ており、配偶者控除の適用が受けられない場合において、配偶者の所得の合計金額に応じて一定の所得控除が受けられることを指す。

ただ、配偶者の中でも、夫婦間で配偶者特別控除を受けることはできない。

控除適用の条件としては、民法の規定の配偶者であること(内縁は不可)や生計を共にしていること、他者の扶養親族ではないこと。そして一年を通して、青色申告者の事業専従者として一度も給与の支払いを受けていないこともしくは白色申告者の事業専従者でないことなどが挙げられる。

そうした前提条件に加えて、配偶者の控除を受ける年の年間所得合計が38万円以上および76万円未満である必要がある。

配偶者控除は、配偶者の年間の収入が103万円を超えた場合において(103万円から給与所得控除額の65万円を引くと所得38万円以下ということになるため)、控除を受けられなくなるが、配偶者特別控除はその金額の制限を超えて、所得の合計額が141万円までであれば控除を受けることができる。これは103万円の際の計算と同じで、所得の合計が76万円未満であれば控除を受けることができるためである。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を是非ご利用下さい。