• 作成日 : 2024年3月28日

ビジネスインテリジェンスとは?経営を加速させるおすすめBIツール5選

ビジネスインテリジェンスとは?経営を加速させるおすすめBIツール5選

ビジネスインテリジェンス(BI)とは、事業の意思決定に関わるデータを分析・活用する手法です。膨大なデータを整理したいときや事業を改善したい際に役立ちます。本記事では、ビジネスインテリジェンスの概要や機能、おすすめのBIツールをわかりやすく解説します。BIツールを選ぶ際のポイントも紹介するため、自社に合ったサービス選びに役立てましょう。

ビジネスインテリジェンス(BI)とは?

ビジネスインテリジェンス(BI)とは、企業活動において重要な意思決定を支援するための情報を分析し、活用するための仕組みや手法です。

企業が保有するさまざまなデータを収集し、分析してビジュアル化することで、経営層や管理職、人事、現場の職員に有益な情報を提供します。

そして、製品やサービス、業務プロセスの改善に直結する洞察を得るためには、ビジネスインテリジェンスツール(BIツール)の活用が効果的です。

ビジネスインテリジェンスが重要な理由

ビジネスインテリジェンスが重要な理由は、企業の日常的な活動で蓄積されるデータから、戦略的な意思決定を行える情報を引き出せるためです。

具体的には、顧客接点や行動履歴などのデータを分析することで、顧客の行動パターンをより具体的に理解できます。これにより、感覚に頼るのではなくデータに基づいた意思決定が可能になり、売上アップなどの成果につながるでしょう。

ビジネスインテリジェンスが活躍するシーン

例えば、社内にある膨大なデータが未整理で、マーケティング活動に活かしきれていないときに役立ちます。顧客データや販売データなどを効率的に整理し、ビジネス戦略に活かせるでしょう。

また、事業改善の取り組みが進んでいない場合にも効果的です。自社のデータを自動的に収集し、分析から可視化までを一貫して行うことで、最新の分析結果をもとに迅速かつ正確な意思決定をサポートします。これにより、事業改善のプロセスがスムーズに進むでしょう。

ビジネスインテリジェンスツール(BIツール)を導入するメリット

ビジネスインテリジェンスツールは、データをもとにした意思決定を促進し、企業運営の効率化を図れるメリットがあります。

例えば、データの統合から情報のリアルタイム共有・可視化、迅速なレポート作成などに活用できます。そのほかにも、企業の意思決定スピード向上も期待できるでしょう。

本項では、ビジネスインテリジェンスツールを導入するメリットを解説します。

各部門ごとのデータを統合し集計

ビジネスインテリジェンスツールは、各部門のデータを一元的に統合し、集計できるため、企業内の情報をまとめて把握するのに役立ちます。

これにより、データを可視化し、各部門のパフォーマンスや業務における課題を明確に理解できるようになるでしょう。

さらに、統合・集計したデータを見ながら、施策の改善を行うことも可能です。

リアルタイムでのデータ共有

ビジネスインテリジェンスツールは、リアルタイムでのデータ共有もできます。チーム間での迅速な情報共有を可能にし、迅速な意思決定を支援します。

これにより、スピードが求められるチームでの作業でもすぐに対応できるようになるでしょう。

業務や意思決定のスピードが速くなるため、顧客に対しても素早い対応ができます。

データの可視化

ビジネスインテリジェンスツールは、複雑な情報を直感的に理解しやすい形で表現できる点がメリットです。

そのため、大量のデータや頻繁に更新される情報も素早く簡単に理解できるようになります。可視化されたデータも複雑な形式ではないため、すぐに理解でき内容を把握しやすいのが特徴です。

レポート作成が容易

ビジネスインテリジェンスツールは、時間のかかるデータの分析作業を行い、自動でレポート作成も行ってくれます。

その結果、レポート作成の手間がなくなり、改善策の立案や実行に多くの時間を割けるようになるでしょう。またビジネスインテリジェンスツールには、レポート作成だけでなく、AIによる改善策の提案ができる場合もあります。

経営のスピーディーな意思決定

ビジネスインテリジェンスを利用すると、経営の意思決定をスピーディーに行えます。データの効率的な分析を通じて、ビジネス目標の達成や意思決定の質が向上するためです。

データ収集や目標・課題の分析により、スムーズな意思決定につながります。

問題・課題の早期発見と対応

ビジネスインテリジェンスツールは、問題や課題の早期発見を可能にします。主観的には問題なくても、データやAIの分析機能から課題が発見できるためです。

例えば、離職率の向上や新規案件の獲得低下などの課題を把握できるかもしれません。

このような課題を発見・分析することで、早期に問題解決の方法を考えられるでしょう。

ビジネスインテリジェンスツールの代表的な機能

ビジネスインテリジェンスツールには、ビジネスの洞察を深め、経営判断を支援するさまざまな機能が備わっています。

例を挙げると、集めたデータをレポートとして出力する機能です。ExcelやPDFなど多種多様なファイルに対応しています。また、統計分析手法を利用したデータマイニングも効果的です。物事のパターンを見つけ出し、将来の市場規模予測などにつなげられます。

本項では、ビジネスインテリジェンスツールの代表的な機能を紹介します。

レポーティング

レポーティング機能を活用すると、収集したデータをわかりやすいレポートとして出力できます。

例えばデータを整理し、ExcelやWord、PDF、PowerPoint、CSVファイルなど、さまざまな形式で出力できるのがメリットです。これにより、社員はデータ分析の結果が理解しやすく、ビジネス改善のための策を立てられるでしょう。

OLAP分析

OLAP分析(オンライン分析処理)とは、日々企業に蓄積される大量のデータを多角的に分析し、迅速に結果を提供する機能です。

データを複数の視点から見ると、現在の状況や問題点を違った視点から分析でき、本質的な解決策を出せるようになります。通常、大量のデータを分析すると、複数の社員で対応しなければなりません。しかし、OLAP分析を利用すると、人的コストがかかる作業を効率化できます。

データマイニング

データマイニングは、データの相関分析や回帰分析などの高度な統計分析手法を駆使してデータを掘り下げ、隠れたルールやパターンを発見する機能です。データマイニングを活用すると「将来の市場規模」「未来に需要がある商品」などの予測が立てられます。

さらに、機械学習を用いると、データ内の相関関係を自動的に見つけ出せる特徴もあります。

プランニング

プランニング機能は、分析結果に基づいて未来を予測する機能です。データを論理的に分析したり、情報を比較したりすることによって、根拠のある将来予測につなげます。

具体的には、予算計画や経営計画の策定を支援できます。例えば、人間の直感とツールが合わさることで、より適切な戦略を立案しやすくなるでしょう。

データをもとに効果的な意思決定をしたい方におすすめの機能です。

おすすめビジネスインテリジェンスツール

ビジネスインテリジェンスツールには、使いやすさや分析機能の豊富さなどの機能を有しているサービスが多くあります。

  • Yellowfin
  • Domo
  • MotionBoard
  • 予算管理クラウド経営管理 ★Sactona★
  • データ分析基盤Dr.Sum

本項では、おすすめのビジネスインテリジェンスツールを紹介します。ツールごとに得意とする機能に差があるため、自社に合ったサービスを選びましょう。

Yellowfin

Yellowfinは、現場のビジネスユーザーが直感的に操作できるように設計されたビジネスインテリジェンスツールです。マウス操作だけでデータ項目を選択し、数回のクリックでグラフィカルなレポートを作成できます。

これにより、組織内のデータ分析が手軽になるため、組織内のデータ活用を促進するでしょう。

30日間無料で利用できるため、試しにサービスを活用してみましょう。

参考:Yellowfin

Domo

Domoは、企業内のデータをリアルタイムに分析し、集計やグラフ化を自動化するビジネスインテリジェンスツールです。人が行う作業を少なくでき、データ活用における業務効率化につながるでしょう。

また、複数の情報のパターンの発見やトレンドの把握ができ、ビジネスにおける疑問に対する答えを導き出してくれます。データドリブンの分析ができるため、根拠をもって施策を立案できるでしょう。

事業の課題分析を行いたい方におすすめです。

参考:BIツール・データ分析 – Domo

MotionBoard

MotionBoardは、データの収集から可視化、レポート出力までを一つのプラットフォームで提供するビジネスインテリジェンスツールです。導入企業は、3,100社以上と多くの企業に導入されています。

ストレージやクラウドサービスなどの多種多様なデータと接続できるため、利用するのに不便さはありません。

また、データの可視化もでき、レポート出力も可能です。

参考:データを集約・可視化 BIダッシュボード MotionBoard|ウイングアーク1st

Sactona

Sactonaは、管理会計や経営管理を効率化するためのクラウド/オンプレミス対応型のシステムです。

特徴は、使い慣れたExcelの画面を利用できる点です。利便性を保ちつつ、各拠点や子会社のデータを効率的に収集し、会計システムとの連携もスムーズに行えます。

経営基盤を整えたい方は、Sactonaを検討してみましょう。

参考:Sactonaプロダクトトップ – アウトルックコンサルティング株式会社

Dr.Sum

Dr.Sumは、7,200社以上の導入実績をもつビジネスインテリジェンスツールです。

社内外のデータを取り込み、経営ダッシュボードや部門実績レポートなどに見える化できます。それにより、データを収集して、レポートを作成するという手間から解放されるでしょう。

また、操作性も良く、今すぐに見たい情報をタッチするだけで、簡単に閲覧できるメリットもあります。

参考:データ分析基盤 Dr.Sum|ウイングアーク1st

ビジネスインテリジェンスツールを選ぶポイント

ビジネスインテリジェンスツールを選ぶ際には、自社のニーズに合った機能が備わっているかを検討する点が重要です。例えば、基幹システムからの情報を経営判断に活かしたい場合は、優れた「レポーティング」機能を備えている製品が望ましいでしょう。

また、マーケティング活動に役立つ指標を求めるなら「OLAP分析」や「データマイニング」の能力が高い製品を選ぶことがおすすめです。

どれだけ高度な機能が搭載されている場合でも、使い勝手が良くなければ実際の業務には活かせません。したがって、一般社員でも簡単に高度な分析を行える製品選びが求められます。

ビジネスインテリジェンスを活用して、データ分析・活用を効率化しよう

ビジネスインテリジェンスは、蓄積されたデータから有益な情報を引き出し、企業の意思決定を支援するツールです。ビジネスインテリジェンスツールには、レポーティングやOLAP分析など、さまざまな機能があり、ビジネスでの課題解決につながります。

サービスを選ぶ際のポイントとして、自社のニーズに合った機能と使いやすさを考慮する必要があります。

ビジネスインテリジェンスを活用して、データ分析と活用を効率的に行い、企業の生産性アップにつなげましょう。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

関連記事