出産するなら確定申告しよう

出産が決まった人が確定申告をすると賢く節税ができることをご存知でしょうか?

ここでは出産と節税をつなげる「医療費控除」と、この控除制度を受けるために必要な書類の書き方について解説します。生まれてくる赤ちゃんのために使えたはずのお金をみすみす捨てることにならないよう、医療費控除制度についてよく理解しておきましょう。

「出産するなら確定申告」ってどういうこと?

「医療費控除」ってなに?

医療費控除とは自分自身や、その家族を含む「生計を一にする配偶者その他の親族」のために使った医療費に適用される控除制度で、支払った所得税から一定額の還付が受けられるというものです。払ったはずの医療費が形を変えて戻ってくるのです。

会社に勤めていて、毎年年末調整を受けている人の多くは基本的に確定申告は必要ありません。しかし医療費控除に関しては年末調整では所得税額に反映されないため、自分自身で確定申告をする必要があります。

控除の対象は治療費だけじゃない!

出産に伴って発生する治療費はこの控除制度の適用対象です。しかし控除の対象になる医療費は分娩費用だけではありません。妊娠したとわかった後の定期検診や検査などの費用のほか、通院費用まで対象に含まれます。

また出産で入院するときにタクシーを使った場合、このタクシー代も控除の対象です。実際に入院した場合にかかる費用も控除対象に含まれます。

医療費控除の対象にならない医療費は?

通院費用や入院時のタクシー代まで対象になるのなら何でも対象なのかといえば、そうではありません。

入院に必要だからと寝巻きや洗面具などを新たに購入した場合の費用や、入院時に病院食以外の出前や外食をした場合の費用は医療費控除の対象にはならないので注意が必要です。

とはいえ、分娩費用や入院費用など出産に伴って発生する大きな出費は対象になるため、何かと入り用な家族には嬉しい制度と言えるでしょう。

医療費控除を受けるためにはどうすればいいの?

医療費控除を受けるために必要な書類

医療費控除を受けるためには次の3つの書類を用意する必要があります。

①確定申告書AまたはB
②医療費の明細書
③医療費の領収書等

①には収入金額や所得金額を書く欄の他に「医療費控除」の欄が設けられています。この確定申告書で記入する医療費控除の金額の根拠を示すための書類が②と③です。

②は医療費の支払い先が多い場合、支払った医療費の額が大きい場合に添付する書類で、③は医療費控除の適用を受けるにはどんな場合にも必要になります。妊娠中で大変かもしれませんが、医療費の支払いをした時の領収書はその都度大切に保管しておきましょう。これがなければ受けられるはずの税金の還付も受けられなくなってしまいます。

医療費控除でいくら節税できる?

医療費控除は一体いくらくらいの節税になるのでしょうか。控除額の計算は次の計算式を使って行います。

(1年で支払った医療費の総額−保険金などで補てんされる金額)−{10万円(所得の合計額が200万円までの方は所得の合計額の5%)}=医療費控除額(最高200万円)

この場合の「1年」とは1月1日から12月31日を指します。したがってもし出産が年をまたぐ場合は1年毎に確定申告をする必要があります。

要注意!「保険金などで補てんされる金額」とは?

医療費控除額の計算式でポイントとなるのが「保険金などで補てんされる金額」です。これには健康保険組合、共済組合などから支給される出産育児一時金や家族出産育児金、出産費、配偶者出産費などが含まれます。医療費控除の対象となるのは、これらの金額を医療費の総額から差し引いた金額です。

最終的な控除額はここからさらに10万円、所得の合計額が200万円までの場合はその合計額の5%を差し引いた額になります。

「医療費の明細書」はこうやって書く!

最後に医療費控除を受けるために必要な書類の1つ、「医療費の明細書」の書き方について説明します。この書類は計算のもととなる支払い内容を記入する上段と、実際に計算式に基づいて計算する下段に分けることができます。

医療費の明細書 上段

こちらが医療費の明細書の上段です。

「医療を受けた人」の欄には氏名を記入し、「続柄」の部分には納税者から見た関係(妻など)を記入します。一番右の欄の「左のうち生命保険や社会保険などで補填される金額」には、それぞれの支払いに対する保険料などの金額を記入します。最後に最下段「合計」の欄に「支払った医療費」「左のうち生命保険や社会保険などで補填される金額」それぞれの合計額を記入して上段は完成です。

医療費の明細書 下段

下段では上段で計算した合計額をもとにして、医療費控除額を計算します。AからGを上から順に計算していけば簡単に導き出せるようになっているので、全く難しくありません。最後のGの金額が確定申告書の「医療費控除」の欄に入ります。

まとめ

妊娠・出産は何かとお金が必要です。子育てが始まればもっとお金が必要になります。医療費控除制度は確定申告をするだけで所得税額から一定額を還付してもらえるお得な制度。生まれてくる赤ちゃんに少しでもお金をかけてあげられるように、賢く節税しましょう。



無料で使えるクラウド型確定申告ソフト
確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や確定申告は、インターネットバンクやクレジットカード等の対応金融関連サービス連携数No.1の全自動確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。30日間無料でご利用可能!まずはお試しください!

Pocket