確定申告を代行してもらうメリットと注意点

outsourcing tax return

確定申告は事業主の方本人がすることも可能ですが、実は専門家に代行してもらったほうが、時間的に節約できるのはもちろん、金銭的にもお得になる可能性があります。

今回は確定申告を代行してもらうメリットと注意点について解説したいと思います。報酬相場にも触れていますので、顧問税理士を選ぶ際の参考にしていただければと思います。

確定申告の代行は誰に頼めばいい?

確定申告の代行と言えば、まず思いつくのが税理士ですよね。では、税理士以外の人に確定申告の代行を依頼してはいけないのでしょうか。この点について、税理士法から該当箇所を抜粋してみます。

税理士法第2条
税理士は、他人の求めに応じ、租税に関し、次に掲げる事務を行うことを業とする。
一  税務代理
二  税務書類の作成
三  税務相談”
“税理士法第52条
税理士又は税理士法人でない者は、この法律に別段の定めがある場合を除くほか、税理士業務を行つてはならない。

第2条において税理士業務を規定し、税理士業務をすることができるのは税理士(または税理士法人)だけであると第52条で述べています。したがって確定申告の代行は、やはり税理士だけしかできないことになります。

特に第2条では、単に「他人の求めに応じ」とあるだけですので、税理士業務を代行することで報酬を得ているか否かは関係なく、無償であっても税理士以外の人が確定申告の代行をした場合には税理士法違反となります。

もちろん税理士業務ではない業務、例えば「記帳」を税理士以外の人に依頼することはできます。しかしながら、記帳は確定申告のためにも必要です。記帳と確定申告を別の人に依頼することは、それらの人の間でデータのやり取りが発生し、非効率であるだけでなく、情報漏えいの可能性も増します。したがって確定申告だけでなく、記帳もまとめて税理士に依頼しておくのが得策です。

税理士に確定申告代行を依頼するメリット

白色申告であれ青色申告であれ、税理士に確定申告の代行を依頼する一番のメリットは、正確な確定申告を行えることでしょう。

税金に関するルールはとても複雑ですし、毎年変更があります。最新の法規則を個人事業主の方が事業をしながら完全にフォローすることは不可能に近いのではないでしょうか。万が一誤った申告をした場合には、追徴課税され余計なコストを支払う可能性もあります。

確定申告の代行を税理士に依頼することで、税金に関する問題は専門家である税理士に任せ、事業主は本業に集中する環境を整えることができます。確定申告の代行を税理士に依頼するメリットは他にもあります。

通常、確定申告の代行を税理士に依頼する場合、その税理士と顧問契約を結ぶことになると思いますが、税理士を顧問にすることで、節税のためのアドバイスや税務調査への立ち合いなどを行ってくれます。

また前述の通り、記帳代行を依頼することもできます。記帳代行には、記帳業務を減らす他にも、正確な財務データに基づく財務分析や経営アドバイスを受けることができるといったメリットもありますし、帳簿を正しく作成することで、青色申告の要件を満たし、65万円の特別控除を受けることも可能になります。

さらに、前々年の売上高が1,000万円を越える場合には消費税の納税義務が生じてくる可能性がありますが、消費税の申告も所得税の申告と同様煩雑であり、かなりの労力を要します。消費税申告も併せて税理士に依頼することで、これらのメリットを享受しながら、本業に集中する環境を整えることができます。

確定申告代行の報酬相場は?

それでは実際に確定申告の代行を税理士に依頼する場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

これについては、事業の規模や地域などによって変わってくるため一概には言えませんが、日本税理士連合会が10年ごとに行っている税理士実態調査が参考になるかもしれません。

第5回の税理士実態調査報告書によると、個人の顧問料は2万円前後が目安となるようです。ただし、この金額は月額顧問料ですので、年間では24万円の顧問料ということです。

さらに、確定申告の費用は別にかかり、これが顧問料の4ヶ月分~6ヶ月分と言われています。したがって、顧問料と確定申告費用を合わせて年間32万円~36万円くらいを見込んでおく必要があります。もちろん、売上や取引量が増えれば顧問料はさらに高くなりますし、逆に交渉次第では減額されることもあるでしょう。

とはいえ、顧問料だけで税理士を選ぶのは危険です。他のサービス業と同様、顧問料が安いのにはそれなりの理由があると考えるのが普通でしょう。せっかく税理士と契約したにも関わらず、前のセクションで挙げたようなメリットを受けられなければ本末転倒です。顧問料の多寡だけでなく、税理士の得意分野や実績などを考慮して顧問契約を結ぶ必要があります。

まとめ

確定申告の代行について、誰に頼めば良いのか、代行依頼するとどのようなメリットがあるのか、そして、そのための報酬はどれくらいかかるのかについて説明してきました。もしかすると予想以上に顧問料が高く驚いたかもしれません。

個人事業主の方は、顧問料をコストと捉えられがちですが、青色申告の65万円の控除のように税金を安くするだけでなく、記帳や確定申告の時間的・金銭的コストを節約し、経営分析などによる経営判断のサポートなど、実際には顧問料以上のメリットを税理士は提供しています。

確定申告の代行を依頼することで、このようなメリットを享受しながら、個人事業主の方は本業に集中できる体制を構築し、事業を成長させていってもらいたいと思います。



無料で使えるクラウド型確定申告ソフト
確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や確定申告は、インターネットバンクやクレジットカード等の対応金融関連サービス連携数No.1の全自動確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。30日間無料でご利用可能!まずはお試しください!

Pocket