確定申告書Aの書き方

会社員として給与をもらっている人の大半は、確定申告をしなくても問題ありません。しかしいくつかの条件に当てはまる人は、確定申告をしたほうがお得になることがあるんです。その時に提出するのが確定申告書A。

ここではこの確定申告書Aが必要になる場合と、その具体的な書き方について紹介します。

確定申告書Aが必要になるのはどんな時?

確定申告と年末調整

そもそも確定申告はなぜ必要なのでしょうか。

この手続きは毎年1月1日から12月31日までの1年間に稼いだお金の金額と、それに対して課せられる所得税を計算するためのものです。しかし会社員は所得税を源泉徴収と言って、事前に給料から会社に天引きされる形で納めています。したがってわざわざ所得税を確定申告で納めなくてもいいのです。

一方で会社員の所得税は前年の所得をもとに計算されるため、必ずしもその人がその年に稼いだお金に対する所得税と一致しません。本来の税額より多い時もあれば、少ない時もあるのです。これを一致させる手続きが年末調整で、大半の会社員はこの手続きのための書類をいくつか提出するだけで所得税額のズレを修正できます。

どんな時に確定申告が必要なの?

確定申告が必要かどうかを判断するには、まず次の計算をしなくてはいけません。

①各種所得の合計額−所得控除=課税される所得金額
②課税される所得金額×所得税率=所得税額
③所得税額−配当控除額−(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額=X

このXの数字に残額がある場合で、さらに次の条件に当てはまる人が「確定申告が必要な会社員(給与所得者)」です。

①給与の収入金額が2,000万円を超える
②給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える
③給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計が20万円を超える
④同族会社の役員やその親族で、給与以外に貸付金の利子や店舗・工場などの賃貸料、機会・器具の使用料などの支払いを受けた
⑤給与について、災害減免法により源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた
⑥在日の外国公館に勤務する方や家事使用人の方などで、給与の支払を受ける際に所得税を源泉徴収されないこととなっている

また確定申告が必ずしも必要ではなくても、確定申告をすると余分に納めた税金が還ってくるという人もいます(還付申告)。

会社員(給与所得者)のうち次の各種控除制度を受けられる人は、確定申告をすると税金が還ってきます。

・雑損控除
・医療費控除
・寄附金控除
・(特定増改築等)住宅借入金等特別控除(年末調整で控除を受けている場合を除く)
・政党等寄付金特別控除
・認定NPO法人寄付金特別控除
・公益社団法人等寄付金特別控除
・特定震災指定寄付金特別控除
・住宅耐震改修特別控除
・住宅特定改修特別税額控除
・認定長期優良住宅新築等特別税額控除
・電子証明書等特別控除 など

確定申告が必要な場合はたいてい年末調整でズレが修正されるので、自分で確定申告をするケースは稀です。しかし還付申告については納税者の任意で行うもの。

(特定増改築等)住宅借入金等特別控除を除けば、年末調整の書類の中にこれらの控除制度についての書類がないことからもわかるように、税金の還付を受けるためには自分自身で確定申告をしなくてはなりません。

確定申告書Aの「A」って何?

このとき必要になるのが確定申告書Aです。しかしこの「A」とは何でしょうか。実は確定申告書にはAの他にBもあります。これは申告する所得の種類による様式の違いです。

給与所得や公的年金等・その他の雑所得や総合課税の配当所得、一時所得だけの人は確定申告書Aをそれ以外の不動産所得や事業所得などがある人は確定申告書Bを使用します。自分の所得の種類によって使い分けが必要ですが、ここでは基本的な確定申告書Aについて以下で簡単に解説していきます。

確定申告書Aの見方・書き方

確定申告書Aは大きく第一表と第二表の2枚の書類から構成されています。

確定申告書A第一表の見方と書き方

確定申告書A

(出典:申告書A(第一表・第二表)pdf|確定申告書の記載例|国税庁HP

まずは第一表について見ていきましょう。第一表が間違いなく作成できていれば、第二表はほとんど第一表の内容を書き写すだけで完成です。第一表は全部で次の8つのパートに分かれています。

①住所・氏名等
②収入金額等
③所得金額
④所得から差し引かれる金額
⑤税金の計算
⑥その他
⑦延納の届出
⑧還付される税金の受取場所
確定申告書A_第一表1

左側にあるのが②から④のパートです。

②は1年間の収入金額を記入する欄で、③は収入のうち課税を免除される給与所得控除や必要経費等を差し引いた金額を記入する欄となっています。

④は控除額の計算欄です。先ほど還付が受けられる条件になる控除制度として挙げた制度も、ここに記載されています。各制度に応じた計算方法でここに金額を記入していきます。

確定申告書A_第一表2

右側は⑤から⑧のパートで構成されています。

⑤は主に③と④のパートで計算した内容を使って税額を導き出すパートです。「配当控除」や「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除」などの控除額に関してはそれぞれの制度に応じた計算方法で算出した金額を記入しましょう。

⑥は配偶者特別控除を受ける人だけ、⑦は納税の期限を延長してもらいたい人だけ、そして⑧は還付申告をする人だけが記入します。

どのパートも確定申告書Aに書かれた指示に基づいて記入していけばいいので、作成自体はそれほど難しくありません。

確定申告書A第二表の見方と書き方

確定申告書A_第二表1

続いて確定申告書Aの第二表について見てきましょう。

ここでは主に第一表との違いについて紹介します。それ以外は基本的に第一表で計算した数字を転記するだけです。第二表は5つのパートで構成されています。

①住所・氏名等
②所得の内訳(所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額)
③雑所得(公的年金等以外)・配当所得・一時所得に関する事項
④住民税に関する事項
⑤所得から差し引かれる金額に関する事項
確定申告書A_第二表2

②は第一表で計算した収入金額の内訳を記入するパートです。

それぞれの「種目・所得の生ずる場所又は給与などの支払者」に対して所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額を計算し、その合計を計算します。

③は第一表に記入した数字と「種目・所得の生ずる場所又は給与などの支払者」、そして必要経費を記入します。④のパートはふるさと納税などの寄付金税額控除や16歳未満の扶養親族がいるなど、該当項目がある場合のみの記入で問題ありません。

確定申告書A_第二表3
確定申告表A_第二表4

右側半分を占める⑤のパートはそれぞれに該当する控除額を第一表から転記するだけで完成。「特例適用条文等」は(特定増改築等)住宅借入金等特別控除など、必要に応じて記入します。

まとめ

会社員が確定申告書Aを書かなければならない場面は限られています。しかし確定申告書Aを書くことによって納めすぎた税金が戻ってくる場合があることも知っておきましょう。

もしここで挙げた税金が還ってくる条件に当てはまるなら、うまく制度を活用して節税することもできます。よく制度を理解し、必要であれば確定申告ができるようにしておきましょう。



無料で使えるクラウド型確定申告ソフト
確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や確定申告は、インターネットバンクやクレジットカード等の対応金融関連サービス連携数No.1の全自動確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。30日間無料でご利用可能!まずはお試しください!

Pocket