• 更新日 : 2024年5月23日

コスト削減とは?アイデア18選・業界別の企業事例も

企業のコスト削減とは?経費削減のアイデア・方法と成功事例も解説

企業のコスト削減には、人件費やオフィスコスト、経費などさまざまな方法があります。例えば、人件費削減には業務効率化やテレワーク導入が有効であり、オフィスコスト削減には賃料削減やテレワークの推進に役立ちます。

今回は、企業で取り組む削減について、対象コストやコストを削減するメリット、コスト削減の方法をご紹介します。コスト削減の手順と成功事例も併せて紹介しますので、企業のコストカットを検討している方は参考にしてください。

目次

企業で行うコスト削減とは?

コストとは、仕入れや商品製造にかかる原価だけでなく、利益を生み出すために必要な費用すべてを含みます。オフィスや工場などの家賃や人件費、通信費などが目に見えるコストです。

一般的に売上からコストを引いた金額が、企業の利益とみなされます。

企業がコスト削減に取り組む理由は、コストを減らせると売上金額が変わらなくても利益を増やせるためです。会議や事務処理にかかる時間のような目に見えないものをコストとみなし、従業員の効率的な稼働につなげようとする考え方もあります。

コスト削減のアイデア【人件費編】

コストを削減するには、「何にどれくらいの費用がかかっているか」「効率化や削れるものはないか」などさまざまな視点で支出を整理する必要があります。

企業の特性や業界に応じてカスタマイズし、実施することが重要です。また、コスト削減を目指す際は、従業員のモチベーションや企業文化に悪影響を与えないよう、慎重に計画と実行を進めることが必要です。

①人材の採用方法を見直す

人件費の削減としては、採用方法を見直すのがおすすめです。採用サイトへの掲載に頼るだけでなく、自社の従業員から友人や知人を紹介してもらう「リファラル採用」を取り入れるのもよいでしょう。

また、企業から直接求職者へアプローチする「ダイレクトリクルーティング」も有用です。ダイレクトリクルーティングを活用すると、不特定多数を対象とした大規模な説明会の開催を省略できます。

LinkedInやIndeedなどのプラットフォームを活用することでも、採用コストを抑えることができます。

②フレックスタイム制の導入

従業員が自分の働きやすい時間に仕事をすることができるため、無駄な時間外労働が減ります。これにより、時間外労働に支払う手当が減少し、人件費を削減できます。

従業員が自分の体調や私生活の都合に合わせて働けるため、無理をして出社することが減り、病欠が減少します。これにより、病欠による生産性の損失を減らすことができます。

③パートタイムや契約社員、業務委託、アウトソーシングなどの活用

プロジェクトや業務のピーク時のみなど、必要なスキルを持つ人材を短期間で雇用することで、人件費を抑えることができます。

事業の繁忙期や閑散期に応じて、必要な労働力を柔軟に調整することができます。これにより、不要な人件費の支出を避けることができるでしょう。

また、アウトソーシングを活用すれば、固定費用を変動費用に変換し、人件費、設備投資、維持管理コストなどを削減できます。特に、人件費の高い国で事業を運営する企業が、低コスト地域のアウトソーシングサービスを利用することで、顕著なコスト削減が可能です。その際は、サービスレベル合意(SLA)、費用、期間、機密保持、データ保護など、契約内容を詳細に定めることが重要となります。

④給与体系の見直し

給与体系を見直すことで、人件費をより効率的に管理することが可能になります。特に、非効率な支出を削減し、企業の財務状況に合わせた給与体系を構築できます。

成果に基づいた報酬制度を導入することで、従業員のモチベーションを高め、生産性を向上させることができます。従業員が自らの成果が直接報酬に反映されることを知ると、より一層の努力をするようになります。

⑤業務の仕組み化やマニュアル化を行う

業務フローの見直しや業務のマニュアル化を進めると、残業時間や新人の育成期間の短縮が可能になります。業務を仕組み化し、決まった手順で業務を進めることで、ミスの発生や修正作業による業務遅延の減少も期待できるでしょう。また、特定の人員にだけ負荷がかかるといった事態も避けられるため、労働環境の改善の実現にも寄与します。

さらに、業務の仕組み化やマニュアル化で業務の効率が向上すると、従業員1人あたりの生産性向上も期待できます。従業員の生産性が上がれば、結果として長時間労働や繁忙期の増員などにかかるコストのカットにもつながるでしょう。

⑥従業員の定着率を高め採用コストを抑える

求人媒体への広告掲載や求職者向け説明会の開催など、人材採用には多大なコストがかかります。多大なコストをかけて採用した人材がすぐに離職してしまうと、採用コストや教育コストを回収できません。また従業員の定着率が低い企業では、常に採用活動を行う必要もあります。

働き方改革や社内環境の整備で離職率の低下を目指すことは、採用活動にかかるコストの軽減だけでなく、企業の質向上にもつながります。

コスト削減のアイデア【オフィスコスト編】

①テレワーク・リモートワークの導入

テレワークを導入すると、通勤交通費やオフィスの水道光熱費の削減につながります。出勤する従業員の数を抑えられるのであれば、現在より規模が小さく賃料を抑えたオフィスへの移転も視野に入れられるかもしれません。

家庭の事情で通勤が難しくなった従業員も、テレワークであれば働き続けられる可能性があります。テレワークに対応した仕組みづくりは、企業側と従業員側双方がメリットを感じられるでしょう。

ワークライフバランスの改善により、従業員の満足度も向上すれば、離職率低下も期待でき、採用コストや新規従業員のトレーニングコストが削減されます。

②通信料の見直し

電話料金やインターネット料金などの通信料も、なくすことはできないコストです。しかし、見直しを行いやすい支出とも言えます。通信会社によっていくつもの法人向けプランがあり、事業規模や契約台数に応じて割引が適用される場合もあります。

一般顧客からの問い合わせ窓口を一本化したり、社用携帯の配布範囲や契約プランを見直したりすることによって、通信コスト軽減が可能です。

③リース・レンタルの見直し

オフィスに欠かせないPCやOA機器は、レンタルやリースを活用すると初期費用やメンテナンス費用を抑えられます。故障時の修理や代替機確保などのサポートも充実しており、最新の機器を取り入れやすいのもリースやレンタルのメリットです。また、古い機器と比較して新しい機器は電力消費を抑えられる傾向があり、ランニングコスト削減も期待できます。

機器の使用期間や台数によっては、レンタルやリースのコストが購入コストを上回る場合もある点には注意が必要です。

④賃料の交渉

「賃料の交渉」は、企業がオフィスコストを削減するための有効な方法の一つです。賃貸契約において、テナントとしては賃料を可能な限り低く抑えたいと考えますが、これには適切な準備と戦略が必要です。

契約の更新時は、賃料の見直しを提案する最適なタイミングです。また、地域の空室率が高まったり、市場価格が下がったりした場合、賃料の交渉を試みるチャンスでしょう。

賃料が高い理由、市場での競争状況、空室率など、交渉のためのデータを集めながらも、大家の立場や事情を理解し、双方にとって利益となる解決策を模索することが大切です。

また、長期契約を提案することで、大家に安定した収入を保証し、賃料の削減を交渉することができます。

⑤ペーパーレス化、コピー機の削減

書類や資料を電子化するだけでも、コピー用紙やインク代、文書保管スペースにかかるコストを軽減できます。請求書の電子化も、郵送コストの削減につながります。コピー機のレンタルやリースには、基本月額料金とは別に印刷枚数に応じたカウンター料金が加算されるのが一般的です。

ペーパーレス化によって印刷枚数はもちろん、コピー機自体を減らすことができれば大幅な印刷コスト削減が期待できます。さらにペーパーレス化は業務効率の改善にもつながるため、一石二鳥です。

⑥エネルギーコストの削減

企業がコスト削減を図る上で、水道光熱費や車両のガソリン代の削減は、日々の運営コストを効率化し、長期的な経費節約につながる重要な要素です。

LED照明、省エネ型の空調システム、高効率の給湯器など、エネルギー効率の高い機器への置き換えや、照明や空調の自動制御システムを導入し、無駄なエネルギー消費を削減します。例えば、不在時に自動でオフになる照明や、室温に応じて調整される空調システムなどの導入なども一案です。

太陽光発電や風力発電など、再生可能エネルギーの導入により、エネルギーコストを削減するのも良いでしょう。

コスト削減のアイデア【経費削減編】

①広告費の見直し

企業がコスト削減をする方法として、広告にかかる費用を見直すというものもあります。

広告費の妥当性を検証するためにも、消費者からの反響を数値化し、広告媒体や手法が自社のサービスや顧客に合っているかを分析しましょう。分析した結果、費用対効果が見合わない場合は掲載媒体やプランを見直します。

また、広告作成をすべて代理店に依頼するのではなく、自社で広告を作成し、その作成物を印刷会社に依頼することで広告費を削減する方法もあります。

②車両のガソリン代の削減

燃費効率の良い車両やハイブリッド車、電気自動車への置き換えにより、ガソリン代を削減します。

配送や営業車両のルートを最適化することで、走行距離を減らし、ガソリン消費を削減します。GPSやルート計画ソフトウェアを活用すると効果的です。

また、従業員に対して、急加速や急ブレーキの回避、適切な速度での運転など、燃費を改善する運転技術(エコドライブ)のトレーニングを行うのも良いでしょう。

③消耗品費のコスト削減

企業が日々の運営で消耗品にかかる費用を削減することは、全体的なコスト削減に大きく貢献します。

消耗品を一括で購入することで、卸売価格での割引を受けることができます。長期的に必要な消耗品を予測し、大量購入を検討してください。

また、定期的な購入や大量購入を行うことを前提に、サプライヤーと価格交渉を行い、より良い条件を求めます。

高価なブランド品ではなく、同等の機能を持つコスト効率の良い代替品を選択します。品質と価格を比較検討し、最適な選択を行うことも大切です。

④郵送代の削減

総務省は、25グラム以下の定形郵便の料金を現在の84円から110円へ26円引き上げる案を提案し、これが実現すると消費税増税を除き、1994年以来30年ぶりの値上げとなります。また、50グラム以下の郵便料金も94円から110円へと16円上げ、重量区分を撤廃する計画です。はがきの料金も7年ぶりに63円から85円へと上がる予定で、定形外郵便も約3割値上げされます。ただし、レターパックや速達については、利用者の利便性を考慮し、値上げ幅は抑えられる見込みです。

この料金改定は来年秋以降に実施される予定で、最終的な判断は来春に審議会によって行われることになっています。総務省は、改正省令を2024年6月に施行する計画で、日本郵便からの届出が必要とされます。この値上げ案には、25グラム以下の定形郵便だけでなく、はがきの値上げも含まれています。

従来の紙ベースの文書や通信を電子メールやオンラインドキュメント管理システムに置き換えることで、郵送にかかるコストを大幅に削減できます。また、契約書や重要な文書に電子署名を使用することで、書類の郵送が不要になります。

他にも、郵送業務を専門の外部サービスに委託することで、コスト削減につながる場合があります。特に、大量の郵送が必要な場合や、特定の郵送作業に特化したサービスを利用することが有効です。

クラウドインボイス送付

マネーフォワード クラウドインボイスでは、郵送からWeb送付への切り替えなどで、郵送コストを削減することも可能です。

資料はこちら(無料)

マネーフォワード クラウド請求書Plus

また、請求書発行から送付まで請求業務を一元管理して、コスト削減・業務効率化を図りたい場合は、マネーフォワード クラウド請求書Plusもおすすめです。

資料はこちら(無料)

 

⑤振込手数料の削減

企業が法人カードを発行して振込手数料を削減する方法は、賢明な資金管理戦略の一つです。

法人カードを活用することで、企業は振込手数料の削減だけでなく、現金フローの最適化、経費管理の効率化、さらにはリワードやキャッシュバックの恩恵を享受できます。

多くの法人カードには、カードを利用して支払いを行う際に発生する手数料が非常に低いか、場合によっては無料のものがあります。これにより、従来の銀行振込に比べて手数料を節約できます。

法人カードを使って経費を支払うことで、支払いプロセスを一元化できます。これにより、経理処理の手間を減らし、間接的なコスト削減にもつながります。法人カードの利用記録を通じて、企業の経費管理が容易になります。カード発行会社から提供される詳細な支出レポートは、経費の監視と分析を簡素化できるでしょう。

⑥出張費の削減

例えばWeb会議を活用して出張回数を削減することは、企業のコスト削減戦略として非常に効果的です。

交通費、宿泊費、日当などの直接的な出張経費だけでなく、出張に伴う時間的損失や生産性の低下に対する間接的なコストも削減します。飛行機や電車の運賃、ホテルの宿泊費、食事代などの出張にかかる直接的な費用を削減できるでしょう。

効果的なWeb会議を実施するためには、使いやすく、信頼性の高い会議ツールを選択することが重要です。Zoom、Microsoft Teams、Google Meetなど、様々なオプションがあります。

業界別のコスト削減アイデアと無料の事例集

続いて、業界ならではのコスト削減アイデア・コスト削減の肝と、クラウドを活用したコスト削減・業務効率化事例についてご紹介します。

製造業界

製造業界におけるコスト削済みの一つの効果的なアイデアは、リーン製造の原則を採用することです。

生産プロセスから無駄を排除し、必要最小限の資源で製品を製造することを目指します。具体的には、生産ラインの効率化、在庫管理の最適化、品質管理の強化により、不良品の削減と生産性の向上を実現します。また、エネルギー消費の削減や廃材のリサイクルを通じて、環境への影響も低減します。このように、リーン製造はコスト削減だけでなく、持続可能な製造プロセスの構築にも寄与します。

製造業界における、マネーフォワード クラウドを活用したコスト削減・業務効率化事例は、以下の資料をご覧ください。

製造業界向けマネーフォワード-クラウド_導入事例集

ダウンロードはこちら

飲食業界

飲食業界におけるコスト削減の効果的なアイデアは、食材の廃棄を最小限に抑えることです。これは、メニューの工夫や食材管理の徹底によって達成されます。具体的には、多様な料理に応用可能な食材を選び、季節ごとの地産地消メニューを考案することで、食材の仕入れコストを抑えると同時に鮮度を保ちます。

また、在庫管理システムを導入して食材の使用状況をリアルタイムで把握し、必要量を正確に仕入れることで、無駄な廃棄を防ぎます。これらの取り組みにより、飲食店はコストを削減しつつ、サステナビリティの向上にも貢献できます。

飲食業界における、マネーフォワード クラウドを活用したコスト削減・業務効率化事例は、以下の資料をご覧ください。

ダウンロードはこちら

小売業界

小売業界におけるコスト削減の重要なアイデアは、在庫管理の最適化です。効果的な在庫管理システムを導入することで、過剰在庫や品切れを防ぎ、在庫コストの削減と販売機会の最大化を図ります。

このシステムは、需要予測を基にした自動発注機能や、商品の売れ行きを分析して適切な品揃えを実現する機能を含みます。さらに、オンラインとオフラインの在庫を統合し、顧客が求める商品を迅速に提供できるようにすることも重要です。これらの取り組みにより、小売業は不要な在庫保持コストを減らし、顧客満足度を高めることができます。

小売業界における、マネーフォワード クラウドを活用したコスト削減・業務効率化事例は、以下の資料をご覧ください。

ダウンロードはこちら

介護・福祉・医療業界

介護・福祉・医療業界におけるコスト削減の効果的なアイデアは、テクノロジーの活用による業務効率化です。電子カルテシステムや在宅医療支援アプリケーションを導入することで、紙ベースの文書管理にかかる時間とコストを削減し、情報の共有とアクセスを迅速化します。

また、遠隔診療やオンライン介護サービスを提供することで、直接的な人員配置の必要性を減らし、労働コストの削減にもつながります。これらのデジタルツールの導入により、質の高いサービスを維持しつつ、運営コストの削減が可能になります。

介護・福祉・医療業界における、マネーフォワード クラウドを活用したコスト削減・業務効率化事例は、以下の資料をご覧ください。

ダウンロードはこちら

IT・メディア業界

IT業界およびメディア業界におけるコスト削減の一つのアイデアは、クラウドコンピューティングの利用を最大化することです。物理的なサーバーやデータセンターの維持管理にかかるコストは高く、また、これらのリソースはしばしば過剰に確保されがちです。クラウドサービスを活用することで、必要なコンピューティングリソースを必要な時にのみ利用し、支払いも実際の使用量に基づくため、初期投資と運用コストを大幅に削減できます。

さらに、クラウドの柔軟性とスケーラビリティは、新たなプロジェクトやビジネスの拡大に迅速に対応することを可能にし、長期的な成長戦略にも寄与します。このように、クラウドの活用は、コスト削減だけでなくビジネスの機動性向上にも貢献する戦略です。

IT・メディア業界における、マネーフォワード クラウドを活用したコスト削減・業務効率化事例は、以下の資料をご覧ください。

ダウンロードはこちら

商社・卸売業界

商社・卸売業界におけるコスト削減の有効なアイデアは、サプライチェーンのデジタル化と最適化にあります。データ分析ツールを活用して市場動向や消費者の需要をリアルタイムで把握し、在庫を過剰に抱えることなく、効率的な商品流通を実現します。また、ブロックチェーン技術を導入することで、取引の透明性を高め、不正や誤りを減らし、管理コストを削減します。

さらに、AIを用いた自動発注システムを採用することで、人的ミスを防ぎつつ、適切なタイミングでの仕入れを可能にし、余剰在庫のリスクを最小限に抑えることができます。これらの技術的な進歩を活用することで、商社・卸売業界はコスト削減と同時に、サービスの質の向上を図ることが可能です。

商社・卸売業界における、マネーフォワード クラウドを活用したコスト削減・業務効率化事例は、以下の資料をご覧ください。

ダウンロードはこちら

建設・不動産業界

建設・不動産業界におけるコスト削減の重要なアイデアは、建設プロジェクトのライフサイクル全体にわたる効率化です。これは、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)技術の導入により達成されます。BIMを使用することで、設計から施工、さらには運用・維持管理に至るまで、プロジェクトの各段階で発生するコストを正確に予測し、無駄を削減することが可能になります。

また、BIMはプロジェクト関係者間のコミュニケーションを促進し、誤解やミスによるコストの増加を防ぎます。このように、BIM技術を活用することで、建設・不動産業界はコスト削減を実現し、より効率的で品質の高いプロジェクトの運営が可能になります。

建設・不動産業界における、マネーフォワード クラウドを活用したコスト削減・業務効率化事例は、以下の資料をご覧ください。

ダウンロードはこちら

広告業界

広告業界におけるコスト削減の効果的なアイデアは、デジタルマーケティングの活用とデータ駆動型の広告戦略の採用にあります。これにより、広告のターゲティングが精密化され、不要な広告支出を削減しながら、高いROI(投資収益率)を実現できます。プログラマティック広告の技術を利用して自動で最適な広告スペースを購入し、リアルタイムでのパフォーマンス追跡を行うことで、広告キャンペーンの効果を即座に分析し、必要に応じて最適化を行います。

また、ソーシャルメディアプラットフォームやコンテンツマーケティングを通じて、低コストで高いエンゲージメントを生み出す手法も重要です。このように、データを活用した効率的な広告戦略によって、広告業界はコスト効率の良いマーケティングを実現することが可能です。

広告業界における、マネーフォワード クラウドを活用したコスト削減・業務効率化事例は、以下の資料をご覧ください。

ダウンロードはこちら

コンサル・人材サービス業界

コンサルティングおよび人材サービス業界におけるコスト削減の有効なアイデアは、リモートワークの推進とデジタルツールの活用による業務プロセスの最適化です。このアプローチにより、オフィススペースの縮小や通勤に関わるコストを削減するとともに、オンライン会議やクラウドベースのプロジェクト管理ツールを利用して、チーム間のコミュニケーションやプロジェクトの進行管理を効率化します。

また、AIや機械学習を活用した自動化ソリューションにより、人事や経理などの管理業務を効率化し、従業員がより価値の高い業務に集中できるようにします。これらのデジタル化とリモートワークの組み合わせにより、コンサルティングおよび人材サービス業界は、運営コストの削減と同時に、サービス提供の柔軟性と効率性を高めることができます。

コンサル・人材サービス業界における、マネーフォワード クラウドを活用したコスト削減・業務効率化事例は、以下の資料をご覧ください。

ダウンロードはこちら

教育サービス業界

教育サービス業界におけるコスト削減の有効なアイデアは、オンライン学習プラットフォームの活用と教材のデジタル化です。これにより、物理的な教室の維持管理費や教材印刷コストを削減できます。オンラインプラットフォームを使用することで、地理的な制約なく幅広い学習者にサービスを提供でき、同時に複数のクラスを運営することが可能になります。

また、デジタル教材は更新が容易であり、繰り返し使用することができるため、長期的にコスト削減に寄与します。さらに、AIを利用したパーソナライズ学習支援ツールの導入により、教育の質を維持しつつ効率的な学習管理が実現できます。これらのデジタル技術の導入により、教育サービス業界は運営コストの削減と教育品質の向上を同時に達成することができます。

教育サービス業界における、マネーフォワード クラウドを活用したコスト削減・業務効率化事例は、以下の資料をご覧ください。

ダウンロードはこちら

企業で取り組むコスト削減の対象

コスト削減を目指すには、まず社内で減らせる支出をあぶり出す必要があります。ここでは、適切なコスト削減を進めるために知っておきたい代表的なコストの種類を解説します。

人件費

企業のコストの中で、大きな部分を占めるのが人件費です。従業員の給料のほか、残業代や通勤交通費、採用にかかる費用も人件費に含まれます。たとえ売上が下がったとしても、給料を簡単に減らすことはできません。従業員のモチベーション維持や優秀な人材確保のためにも、人件費は削減しにくいコストと言えるでしょう。

人件費を削減するためには、業務効率化による残業抑制やテレワーク導入による通勤交通費抑制など、働き方の改革が必要です。

オフィスにかかるコスト

オフィスコストは、賃料やパソコン、コピー機といったOA機器のリース代、水道光熱費、システム維持管理費用などを指します。

例えば、オフィスの移転で賃料を削減できれば、中長期的にコスト削減を実感できます。またペーパーレス化やテレワークの導入は、コピー代や水道光熱費などの削減につながります。IT環境は目まぐるしく変化しているため、IT機器は購入するのではなくレンタルやリースで利用する方法もおすすめです。

ビジネス上の経費

人件費やオフィスにかかる固定費以外にも、業種によってさまざまな経費が発生します。

事務用品費消耗品費以外に、社用車のガソリン代、出張に伴う交通費や宿泊費、交際費広告宣伝費などが、コストの大きな部分を占めている企業も少なくありません。ゴルフコンペなどのイベントや出張も、頻度や規模によっては大きなコストがかかります。

コスト削減のメリット

コスト削減に取り組むと、企業の利益増加以外にもさまざまなメリットが期待できます。ここでは、業務の効率化や新事業への投資など、企業価値を向上させるコスト削減のメリットを紹介します。

企業の利益が増加する

企業が利益を拡大させるためには、「売上向上」か「コスト削減」のどちらかもしくは両方が必要です。ただし、売上向上のために新商品を開発するとしても、費用対効果が見合うかを予測するのは困難です。社会情勢の変化によって、思うような反応が得られない場合があります。

一方でコスト削減は、効果が見えやすいのが特徴です。利益の増加は、金融機関や株主からの評価向上にもつながります。

コスト削減により業務の効率化につながる

コスト削減は、過剰な備品や在庫を整理する「無駄の削減」と、残業時間短縮やテレワーク導入といった「無理の削減」につながります。

固定費や変動費を削減するためには、業務フローの見直しも重要です。コスト削減を進めるにあたって業務フローを見直すことで、業務効率化や生産性向上の促進の実現が可能になります。また企業の利益拡大だけでなく、従業員の満足度向上も期待できます。

コスト削減の効果で新事業への投資が可能になる

コスト削減によって企業の利益が増加すると、増加した分の利益を従業員への還元や事業拡大のための投資に回せるようになります。具体的には、新規プロジェクトの立ち上げや研究開発費の拡大、社内ツール刷新、優秀な人材の確保など、企業価値向上につながる分野に投資する余裕が、コスト削減によって生まれます。

企業価値向上や長期的な成長を期待できる投資は、金融機関や投資家にも好意的に捉えられるでしょう。

 

コスト削減の手順とポイント

目についたコストを削っていくだけでは、十分な効果は得られません。コスト削減に取り組むには、まず現時点のすべてのコストを把握する必要があります。ここでは、コスト削減の手順やポイントを紹介します。

手順①:現状のすべてのコストを把握する

コスト削減を目指すのであれば、現在、利益を生み出すために行っている企業活動で、どれくらいの費用がかかっているかを知ることが大切です。

コストをすべて把握することで、コスト削減の優先順位を決めることが可能になります。すべてのコストを把握した上で、「コストのうち大部分を占めているもの」や「コスト削減するのが難しいもの」を切り分けましょう。

手順②:削減できるコストがないか検討する

コストをすべて把握したら、不要なものや使用頻度が低いものなど、すぐに削減できそうなコストをリストアップします。法人契約しているリースや通信費などは、支払いだけが続いている場合も珍しくありません。

無駄なコストを削減するだけでなく、代替手段によって削減できそうなコストも探しましょう。すぐに削減できるコストもあれば、業務改善などにより削減できるコストもあります。業務改善でコストカットができるものは、中長期的にコスト削減を目指しましょう。

手順③:コスト削減目標と方法を設定する

リストアップしたコストのうち、どの項目からどれくらいのコストを削減できるか、目標を具体的に設定します。コスト削減の目標が現実的でなければ、従業員に負担を強いることになるだけでなく、モチベーションの低下にもつながります。コスト削減の目標設定や削減方法の策定は、慎重に行いましょう。

特に、コスト削減に向けて業務改善が必要となる項目は、行動プランを具体的かつ実現可能な内容で設定する必要があります。

手順④:社内へ周知を徹底する

コスト削減は、部署間・従業員間でコスト削減の考えやとるべき行動の連携がなければ実現できません。コスト削減案を策定した後は、実行に移す前に関係者全員に周知を徹底しましょう。

これまで購入できていた備品が使えなくなったり経費の対象から外れたりすると、従業員のモチベーションを下げかねません。そこで、具体的なルールやマニュアルを制定することにより、従業員の混乱を防げます。従業員の理解と納得を得られるよう、最大限の下準備を行いましょう。

手順⑤:コスト削減を実行しPDCAを行う

コスト削減プランの実行後は、必ず効果の検証も行います。効果の検証は、コスト削減に成功しているか否かだけを見るのではありません。

失敗しているのであれば実行プランを見直す必要があります。具体的には、目標達成につながったとしても業務に歪みが生じていないかを確認します。特定の部署や人員にコスト削減のしわ寄せが生じているのであれば、改善策を練る必要があります。

コスト削減の成功事例

コスト削減を適切に進めると、経費を抑えられるだけでなく、業務効率化や生産性向上につながります。コスト削減の優先順位は、企業の規模や業種によって異なるでしょう。最後にコスト削減に成功した企業の事例を紹介します。

セブンイレブン-伝票と帳票の電子化

コンビニ大手のセブンイレブンでは、会計システムの再構築と伝票や帳簿の電子化により、大規模なコスト削減に成功しました。電子化によって検索や参照が行いやすくなったうえに、自動チェックによる正確性向上にもつながっています。

また、本部だけでなく、店舗や取引先など各所とコスト削減に取り組むことにより、用紙代や用紙の保管代、事務処理にかかる費用を減らし、生産性の向上も実現しました。

出典:セブン‐イレブン「―環境に配慮し、コスト削減につながる取り組み―店舗会計システム変更による 伝票・帳票のペーパーレス化について 」

ソフトバンク-デジタルツールの活用

ソフトバンクは、2019年4月に業務効率化の取り組みを実施し、結果として約241億円のコスト削減につながりました。取り組みの具体的な内容は、電子押印の導入やシステムへのデータ入力作業の効率化、携帯電話の法人契約に関わる事務の自動化などです。

カスタマーサポートサイトの立ち上げによってコールセンターへの入電を減らしたり、新卒採用選考でAI動画面接を導入したりなど、さまざまな施策を行っています。

出典:SoftBank「AIやRPAの活用などにより約4,500人月相当の業務時間を創出、創出した時間で新規事業をさらに加速」

橋本総業株式会社-経費精算業務のデジタル化

橋本総業株式会社は経費精算業務をデジタル化し、月200万円のコスト削減と手間や時間を50%以上削減しました。橋本総業株式会社の拠点は全国各地にあり、システムの普及がネックと考えられていましたが、マニュアル化やオンライン勉強会の開催によりスムーズなシステムの導入にも成功しています。

紙の申請書の扱いに時間を取られていた経理部も、全国からシステム上で支払い申請が送られてくるようになったため、隙間時間で承認業務を進められるようになりました。

出典:Money Forward クラウド「金額ベースで毎月200万円の削減効果。紙から脱却し、全国45拠点の債務業務・経費精算業務をデジタル化へ

Chatwork株式会社-経費精算業務のクラウド化

Chatwork株式会社では、インストール型からクラウド型の会計ソフトへ移行することにより、記帳にかかる時間を月20時間ほど削減できました。

従来のインストール型の会計ソフトでは、同時作業ができなかったり、入力や修正を行う端末が限定されたりといったデメリットがありました。しかし、帳簿のクラウド化により複数人が同時に仕訳入力ができ、会計データの共有が容易になりました。

適切なシステムの導入は、時間や手間といった可視化しにくいコストの削減につながります。

出典:Money Forward クラウド「クラウド会計で帳簿作成にかかる時間を月20時間削減」

企業のコスト削減は項目選びと現在の業務改善が重要

企業のコスト削減は、原価だけでなく利益を生むための全費用に関わります。主な対象は人件費、オフィスコスト、ビジネス上の経費で、効果的な削減は業務の効率化や新事業への投資につながります。

人件費削減には業務効率化やテレワーク導入があり、オフィスコスト削減にはテレワークや通信料の見直しが効果的です。また、経費の削減にはペーパーレス化や広告費の見直しが挙げられます。

成功事例としては、セブンイレブンやソフトバンク、Chatworkなどが業務のデジタル化やクラウド化によってコストを削減し、業務の効率化・生産性向上に成功しています。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

関連記事