• 作成日 : 2022年6月10日

インボイス制度で3万円未満の領収書も必要に!例外は?

インボイス制度で3万円未満の領収書も必要に!例外は?

2023年10月からインボイス制度(適格請求書等保存方式)が始まります。

これまで、3万円未満の仕入れについては領収書がなくても消費税の仕入税額控除が認められていました。しかし、インボイス制度導入後はこの特例がなくなります。

本記事では、インボイス制度において3万円未満に領収書が必要になる内容や例外について紹介します。

インボイス制度で3万円未満の領収書も必要に

2023年10月より導入されるインボイス制度のもとでは、税込み3万円未満の仕入れに認められていた特例がなくなります。領収書がなくても帳簿への記載だけで仕入税額控除が認められていた特例です。インボイス制度の導入後は、3万円未満でも領収書の受領と保存が必要になります。

これまで3万円未満の特例として認められていたものには、社内で使用するお茶やコーヒー、文具類の購入費などがあげられ、これからはこれらの購入にも領収書を受け取らなければなりません。

ただし、3万円未満のものでも例外があります。鉄道運賃や自販機で購入したものなど、請求書・領収書の発行を求めることが難しい場合です。これらについては、制度の導入後もこれまでどおり帳簿に記載するだけで仕入税額控除が認められます。

参考:インボイス制度の概要丨国税庁

そもそもインボイス制度とは

インボイス制度は、正式名称を適格請求書等保存方式と呼びます。取引の正確な消費税額と消費税率を把握することを目的に、課税事業者にインボイスの発行を義務付ける制度です。

インボイスとは、取引内容や消費税率、消費税額などの要件を満たした適格請求書のことです。軽減税率の導入で仕入税額の中に8%と10%という2種類の税率が混在しているため、正しい消費税の把握には適格請求書の交付と保存が必要とされました。

商品の価格と税率が記載された書類を作成して交付し、要件を満たした適格請求書を保存することで、消費税の仕入税額控除を受けることができます。

インボイス制度で必要な記載事項

インボイス制度では、以下の9つの事項を記載した適格請求書の交付・保存が必要です。

  1. 発行者の氏名又は名称
  2. 取引年月日
  3. 取引内容
  4. 受領者の氏名又は名称
  5. 軽減税率の対象である旨の表記
  6. 適用税率ごとに区分した合計額
  7. インボイス制度の登録番号
  8. 適用税率
  9. 税率ごとの消費税額の合計

制度の導入により追加されるのは7〜9の3点で、ほかは従来と同じです。登録番号の記載で事業者が特定しやすくなり、計算の合計を記載することで消費税の納入も簡単になります。

制度についての詳細は、以下の記事が参考になります。ぜひチェックしてみてください。

例外的に帳簿のみの保存が認められるケース

インボイス制度のもとで適格請求書発行事業者は、相手からの求めに応じて3万円未満の売上でも適格請求書を発行しなければなりません。

しかし、適格請求書を交付することが難しい場合は義務が免除され、取引の相手方は帳簿の保存だけで仕入税額控除が認められます。適格請求書を交付することが難しく例外となるのは、以下の取引です。

  • 3万円未満の公共交通機関による運賃
  • 卸売市場で行われる生鮮食料品等の販売
  • 生産者が農業協同組合などに委託して行う農林水産物の販売
  • 3万円未満の自動販売機などによる商品の販売
  • 郵便や貨物サービス

特急料金など旅客の運送に直接附帯する対価については特例の対象です。 一方で、入場料金など、旅客の運送に直接附帯するとはいえないものは特例の対象ではありません。

自動販売機などによる商品の販売とは、代金の受領が自動で行われる機械装置で購入することで、それだけで支払いやサービスの提供が完結するものです。自動販売機による商品の購入やコインロッカー・コインランドリーなどのサービスが該当します。

これに対し、スーパーに設置されたセルフレジのように精算だけ行うもの、コインパーキングのようにサービスの提供は別途行われるようなものなどは該当しません。

例外が認められる事項については、以下の記事でさらに詳しく紹介しています。

請求書が必要になる3万円未満の仕入れについて把握しておこう

これまで3万円未満の仕入れでは不要だった請求書や領収書でも、インボイス制度のもとでは必要になります。会社で使用するお茶や文具類など低額な支出でも、領収書等を受け取らなければなりません。
これには例外があり、公共交通機関の運賃や自動販売機、コインロッカーなどの使用料はこれまで通り領収書等は不要で、帳簿のみの保存が認められています。
マネーフォワード クラウドなら、「適用税率ごとに区分した合計額」や「制度の登録番号」など、インボイス制度に対応した請求書も発行可能となる予定です。さらに、発行した請求書は電子帳簿保存法の要件に則して「マネーフォワード クラウドBox」に自動で保存されます。
インボイス制度が導入される前に、請求書が必要になる3万円未満の仕入れについてよく確認した上で、対応を検討しておきましょう。

請求書業務を自動化!マネーフォワード クラウド請求書

よくある質問

インボイス制度開始後は3万円未満の領収書も保存が必要になりますか?

基本的に、一部の例外を除いて3万円未満の場合でも領収書が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

帳簿のみの保存が認められるケースはありますか?

請求書等の交付を受けることが難しい場合、例外的に帳簿のみの保存が認められるケースがあります。詳しくはこちらをご覧ください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

【監修】マネーフォワード クラウド請求書

請求書に関するお役立ち情報をマネーフォワード クラウド請求書が提供します。マネーフォワードクラウドは会計から人事労務までクラウドでDXを推進、バックオフィスの業務効率化を応援します。

関連記事