用紙の入手方法や印刷方法まとめ

自治体から申請用紙が送付される給付金制度とは異なり、確定申告は「申告納税制度」を採用しているため、納税者が自主的に申告する必要があります。自主的に納付する制度主旨であるため、確定申告をするための用紙を入手するところから始めることになります。

ここでは確定申告用紙の入手方法や、確定申告用紙をプリンターでプリントアウトする方法についてまとめました。

確定申告用紙の入手方法

「今年は医療費が10万円超えたから、確定申告すれば税金が戻ってくる」と思っていたとしても、国税庁から確定申告の用紙が送付されてくるわけではありません。

確定申告は給付金制度のように申請用紙が送られてくる制度ではないため、自分で確定申告書用紙を手に入れる必要があります。

確定申告用紙の入手方法として

1.税務署まで取りに行く
2.税務署から取り寄せる
3.確定申告の時期に設置される申告相談会場で入手する
4.自宅のプリンターやコンビニエンスストアのマルチコピー機からプリントアウトする

という4つの方法が挙げられます。

1の「税務署まで取りに行く」方法ですが、税務署が遠方にある場合や開庁時間の平日8時半から17時は仕事を休むことができず取りに行けない場合には最適な方法とはいえません。税務署まで取りに行く方法が困難な場合は、1以外の方法で入手します。

2の「税務署から取り寄せる」方法は、

・送付してほしい確定申告書の種類と部数
・必要な手引きなどの書類と部数
・申告内容

を明記し、

・自宅の住所を記載し重量に応じた切手を貼付した返信用封筒

を同封して税務署に送付することによって取り寄せることができます。

申告内容として「医療費控除の還付申告をする予定」「年の途中で退職したため」というように明記しておくことによって、確定申告書の種類や必要な書類を送付してもらうことができます。

3「申告相談会場で入手する」という方法もあります。

当日申告相談会場で記入しそのまま提出するか、一度持ち帰り記入してから後日提出することになります。

申告相談会場は確定申告の時期に限定されているだけでなく、相談会場に入るまでに非常に混雑することが考えられるため、余裕を持って行動することをおすすめします。

4の「自宅のプリンターやコンビニエンスストアのマルチコピー機からプリントアウトする」方法は、国税庁のサイトに掲載してあるPDFファイルを利用します。

確定申告書A

確定申告書B
(出典:確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等|国税庁HP)

自宅のプリンターからプリントアウトする場合は、ブラウザの印刷機能を使う方法があります。

また、コンビニエンスストアのマルチコピー機からプリントアウトする場合は、以下の手順によってブラウザで開いたPDFファイルを一度自分のPCにダウンロードする必要があります。

・PDFファイルの上で右クリック→名前を付けて保存
・PDFファイルの上でcontrolキーを押しながらクリック→イメージをデスクトップに保存

保存したPDFファイルをネットワークプリントサービスにアップデートすることによって、コンビニエンスストアのマルチコピー機からプリントアウトすることができます。ネットワークプリントサービスを利用するためには、会員登録などをあらかじめ済ませておく必要があります。

これらのPDFファイルは白紙のコピー用紙に確定申告書として印刷するため、住所や氏名、金額欄はすべて空白でプリントアウトされます。そのため、プリントアウト後は自分で記入する必要があります。

確定申告の用紙を入手するときに注意したいポイント

確定申告書はボールペンで記入するため、万が一書き損じてしまった場合に備えて2部用意しておくと安心です。

また市役所や区役所の市民税課でも配布している場合があります。税務署が遠方にある場合などは、問い合わせてみてもよいでしょう。

税務署まで取りにいったにも関わらず閉庁していたということのないように、あらかじめ所轄税務署の場所や開庁時間などを確認しておきましょう。
参考:国税局・税務署を調べる|国税庁HP

プリンターから確定申告書を印刷したいのにエラーが出てしまうといったトラブルが発生した場合は、こちらを参考にしてみてください。

参考:PDFファイルが開けない、印刷できないなどの場合はこちらをご覧ください|国税庁HP

まとめ

確定申告の用紙を入手する方法をご紹介しました。

確定申告書の実物でないと税務署が受領してくれないということにはなりません。また、カラー印刷でなくても白黒印刷の申告書も受領してもらえます。

プリンターがない場合や年賀状プリントでインクがなくなってしまった場合は、ネットワークプリント機能を利用して、コンビニエンスストアのコピー機から出力する方法も是非活用してみてください。



無料で使えるクラウド型確定申告ソフト
確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」

日々の記帳や確定申告は、インターネットバンクやクレジットカード等の対応金融関連サービス連携数No.1の全自動確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」を是非ご利用下さい。30日間無料でご利用可能!まずはお試しください!

Pocket