サラリーマンの確定申告ガイド | やり方から経費にできる支出まで

サラリーマンの確定申告ガイド | やり方から経費にできる支出まで

会社と雇用契約を結んでいるサラリーマン(会社員)の所得税については、勤務先である会社が年末調整をするため、通常、確定申告の必要はありません。しかしサラリーマンであっても、状況によっ…
確定申告を税理士に代行してもらうメリットと費用、教えます

確定申告を税理士に代行してもらうメリットと費用、教えます

所得税の確定申告において、税理士に依頼するという選択肢はありますか? この記事では、個人が確定申告をするにあたって税理士に代行してもらうメリット、デメリットを解説します。また、税理…
土地取引に関する確定申告の注意点

土地取引に関する確定申告の注意点

土地取引の様態土地を売った場合は譲渡所得として、土地を貸して所得を得た場合は不動産所得として確定申告が必要になるなど、土地関係の取引と確定申告は切り離せないもの。今回は、確定申告し…
確定申告のペナルティについて

確定申告のペナルティについて

確定申告は、法律で決められた期間内(毎年2月16日から3月15日まで)に書類を提出し、税金を納めることになっています。 もし、申告期限を過ぎてしまった場合でも確定申告はできますが、…
滞納した場合はどうなるの?

滞納した場合はどうなるの?

確定申告を行う際、通常は定められた申告書を提出期限までに提出します。 しかし、どうしても期日に遅れてしまう場合や、修正が発生する場合があります。 確定申告書の提出期限は税金の納付期…
サラリーマンも青色申告 メリットと注意点を解説

サラリーマンも青色申告 メリットと注意点を解説

「仕事の経験を活かしてフリーランスとして週末起業しているけれど、赤字」「不動産賃貸業をしているけれど、空室が多いため赤字」そんなサラリーマンの方は、青色申告によってより多くの税金が…
売却損がある人の確定申告

売却損がある人の確定申告

土地建物、株式などの資産を売却したときに、購入時よりも価格が下がってしまった場合、確定申告のときには所得金額から売却損分を控除してもらうことが可能です。ここでは、確定申告において損…
農業所得の確定申告

農業所得の確定申告

今回は農業所得がある人の確定申告について説明します。 平成25年までは、前々年分あるいは前年分の事業所得等の合計額が300万円を超えた人のみが、白色申告の記帳・帳簿等の保存が義務つ…
ふるさと納税の確定申告はこれで完ぺき!スマホでの申請方法も解説

ふるさと納税の確定申告はこれで完ぺき!スマホでの申請方法も解説

もはやポピュラーな節税対策となったふるさと納税ですが、最近ではスマートフォンやタブレット端末でも確定申告書が作成できるようになっています。 もちろん、ふるさと納税自体もスマホやタブ…
廃業届を提出する場合

廃業届を提出する場合

青色申告の承認を受けていて個人事業を廃業する場合や、収入の減少に伴い青色申告から白色申告へ変更する場合などにおいて青色申告をやめる際には、廃業届とともに税務署へ届出書を提出する必要…
役員報酬の確定申告

役員報酬の確定申告

会社役員も確定申告を行う必要があるのでしょうか? 役員報酬は、給与所得となるため、事業主が年末調整で所得税額を確定し、納税を済ませていますから、通常は確定申告の必要はありません。た…
アフィリエイターの確定申告|アフィリエイト副業収入の税金、申告しない場合について

アフィリエイターの確定申告|アフィリエイト副業収入の税金、申告しない場合について

自分のウェブサイトやメールマガジンに広告を掲載し、その広告を通して広告主のサイト上で商品購入などの取引が発生した場合、広告主から報酬を受け取るアフィリエイト。最近では副業としてアフ…
相続がある場合

相続がある場合

相続とは、ある人が死亡したときなどに、その人の財産を受け継ぐことです。財産とは銀行などにある預貯金や土地・建物などの不動産といった「正の」財産だけでなく、借入金や未納の税金など支払…
失業保険を受給している場合

失業保険を受給している場合

失業保険は課税対象にならない 会社を退職してから再就職までに一定の期間が空く場合には、失業保険を受給することができます。失業保険は、最低限の生活を保障するために支給されるものですか…
確定申告で控除の対象になる寄附とは?

確定申告で控除の対象になる寄附とは?

一定の寄附をすると寄附金控除が適用され、確定申告時に所得控除や税額控除を受けることができます。ここでは、確定申告時の寄附金控除の適用の範囲や控除のしくみについて説明します。 寄附金…
住所変更した場合の提出先

住所変更した場合の提出先

引越しや事務所の移転があった年の確定申告の提出先について、変更前の納税地に出すのか、それとも変更後の納税地に出すのかご存じですか? 海外に移転・移住した場合や、住民票がある住所地以…
一時所得を受け取った場合

一時所得を受け取った場合

「一時所得」とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。今回はこの一時…
海外転勤になった場合

海外転勤になった場合

国内に勤務する方が海外に転勤になり、一時的に日本に住まなくなった場合にも不動産所得など一定の所得は課税の対象になります。ここでは、出国するまでの税務上の手続きや海外勤務中の確定申告…
不動産所得の計算

不動産所得の計算

アパートやマンションを所有している人は、その賃貸料が不動産所得として税金が課せられます。しかし、不動産所得がある人でも、青色申告をすることでそのメリットを受けられます。 ここでは、…
サラリーマンでも確定申告が必要な場合とは?年末調整していても副業がある会社員は注意

サラリーマンでも確定申告が必要な場合とは?年末調整していても副業がある会社員は注意

サラリーマンは通常、確定申告は必要ないと思い込みがちです。しかし、サラリーマンでも確定申告が必要な場合や、した方がいい場合があります。それはどんな時なのか、実際の確定申告の方法と、…
確定申告でアルバイトが注意すべきことは?アルバイトにかかる所得税

確定申告でアルバイトが注意すべきことは?アルバイトにかかる所得税

一見馴染みがないアルバイトにとっての確定申告。しかし場合によってはアルバイトでも確定申告が必要な場合があります。ここではアルバイトが確定申告で注意すべきことをまとめました。 パート…
パートの確定申告

パートの確定申告

パートやアルバイトの収入は給与所得と見なされ、所得税が掛かります。所得税は、雇用主から年末の給与が支払われるときに年末調整によって精算されるのが原則です。ただし、パートやアルバイト…
代理人に依頼する場合

代理人に依頼する場合

確定申告書類の作成は、本人か税理士資格を持った人しかすることはできません。しかし、事情があれば、代理人に代わりに行ってもらうことが可能な場合もあります。今回は、確定申告を代理人にし…
退職した人の確定申告

退職した人の確定申告

「退職して今は働いていないのにどうして確定申告が必要なの?」「このあいだまで会社員をしていたので関係ないのでは?」と思う方もいらっしゃるかも知れません。しかし、実は退職したタイミン…
確定申告で不動産所得や家賃収入がある場合

確定申告で不動産所得や家賃収入がある場合

賃貸アパートからの家賃収入など、不動産所得がある場合には、確定申告や納税が必要です。しかし、確定申告をする際は不動産所得金額や納める税額の計算、必要書類の作成や用意など、さまざまな…