材料費

Pocket

会計学における材料費とは、製品を製造するにあたり消費した物品の原価である。材料費は原価計算における製造原価の一部を占め、製造原価は材料費、労務費、経費で構成される。材料費は材料の取得原価であり、仕入と同様、付帯費用も含めた金額が材料費となる。

材料費の分類

材料費は「直接材料費」と「間接材料費」に分類される。
直接材料費とは「主要材料費」および「買入部品費」であり、主要材料費は製品の主要部分に用いられる物品の原価を指す。衣料品でいえば生地などがこれに該当する。
これに対し買入部品費は「外部から購入し、製品本体の一部として取り付けられる部品」の原価を指し、衣料品でいえばボタンやファスナーなどがこれに該当する。
間接材料費とは、製品を製造するために間接的に必要な物品の原価を指し、「補助材料費」「工場消耗品費」「消耗工具器具備品費」などがこれにあたる。
補助材料費とは、接着剤や塗料など、製品を製造する際に補助的に消費される物品の原価である。
工場消耗品費とは、製造機械に使用する機械湯など、製品を製造するために必要な消耗品の原価である。
また消耗工具備品費とは、金づちやドライバー、机・椅子など、固定資産として扱われない工具・器具・備品の原価を指す。
なお、直接材料費と間接材料費の違いであるが、「特定の製品の製造にかかった金額を個別に計算できるもの」が直接材料費にあたり、個別に計算できないものが間接材料費にあたる。

材料費の会計処理

材料費の会計処理は、材料の購入などにより材料が増える際と、製品の製造により材料を消費した際に行われる。また返品などによって材料が減った際も会計処理が必要である。仕訳としては次のようになる。
材料10万円を買掛金で購入した。
(借方) 材料 100,000 / (貸方) 買掛金 100,000
上記の材料のうち2万円分を返品した。
(借方) 買掛金 20,000 / (貸方) 材料 20,000
製品の製造にともない、材料5万円分を消費した。内訳は直接材料費4万円と間接材料費1万円である。
(借方) 仕掛品    40,000 / (借方) 材料 50,000
     製造間接費  10,000



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。