生命保険料控除

Pocket

生命保険料控除とは、支払った生命保険料、介護医療保険料などの額に応じて一定の金額が保険料負担者の所得から差し引かれる制度のこと。

生命保険料控除制度は平成22年度の税制改正により今の制度に改正された。平成24年1月1日以降に締結した生命保険契約からが新制度の対象になる。

新制度では、旧制度からの継続である生命保険が対象の「一般生命保険料控除」、個人年金保険が対象の「個人年金保険料控除」に加えて、医療保険や介護保険などが対象となる「介護医療保険料控除」が新設となった。

控除額に関しては、所得税からの場合は最大で5万円から4万円に、住民税の場合は最大で3万5000円から2万8000円に減額。

ただし、控除の種類が3種類に増えたため、人によっては所得税の場合で10万から12万円に控除額が増えることになる。

一方で住民税の場合の控除額は、最大でも7万円のままとなっている。

また、更新タイプの保険に関しては、平成23年12月31日までに契約を結んでいたとしても更新の際に新制度の対象となる。

関連記事
【生命保険料控除の基礎】対象となる保険契約と控除額、注意点を解説します
確定申告の生命保険料控除について|確定申告の基礎知識
確定申告における保険料控除とは|確定申告の基礎知識
年末調整に必要な「保険料控除申告書」の書き方
年末調整の保険料控除申告書の書き方|給与計算の基礎知識



法人会計をラクにするクラウド会計ソフト
会計ソフト「MFクラウド会計」

中小企業の経理業務はサポート充実の会計ソフト「MFクラウド会計」を是非ご利用下さい。