マイナンバーは確定申告で必要? マイナンバーカード方式の確定申告を知ろう

読了まで約 7
マイナンバー 確定申告

今年も確定申告の時期がやってきました。税金に関してマイナンバーが関係してくることがありますが、確定申告の際にもマイナンバーカードがあれば便利なことをご存じでしょうか?
本記事ではマイナンバーカードを利用した確定申告について説明します。マイナンバーカードを持っていない場合の確定申告についても、あわせて理解しておいてください。

マイナンバーカードがなくても確定申告はできる

確定申告をする際には、自分や家族のマイナンバーを知っておかなければなりません。マイナンバーカードがなくても、マイナンバーを知ることは可能です。

確定申告書にはマイナンバーの記載が必要

確定申告書には、マイナンバーの記入欄があります。申告書A、申告書Bのどちらを使う場合でも、住所、氏名と合わせて自分のマイナンバーを記載しなければなりません。

なお、確定申告書には第一表と第二表があります。自分のマイナンバーは第一表に書きますが、第二表には配偶者や扶養親族等のマイナンバーを記入する欄があります。家族のマイナンバーについても把握しておきましょう。

マイナンバーを知るには?

マイナンバーを知るには、次の3通りの方法があります。

(1)通知カードを確認
マイナンバー制度開始にあたって、2015年10月から同年末までの間に、マイナンバーが記載された「通知カード」が住民登録してある住所宛に簡易書留で送られてきているはずです。通知カードを見れば、マイナンバーを知ることができます。

(2)マイナンバーカードを確認
マイナンバーカードを手元に持っている人は、マイナンバーカードで番号を確認できます。マイナンバーカードは通知カードと違い、申請しないと発行されません。マイナンバーカードの交付申請は任意になっているので、交付申請していなければ手元にないことになります。

(3)マイナンバー記載の住民票写しを発行してもらう
役所の窓口へ行けば、マイナンバーが記載されている住民票を発行してもらえます。手元に通知カードやマイナンバーカードがない場合、住民票を取ればすぐにマイナンバーがわかります。

マイナンバーカードの取得方法

マイナンバーカードの交付申請をするには、通知カードに同封されてきた交付申請書に必要事項を記入して顔写真を貼付して郵送する方法と、顔写真のデータを用意して交付申請用Webサイトからオンライン申請する方法があります。

交付申請後にマイナンバーカードが届くまでには1カ月程度時間がかかります。以下に説明する「マイナンバーカード方式」を利用する場合には、マイナンバーカードがなければできないので、早めに取得しておく必要があります。

確定申告のマイナンバーカード方式とは?

マイナンバーカードがなくても確定申告はできますが、マイナンバーカードを持っていれば、「マイナンバーカード方式」によりスムーズに確定申告ができます。

e-Taxで確定申告する方法は2種類

確定申告は、インターネット経由で行うこともできます。インターネットを利用した電子申告のことを「e-Tax」といいます。e-Taxを利用すれば、自宅のパソコン等からオンライン申告ができます。

e-Taxで確定申告するやり方としては、「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」の2つの方法があります。

ID・パスワード方式事前にIDとパスワードを取得してから行う方法
マイナンバーカード方式マイナンバーカードとICカードリーダライタを使用して行う方法

マイナンバーカード方式で確定申告するメリット

ID・パスワード方式でe-Taxを行う場合、事前に税務署に行って職員に本人確認を受け、IDとパスワードを発行してもらわなければなりません。マイナンバーカード方式なら、税務署に行く手間も省け、必要なものをそろえるだけですぐに確定申告ができます。

マイナンバーカード方式に必要なもの

マイナンバーカード方式で確定申告するには、次のものが必要になります。

(1)パソコン等
インターネットに接続可能なパソコンやスマートフォンが必要です。なお、2020年時点では、個人事業主はスマートフォンでは申告ができないので、パソコンを利用する必要があります。

(2)マイナンバーカード
マイナンバーカードを持っていない場合には、あらかじめ交付申請をして入手しておきましょう。

(3)ICカードリーダライタ
マイナンバーカードなどのICカードに書き込まれた情報を読み込むための機器です。電器店などで2,000円程度から購入できます。

なお、2020年以降、マイナンバーカード対応のスマートフォンを利用すれば、ICカードリーダライタなしでマイナンバーカード方式の利用が可能です。

マイナンバーカード方式のやり方

マイナンバーカードでe-Taxを行う大まかな流れは、次のようになります。

マイナンバーカードとICカードリーダライタを準備
マイナンバーカードがない場合には、マイナンバーカードの交付申請をして発行してもらいます。マイナンバーカード方式で手続きを進める際には、取得時に市区町村役場で設定した3種類のパスワード(利用者証明用電子証明書、署名用電子証明書、券面事項入力補助用)が必要になるため、パスワードの控えなどもなくさないようにしましょう。

ICカードリーダライタを持っていない場合には、電器店などで購入して準備します。スマートフォンでの申告が可能な人で、マイナンバーカード対応のスマートフォンを持っている人は、ICカードリーダライタは不要です。

事前準備セットアップを行う

確定申告書作成等コーナーを利用してe-Tax送信する環境を整えるために、必要なソフトのインストールといった事前準備が必要です。国税庁のWebサイトから事前準備セットアップファイルをダウンロードし、セットアップを行います。

確定申告書等作成コーナーで申告データを入力

確定申告書等作成コーナーにアクセスし、マイナンバーカードとICカードリーダライタを使って認証を行った後、指示に従ってデータを入力していきます。入力が終了して申告書が完成したら、電子申告用のデータとして保存します。

e-Taxを利用して送信

保存した申告データをe-Taxを利用して送信します。

マイナンバーカードがない場合の確定申告は?

マイナンバーカードを持っていない場合の確定申告は、従来の方式で書面提出するか、ID・パスワード方式でe-Taxをするかになります。

税務署に持参または郵送する方法

確定申告書の書式を用意し、必要事項を記入して申告書を完成させます。確定申告書の書式は、税務署でもらうか、国税庁のWebサイトからダウンロードします。

国税庁の確定申告書等作成コーナーを利用してWeb上で申告書を作成する方法もあります。この場合には、出来上がった申告書はe-Tax送信するのではなく、提出するために印刷します。

完成した確定申告書は、税務署の窓口に持参するか、税務署宛に郵送して提出します。

ID・パスワード方式でe-Taxを行う方法

マイナンバーカードを持っていない人がe-Taxで確定申告をしたい場合には、事前に税務署でID(利用者識別番号)とパスワードを発行してもらわなければなりません。運転免許証などの本人確認書類を持参して税務署に行けば、その日のうちに発行してもらえます。

確定申告書等作成コーナーには、IDとパスワードを入力してログインします。指示に従って申告データを入力していき、完成後に保存したデータをe-Taxで送信します。

まとめ

マイナンバーカードがなくても確定申告はできますが、マイナンバーカードを持っていれば事前に税務署に出向く手間を省いて、e-Taxによりスピーディーに確定申告できます。2020年1月以降、一部の人はマイナンバーカードを使ってスマホからのe-Taxも可能になっています。
これから確定申告する人は、マイナンバーカードをお手元に準備しておくのがおすすめです。

【参考】
国税庁 令和元年分 確定申告特集
マイナンバーカード総合サイト
e-Tax事前準備のご案内

※掲載している情報は記事更新時点のものです。

監修:並木 一真(税理士/1級FP技能士/相続診断士/事業承継・M&Aエキスパート)

並木一真税理士事務所所長
会計事務所勤務を経て2018年8月に税理士登録。現在、地元である群馬県伊勢崎市にて開業し、法人税・相続税・節税対策・事業承継・補助金支援・社会福祉法人会計等を中心に幅広く税理士業務に取り組んでいる。



【今ならキャンペーン実施中!】マネーフォワード クラウド確定申告

「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料