山林所得を確定申告する時に知っておきたい計算方法

読了まで約 6

自分の山林を伐採・譲渡したときに生じる収入も所得のひとつです。その場合、山林所得として確定申告をします。

また、確定申告には「山林所得収支内訳書(計算明細書)」や「申告書第三表(分離課税用)」が必要になりますので、その方法をご説明しましょう。

山林所得とは

所有している山林を、木を伐採して譲渡、または伐採せず木が立ったままで譲渡して得た所得を山林所得といいます。

ただし、5年以内に取得した山林の譲渡は事業所得か雑所得になります。山林を山ごと譲渡する場合、土地の部分は譲渡所得になります。

山林所得の計算方法

山林所得に対する課税方法は、他の所得と区別して税金を計算する分離課税方式です。

長期間にわたり育てた山林を売却するにあたって税額があまりかからないよう、「分離5分5乗課税方式」がとられています。

山林所得とは、総収入金額から必要経費と各種控除額を差し引いた金額です。

1.総収入金額 : 山林を譲渡して得た売上金額が収入金額となります。
なお、山林を伐採して自分の家を建築するなど、自家消費した場合には、消費した時の時価が収入として計算されます。また、果樹園を売却した場合、果樹は山林にはあたらないため、山林所得ではなく譲渡所得となります。

2.必要経費 : 必要経費とは、売却した山林の取得費や管理費など、取得から売却までにかかった費用の累計です。経費には、取得費(植林のための費用も含む)、育成費(下刈のための費用も含む)、維持管理のために必要な管理費、伐採費や搬出費、仲介手数料などの譲渡費用があります。

3.概算経費控除 : 15年前の12月31日よりも前から所有していた山林を伐採したり譲渡したりした場合には、収入金額から譲渡費用を引いた金額の50%に、さらに譲渡費用をプラスした金額を必要経費として控除することができます。

4.森林計画特別控除 : 森林経営計画にのっとり、山林を伐採または譲渡した際には、次のイとロの金額のうちいずれか低い方の金額が控除されます。(「概算経費率」による方法によって必要経費を計算した場合にはイの金額)が控除されます。
イ 収入金額基準
(特例の適用がある山林の収入金額-譲渡費用)=A
(1)Aの金額が2,000万円以下のとき  A×20%
(2)Aの金額が2,000万円を超えるとき A×10%+200万円
ロ 所得基準額
(A-譲渡費用)×50%-(Aに対応する部分の必要経費-譲渡費用) 

概算経費控除方式を採用した場合としない場合の山林所得金額の計算式

一般方式の山林所得=販売収入-必要経費(植林費、取得に要した費用、管理費、伐採費その他育成・譲渡に要した費用、山林の災害、盗難、横領等の損失額)-森林計画特別控除-特別控除(50万円)

(注)概算経費控除を採用しない場合の森林計画特別控除は、販売収入の20%(収入金額が3,000万円を超える部分の控除率は10%)か収入金額の50%から必要経費を控除した金額のいずれか少ない金額となります。

概算経費控除方式を適用した場合の山林所得=販売収入(A)-伐採費、運搬費その他の譲渡経費(B)-(A-B)×50%-森林計画特別控除-特別控除(50万円)

税額の計算方法(分離課税)

山林所得は他の所得と分離して税額を計算し確定申告します。

「分離5分5乗課税方式」といわれるもので、所得税の超過累進税率を緩和するために採用された計算方式です。計算方法は次のとおりです。

山林所得の税額=課税山林所得金額 ×5分の1× 税率× 5

(例)課税山林所得が600万円の場合

課税山林所得600万円× 5分の1は120万円となります。なお、195万円以下の所得税率は5%です。

山林所得の税額=600万円× 5分の1×5%× 5=30万円

仮に「分離5分5乗課税方式」で計算しなかった場合の計算は次のようになり、「分離5分5乗課税方式」を適用することで、税負担がかなり軽減されていることが分かります。

課税山林所得600万円×税率20%-控除額42万7,500円=税額77万2500円

(参考 : No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円超330万円以下10%97,500円
330万円超695万円以下20%427,500円

山林所得収支内訳書(計算明細書)

山林所得は、「山林所得収支内訳書(計算明細書)」を使って計算します。

収入金額や必要経費、森林計画特別控除などを「山林所得収支内訳書(計算明細書)」に記入し山林所得を算定します。概算経費控除を適用する場合には、「取得費・管理費など」の最初の欄「概算経費率による場合」で計算します。

また、「分離5分5乗課税方式」を使用するため、他の所得と分けて税額を計算しなければなりません。「申告書B第一表、第二表」および「申告書第三表(分離課税用)」を使用して申告します。

まず、所得金額欄には「山林所得収支内訳書(計算明細書)」の「山林収入金額」「山林所得金額」の金額を書き写し、山林所得税額を計算します。山林所得の金額が赤字の場合、他の所得金額と損益通算することができます。なお、山林の売却などにより合計所得金額が 1,000 万円を超える場合には、「配偶者特別控除」の適用を受けることはできません。

まず、山林の所在地番、売った山林を伐採した林地の面積、木の種類や主な立木の樹齢数、また、数量(材積)を記入します。その後、以下の項目を記入していきます。

(1) 譲渡代金の総額を書きます。
(2) 山林の伐採に必要だった人件費などの費用、山林の譲渡にかかった費用(譲渡費用)の合計額を記入。
(3) 概算経費控除方式を使って計算した場合の経費を記入。
(4)「森林計画特別控除の特例」の適用を受ける場合に記入。
(5) 特別控除額は、500,000 円です。ただし、※の金額を限度とします。
(6)山林所得金額が計算されます。

まとめ

山林は取得してから収入を得るまで長い年数がかかります。その特殊性ゆえに、他の所得よりも税金の負担を軽減するため、「分離5分5乗課税方式」や「概算経費控除」などの特例が採用されています。

また、山林所得が赤字になった場合、ほかの所得金額か損失を控除する損益通算をすることも可能です。税法上大変有利ですが、確定申告では「山林所得収支内訳書(計算明細書)」や「申告書第三表(分離課税用)」を使用しなければならず、やや複雑な部分もありますが、少しでも理解して正しい申告を行いましょう。

関連記事

売却損がある人の確定申告
農業所得の確定申告

※掲載している情報は記事更新時点のものです。

監修:緒方 康人 (公認会計士 / 税理士)

税理士法人ゆびすい
ゆびすいグループは、国内8拠点に7法人を展開し、税理士・公認会計士・司法書士・社会保険労務士・中小企業診断士など約250名を擁する専門家集団です。
創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。
「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。
お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。



【おすすめ】確定申告でお困りの方へ

マネーフォワード クラウド確定申告なら

  • 面倒な作業はすべて自動化
  • 万全のサポート体制で未経験者でも安心!
  • まずはお試し1ヶ月無料
マネーフォワード クラウド確定申告を無料で試してみる

「マネーフォワード クラウド」シリーズのサービス資料