e-Taxによる確定申告

e-Taxによる確定申告

e-Taxとは

e-Taxとは、国税電子申告・納税システムのことで、インターネットを通じて確定申告などの申告や納税手続き、各種申請・届出ができるシステムを指します。具体的には、所得税、消費税、酒税や印紙税の申告ができることをはじめ、ATMやインターネットバンキングを利用することで、所得税、消費税などすべての税目の納税もできるほか、青色申告の申請、電子納税証明書の交付、納税地の異動届など税務に関する申請・届出も可能です。

2004年にe-Taxのシステムが登場することで、これまでは税務署に足を運び、手続きをするしか方法はありませんでしたが、時間の制約を受けることなく、オンライン上で各種手続きが進められるようになったわけです。

e-Taxのメリット・デメリット

まずは、e-Taxの利用におけるメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

  1. 時間の制約を受けることなく、インターネットを通じて24時間手続きができる
  2. 自動計算のため、計算ミスを防ぐことができる
  3. 各種書類の記載内容を入力し送信することで、領収書など書類の添付または提示が不要
  4. 還付申告の処理期間は、書面手続きより3週間程度短縮できる

デメリット

  1. ICカードの取得費用やICカードリーダライタの購入費用が別途かかる
  2. マイナンバーカード(ICカード)や電子証明書の取得、事前に電子申告・納税等開始届出書の提出が必要など、利用までの手続きが複雑

e-Tax利用するためには

e-Taxの利用にあたり、以下の準備が事前に必要となります。

パソコン及びインターネット環境の準備

一般的に普及しているパソコンであれば、e-Taxの利用は可能となりますが、利用環境の制限があるため、ご自身のインターネットの利用環境が推奨されている利用環境かどうかを国税庁のホームページで確認する必要があります。

マイナンバーカードカード(ICカード)の取得

マイナンバーカード(ICカード)を郵送、パソコン、スマートフォン若しくはまちなかの証明写真機から申請し取得してください。
マイナンバーカードの交付前に発行された住民基本台帳カードにも電子証明書が格納されています。住民基本台帳カードでも、有効期間内であれば継続して使用することができます。

ICカードリーダライタの購入

電子証明書はICカードに格納されているため、別途ICカードリーダライタを購入する必要があります。

電子申告・納税等開始(変更等)届出書の提出

電子申告・納税等開始(変更等)届出書を、所轄の税務署へ提出します。書面もしくはオンラインでの提出が可能です。

電子証明書の取得

e-Taxは、電子署名と電子証明書の機能を用いたセキュリティ対策が施されています。電子証明書は、公的個人認証サービスまたは商業登記認証局その他民間認証局等で取得できます。電子証明書の有効期限はそれぞれ発行する認証機関によって異なるため、各認証機関に確認する必要があります。取得方法は、ICカードリーダライタを用いてマイナンバーカードや住民基本台帳カードのICチップに格納されている電子証明書を読み取ります。ICカードリーダライタはお近くの電化製品量販店で3,000円程度で購入できます。ICカードリーダライタを新規購入した際は、事前にコンピュータへドライバをインストールする必要があります。国税庁ホームページ内の「確定申告特集」にある、事前準備セットアップツールを利用すると、必要なインストールがまとめて行えるので便利です。

利用者識別番号等の取得

開始届出書を提出すると、税務署より暗証番号と利用者識別番号が通知されます。オンラインで手続きを行えば、画面上ですぐに確認することができます。
また、書面で提出した場合は、後日、税務署から利用者識別番号等を記載した通知書等が送付されます。

e-Taxソフトのインストール

国税庁「e-Taxホームページ」より、『法人でのご利用をすぐに始める方はこちら』を選択して、e-Taxソフトをダウンロードします。そしてe-Taxに初めてログインしたら、初期の暗証番号の変更や、電子証明書および納税用確認番号等の登録を行いましょう。また、個人で申告する場合は、『個人でご利用の方』から『確定申告書を作成する』を選択して、オンライン上で作成・手続きが可能です。e-Taxソフトのダウンロードは不要です。

確定申告書作成

上記の準備で確定申告を行うための環境が整います。では、e-Taxを利用して確定申告を行いましょう。

e-Taxソフトでの申告

  1. まずは、申告書の作成に必要な決算書類や資料を準備します。
  2. e-Taxソフトを起動させて、各申告書類を入力・作成します。
  3. 提出する申告書類が一式そろったら、電子署名を添付して所轄の税務署へオンライン申告を行います。
  4. 作成した書類は、控えとして印刷しておくと良いでしょう。

会計ソフトとの連動で効率化

e-Tax対応の会計ソフトを導入していれば、会計ソフトの中にある決算データ等をe-Taxへ連携させて申告書を作成することができます。e-Taxへの入力や計算の手間が省けます。
まずは、国税庁「e-Taxホームページ」を利用しましょう。e-Taxに関するすべての情報が掲載されています。特に、「よくある質問」コーナーには、利用者から寄せられた問い合わせがまとめられていて、役立つ情報が満載です。それでも解決しない場合は、電子メールでの問い合わせができます。ただし、確定申告の時期は問い合わせが集中して、回答までに時間がかかる場合がありますので、余裕を持って問い合わせることをお勧めします。

電話でのサポート

e-Taxに関する手続き・パソコン操作等で電話での対応が必要な場合は、「e-Tax・作成コーナーヘルプデスク」にご相談ください(平日9時~17時)。

参考:
e-Tax・作成コーナーヘルプデスク(e-Tax)
電子メールによるお問い合わせ(e-Tax)

事前準の流れ(e-Tax)

【おすすめ】確定申告でお困りの方へ

マネーフォワード クラウド確定申告なら

  • 面倒な作業はすべて自動化
  • 万全のサポート体制で未経験者でも安心!
  • まずはお試し1ヶ月無料


マネーフォワード クラウド確定申告を無料で試してみる

監修:緒方 康人 (公認会計士 / 税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。

Pocket