• 更新日 : 2023年3月23日

領収書はコンビニ決済を経費計上する場合に必要?発行方法は?

領収書はコンビニ決済を経費計上する場合に必要?発行方法は?

コンビニ決済を経費計上するためには、コンビニで発行されるレシートか領収書が必要です。希望すれば手書きの領収書を発行してもらえます。今回は、経費計上のうえで理解したいレシートと領収書の違いや、通販の代金をコンビニ決済する場合の領収書発行可否、宛名入り領収書の発行方法、領収書の取り扱い有無などを解説します。

広告
広告

コンビニでの決済を経費計上する際に必要な書類とは

コンビニで購入したものを経費計上する際は、必要な事項が記載された領収書、あるいはレシートが必要です。正しい経費処理のためには、書類を経費精算の証憑として使用するための必要事項や、領収書とレシートに違いがあるかについて理解しておきましょう。

ここでは、経費計上時に必要な記載事項と、領収書とレシートの違いについて解説します。

経費計上時に必要な記載事項

コンビニで購入したものを経費計上する際は、必要事項が記載されていれば、コンビニで発行されるレシート、あるいは領収書があれば問題ありません。

消費税法では、経費計上時に必要な証拠書類には、以下の事項を記載しなければならないと規定されています。

  • 書類作成者の氏名または名称(購入場所の店名)
  • 書類の交付を受ける事業者の氏名又は名称(宛名)
  • 取引年月日
  • 取引内容
  • 取引金額

このように、消費税法では原則宛名の記載を義務付けている点が特徴です。ただし、以下のように、不特定かつ多数の者に資産の譲渡等を行う業種との取引については、特例として宛名の記載を省略できると定められています。

  • 小売業
  • 飲食店業
  • 写真業
  • 旅行業
  • タクシー業
  • 駐車場業

参考:No.6621 帳簿の記載事項と保存|国税庁

そのため、コンビニで購入した商品を経費計上する際は、購入時に発行してもらえるレシートで十分です。

領収書とレシートの違い

領収書は、支払いの事実を明確に証明するものです。領収書とレシートは、記載内容が異なるのみであり、どちらも支払いを証明する書類であることから、税務申告に使用できます。実際、領収書は英語で「receipt」(レシート)であることからも、基本的には同じものであることがわかるでしょう。

レシートには、以下のような事項が印字されます。

  • 購入した店名
  • 購入日付
  • 購入した商品(利用したサービス)の品目
  • 単価

また領収書には、宛名が記載されることも特徴です。

領収書について、詳しくは以下を参考にしてください。

また、領収書とレシートの違いについては、詳しくは以下を参考にしてください。

広告

コンビニで領収書を発行してもらうには?

コンビニで買い物をすると、基本的にはレシートがもらえます。どうしても領収書が必要な場合、領収書を発行してもらえます。

ここでは、どのような手順で領収書を発行してもらえるのか、以下のケースごとに可否や発行方法を解説します。

  • 買い物の領収書を発行する場合
  • マルチコピー機を利用する場合
  • 通販等で買ったものをコンビニで決済する場合

買い物の領収書を発行する場合

コンビニで買い物をすると、基本的にはレシートが発行されます。領収書の発行を希望する場合は、支払い後に店員に希望すると、レシートと交換して発行してもらえます。レシートを捨てないよう注意が必要です。

交換したレシートは返却してもらえないため、領収書だけでは購入した商品や、各金額の詳細がわからなくなってしまうこともあるでしょう。必要な場合は、レシートの内容を交換前にメモしておくことが大切です。

なお、コンビニで商品を購入した場合、領収書の但し書きは「お品代」と記載することが一般的です。

マルチコピー機を利用する場合

コンビニのマルチコピー機でコピーしたり、住民票の写しなどを発行したりする際も、領収書を発行してもらえます。精算時や利用後に、レシートと領収書のどちらを発行するか選択できるため、領収書を選択すればマルチコピー機から領収書が発行される仕組みです。

間違えてレシートを発行してしまった場合でも、店員にその旨を申し出てレシートと交換すれば、手書きの領収書を発行してもらえます。

通販等で買ったものをコンビニで決済する場合

ネットショッピングの購入代金をコンビニで決済する場合、コンビニでもらえるのは払込受領書や振り込み票です。コンビニでは、領収書は発行してもらえません。

払込受領書や振り込み票も、領収書と同様に税務申告の際に利用できる書類です。領収書がほしい場合は通販サイトから発行できるため、自身でPDFをダウンロードし、プリントする必要があります。

広告

コンビニで手書きの宛名入り領収書は発行できる?

手書きの宛名入り領収書が必要な場合、商品を購入した店舗に希望すれば、領収書を発行してもらえます。店員さんにレシートを提示し、購入証明ができれば、レシートと交換する形で発行してもらえる仕組みです。

社会通念上、レシートよりも領収書のほうが信頼性は高いイメージがあるでしょう。しかし、領収書の方が税務上の信頼性が高いというわけではありません。税法上では経費精算の証憑として同じように使用できることを理解しておきましょう。

 コンビニで手書き用の領収書を売っている場合も

取引において、自身が領収書を発行しなくてはならない場面もあるでしょう。その際に何かと使用頻度が高い手書き用の紙の領収書は、必要な場面で足りずに困ってしまう可能性もあります。

実は、コンビニでも手書き用の領収書のセットが販売されている場合があります。店舗が狭く品揃えが最低限でない限り、文房具や事務用品のコーナーで見つけられるでしょう。

ただし、販売されているのは1種類であることが多く、デザインを選ぶことは難しいです。あくまでも、緊急で領収書が必要になった場合の対処法といえます。いざというとき、すぐに買いに行けるよう、領収書を取り扱っている近くのコンビニを把握しておくと便利です。

コンビニでも領収書を発行できる!

今回は、コンビニ決済を経費計上する際に必要な領収書について、必要な記載事項や、コンビニで領収書を発行してもらう方法などを解説しました。コンビニでは基本的にレシートが発行されますが、希望すればレシートと交換する形で領収書を発行してもらえます。しかし、領収書とレシートは同様に経費精算の証憑として使用できる点を理解しておきましょう。

また、コンビニでも手書き用の領収書のセットが販売されている場合もあります。もしもの時は、ぜひコンビニを探してみてください。

広告

請求書業務を自動化!マネーフォワード クラウド請求書

   見積書・納品書・請求書をテンプレートで簡単作成 電子帳簿保存法にも対応 Money Forward クラウド請求書

よくある質問

コンビニ決済を経費計上する際に必要な書類は?

購入場所の店名、取引年月日、取引内容、取引金額が記載されたレシート、あるいは領収書があれば、コンビニ決済を経費計上できます。詳しくはこちらをご覧ください。

コンビニで領収書を発行してもらうには?

レジで購入したものについては、購入後に希望すればレシートと交換する形で発行してもらえます。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

関連記事