配当控除

Pocket

配当控除とは、国内株式等の配当等について、総合課税分として確定申告をした場合に適用される税額控除である。

例えば、国内株式の配当は通常、法人税が課された後の利益を株主に分配するものだが、さらに所得税が課されると二重課税になる。これを排除する意味で、税額控除として設けられたものが配当控除である。

配当控除を受けるには総合課税として確定申告をする必要があるが、総所得金額が大きい人には不利になる場合もあるので要注意。

配当控除の計算法は、所得税と住民税とで相違しており、所得税の場合は課税所得1,000万円以下で配当所得の10%、課税所得が1,000万円超で1,000万円以下は10%+1,000万円超部は5%となる。

住民税の場合は課税所得1,000万円以下で配当所得の2.8%、課税所得が1,000万円超で1,000万円以下は2.8%+1,000万円超部は1.4%となる。



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。