二箇所から給与をもらっている場合

最近では、ワークシェアリングのようにさまざまな働き方があり、パートの掛け持ちをする人も増えてきました。会社の役員を兼務したり、会社員や契約社員とパートをかけもちしたりするなど、二箇所以上から給与所得がある場合は原則として確定申告が必要です。なぜなら、複数の所得は税や地方税を確定申告によって再計算し、正しい所得税を算出する必要があるからです。ただし、条件によって所得が控除されることや、申告の必要がない場合もあります。ここでは、二箇所から給与がある人の確定申告についてご紹介します。

年末調整をしていても確定申告は必要

通常、会社員であれば会社で年末調整を行うため、個人で確定申告をすることはないでしょう。しかし、二箇所以上の会社から給与を受け取っている場合、「主たる給与」であるか「従たる給与」であるか確認することが必要です。

「主たる給与」とは「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している人に支払う給与のことです。つまり、年末調整の書類を提出している会社から受け取る給与のことです。「従たる給与」とは、それ以外の給与を指します。

二箇所から給与がある場合、「主たる給与」を受けている会社で年末調整をしていても、「従たる給与」の会社では年末調整ができません。2つの収入を合算し総額で所得税を計算して、正しく公平に納税するために、確定申告をしなければなりません。

例えば、月額8万円のパートと、月額5万円のパートを掛け持ちしていたとします。通常ですと収入の多い月額8万円の会社で年末調整をすることでしょう。この場合、月額8万円のみの計算で課税されることになります。しかし、本来月額の合計は13万円です。1つの会社で月額13万円の収入がある人に比べて、所得税が低くなってしまいます。これでは不公平になるので、確定申告をして公平に課税しようというわけです。

(出典 No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人|国税庁)

確定申告が必要ない場合

二箇所以上からの給与がある人でも、確定申告の必要がない場合があります。「従たる給与」が年20万円を超えない場合、確定申告は必要ありません。

《注意点》

退職所得以外の所得(例えば頼まれてコンサルタントをし、報酬をもらった場合)が、年20万円を超えた場合は申告が必要です。

また、医療費控除の適用を受けるための還付申告を行ったり、災害などによる所得税の軽減免除などを受けたりする場合は、「従たる給与」が年20万円以下だったとしても確定申告をしなければなりません。なお、確定申告が不要な場合でも、住民税の申告はした方が良いこともあります。例えば、公的年金等の収入額が一定額以下で確定申告が不要となっても、「社会保険料」や「生命保険」などの各種控除を利用する場合です。詳しくはお住まいの市区町村にお問い合わせください。

確定申告をする際には、それぞれの会社からの源泉徴収票が必要となります。

源泉所得税を自分で確認する方法

源泉所得税がいくらは、給与所得の源泉徴収税額表にもとづいて算出されます。「主たる給与」を支払う場合の源泉徴収税額は、税額表の「甲欄」で求めます。「従たる給与」を支払う場合は、「乙欄」で求めます。月給制の場合は月額表を、日給制の場合は日給表を使います。賞与の場合は「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」を使うことがあります。

「従たる給与」に対しては、配偶者控除や扶養控除を受ける場合は、「主たる給与」で提出する、「給与所得者の扶養控除等申告書」の他に、「従たる給与についての扶養控除等申告書」が必要です。これを提出している人については、源泉徴収税額表の乙欄で求めた税額から、月額表の場合は控除対象扶養親族など1人につき1,610円、日額表の場合は、1人につき50円が控除されます。

まとめ

二箇所から給与所得を受ける人は「主たる給与」で年末調整を行った際に会社が提出する源泉徴収票をしっかり保管しておくようにしましょう。ポイントさえ押さえれば、確定申告は意外と簡単です。

参考URL:
No.2520 2か所以上から給与をもらっている人の源泉徴収|国税局

関連記事:
確定申告と年末調整の違い
確定申告の源泉徴収票の見方



無料で使えるクラウド型確定申告ソフト
確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や確定申告は、インターネットバンクやクレジットカード等の対応金融関連サービス連携数No.1の全自動確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。30日間無料でご利用可能!まずはお試しください!

Pocket