• 作成日 : 2024年4月23日

仕事効率化に役立つおすすめアプリ12選!活用メリットや選定時の注意点を紹介

仕事効率化に役立つおすすめアプリ12選!活用メリットや選定時の注意点を紹介

事の効率を上げるためには、タスク管理からコミュニケーション、スケジュール管理に役立つアプリの活用がおすすめです正しいアプリを選択することで、日々の業務をスムーズに、より生産的に進められます。

本記事では、仕事の効率化に役立つアプリと選ぶ際の注意点、活用するメリットをご紹介します。

仕事の効率化に役立つアプリの種類は?

仕事の効率を上げるためには、アプリの活用が効果的です。以下に効率化に役立つアプリの種類をまとめます。

  • タスク管理アプリ
  • スケジュール管理アプリ
  • ビジネスチャットアプリ
  • ノート・メモアプリ
  • クラウドストレージアプリ

それぞれ詳しく解説します。

タスク管理アプリ

タスク管理アプリは、日々の業務やプロジェクトのタスクを効果的に管理するための強力なツールです。タスク管理アプリを活用すれば、タスクを作成・分類して優先順位を設定し、期限を把握できます。

また、チームメンバー間でタスクを割り当て、プロジェクトの進行状況をリアルタイムで可視化する機能も提供しています。進捗レポートや分析機能を備えており、プロジェクトの効率をさらに向上させることも可能です。

タスクが多岐にわたる環境下において、タスク管理アプリは仕事の生産性を大幅に向上させます。

スケジュール管理アプリ

スケジュール管理アプリを利用することで、個人やチームのスケジュールを簡単に計画し、管理できます。会議やアポイントメント、イベントなどのスケジュールをカレンダーに記入し、アラーム機能による通知も可能です。

他のユーザーとスケジュールを共有し、予定の調整を容易にする機能も提供します。忙しい人や複数プロジェクトを同時管理するチームにとって、アプリは日々の業務をよりスムーズにするためにも不可欠です。

ビジネスチャットアプリ

ビジネスチャットアプリは、社内外のスタッフとのコミュニケーションを効率化するために設計されているアプリです。即時メッセージングやファイル共有、ビデオ会議といった多様なコミュニケーションニーズに対応する機能を提供しています。

チームメンバーはどこからでも素早く情報を共有し、スムーズな意思決定が可能です。アプリはプロジェクトの進行状況の追跡やタスクの割り当てといった、チームの生産性を高めるための機能も備えています。

リモートワークが増加する現代において、ビジネスチャットアプリは組織のコミュニケーション強化に役立ちます。チームワークを促進するためにも、アプリは重要な役割を果たすでしょう。

ノート・メモアプリ

ノート・メモアプリはアイデアのメモ書きや会議のメモの取り方など、情報の管理を簡単にするために欠かせないツールです。テキストだけでなく、画像・音声・ビデオメモを含む多様な形式で情報を保存できます。

強力な検索機能と整理ツールを備えているため、必要な情報を迅速に見つけられます。個人の生産性を向上させるだけでなく、チーム内での情報共有とコラボレーションを促進するためにもアプリは極めて有用です。

クラウドストレージアプリ

クラウドストレージアプリは、ファイルやドキュメントを安全にオンラインで保存し、どこからでもアクセスを可能にするツールです。アプリを使用するとデータのバックアップや複数のデバイス間でのファイルの同期、チームメンバーとのファイル共有が可能になります。

チームメンバーが離れた場所で働いている場合において、効率よくデータ管理をしてくれます。プライバシー保護に必要な高度な暗号化とアクセス制御機能も提供し、ビジネスにおける信頼性の高いデータ管理アプリとして機能します。

仕事の効率化に役立つおすすめアプリは?

仕事を効率よく終わらせるためには、環境に合わせたアプリを選択するのがおすすめです。ここでは、仕事の効率化に役立つおすすめアプリを紹介します。

【タスク管理アプリ】Backlog

Backlogの特徴と料金は次のとおりです。

特徴

Backlogは、複雑なプロジェクト管理をシンプルにする多機能タスク管理ツールです。プロジェクトの進行管理からタスクの割り当て、ファイル共有といったプロジェクトに必要な機能が全て含まれています。

チームメンバー間のコミュニケーションを強化し、進捗の可視化によって全員が最新情報の共有が可能です。バグトラッキング機能も組み込まれており、開発プロセスの改善にも貢献します。

スペース課金制なので、プロジェクト規模の拡大に伴う追加費用の心配もありません。初心者でも気軽に使える点から、多くの企業で導入されています。

月額料金

2,970円〜82,500円(税込)

公式サイト:https://backlog.com/ja/

【タスク管理アプリ】Trello

Trelloの特徴と料金は次のとおりです。

特徴

Trelloは、柔軟性と直感的な操作性を兼ね備えたタスク管理アプリです。ビジュアルに優れたボードとリスト、カードを使用してプロジェクトを管理し、チームの生産性を向上させます。

Butlerというパワフルな自動化機能により、繰り返し作業やワークフローの自動化が可能となり、作業効率を大幅に向上させます。豊富なオプション機能により、他のアプリやツールとの連携も簡単です。

個人のタスク管理から大規模なプロジェクト管理まで、幅広いニーズに対応しています。

月額料金

無料〜約2,600円(税込)/ユーザー

公式サイト:https://trello.com/ja

【タスク管理アプリ】Google ToDo リストクライアント

Google ToDo リストクライアントの特徴と料金は次のとおりです。

特徴

Google ToDo リストは、Googleとの連携が可能なシンプルかつ強力なタスク管理ツールです。ユーザーは、日々のタスクを簡単に追加・管理ができます。

Gmailから直接タスクを作成したり、Googleカレンダーと同期させてスケジュール管理をしたりすることも可能です。タスクごとに期限を設定でき、終了したタスクは完了としてマークできます。

シンプルさと効率性により、忙しいビジネスパーソンや学生から家庭を管理する人まで、幅広いユーザーに愛用されています。

月額料金

無料

公式サイト:https://thetodo.net/ja/

【スケジュール管理アプリ】Google カレンダー

Google カレンダーの特徴と料金は次のとおりです。

特徴

Google カレンダーは、スケジュール管理のためのツールです。予定の作成や編集、共有が可能で、リマインダーやゴールの設定により時間管理を効率化できます。

複数のカレンダーを一元管理し、異なるデバイス間で同期できるため、どこからでもアクセス可能です。プライベートな予定からビジネスミーティングまで、全てのスケジュール管理にも最適で、時間管理をサポートします。

月額料金

無料

公式サイト:https://calendar.google.com/calendar/

【スケジュール管理アプリ】TimeTree

TimeTreeの特徴と料金は次のとおりです。

特徴

TimeTreeは家族や友人、チームメンバーとの予定共有を簡単にするコミュニケーションアプリです。カレンダーを中心に構築されたアプリは、さまざまなグループでのスケジュール管理を可能にします。

予定にコメントをつけたり、写真を共有したりすることで、より密なコミュニケーションが生まれます。マルチカレンダー機能を使えば、異なるコミュニティごとにカレンダーを分けて管理することも可能です。

プライベートからビジネスまで、あらゆるシーンでのスケジュール管理に対応します。

月額料金

無料〜300円(税込)/ユーザー

公式サイト:https://timetreeapp.com/intl/ja

【ビジネスチャットアプリ】Slack

Slackの特徴と料金は次のとおりです。

特徴

Slackは、業務効率化を目指すチームに最適なコミュニケーションツールです。メッセージのやり取りやファイル共有、ビデオ会議などをひとつのプラットフォームで提供します。

チームメンバーは、プロジェクトや部署ごとにコミュニケーションを取り、進捗状況の共有や資料の共有が可能です。生成AIを活用した自動化機能により、繰り返しのタスクを効率化し、作業時間を削減できます。

Slackは、グローバル企業からスタートアップまで、幅広い業界で活用されている信頼度の高いアプリです。

月額料金

無料〜1,980円(税込)/ユーザー

公式サイト:https://slack.com/intl/ja-jp

【ビジネスチャットアプリ】Chatwork

Chatworkの特徴と料金は次のとおりです。

特徴

Chatworkはテキストチャットやビデオ通話、タスク管理といった機能をひとつにまとめたビジネスコミュニケーションツールです。国内利用者数No.1を誇り、41万社以上の導入実績があります。

シンプルな機能で使いやすく、業種や職種を問わず多くのビジネスパーソンに支持されているアプリです。報連相の効率化や意思決定のスピードアップ、業務効率の向上が期待でき、社内外のスムーズなコミュニケーションを実現します。

月額料金

無料〜1,584円(税込)/ユーザー

公式サイト:https://go.chatwork.com/ja/

【ビジネスチャットアプリ】Microsoft Teams

Microsoft Teamsの特徴と料金は次のとおりです。

特徴

Microsoft Teamsは、Office 365の一部として提供されるビジネスチャットツールです。チャット・会議・ファイル共有・アプリの統合が、ひとつのプラットフォームで利用できます。

ビデオ会議機能は大規模なミーティングにも対応しており、リアルタイムでの共同作業が可能です。共有ホワイトボードといった、チームの生産性を高める機能も充実しています。

教育機関向けの機能もあり、オンライン授業や遠隔学習のサポートツールとしても活用できます。

月額料金

無料〜2,310円(税込)/ユーザー

公式サイト:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software

【ノート・メモアプリ】Notion

Notionの特徴と料金は次のとおりです。

特徴

Notionはデータベースやタスク管理、Wikiを統合したワークスペースアプリです。ユーザーは柔軟に対応できるドキュメント機能を利用して、プロジェクトの計画から構築までを実現します。

日常タスクの管理や情報共有など、さまざまな用途に合わせて環境をカスタマイズできます。テンプレート機能によって迅速にプロジェクトを開始でき、チームとの共有も簡単に行える点が特徴のひとつです。

月額料金

無料〜約2,680円(税込)/ユーザー

公式サイト:https://www.notion.so/ja-jp

【ノート・メモアプリ】Evernote

Evernoteの特徴と料金は次のとおりです。

特徴

Evernoteは、アイデアや情報を一元管理できる強力なノートアプリです。テキストや画像、音声メモの保存はもちろん、PDFファイルの保存や検索機能も充実しています。

個人のアイデアからビジネスプロジェクトまで、あらゆる情報を整理し、必要なときに素早くアクセスすることが可能です。タスク管理機能も備えており、ToDoリストとスケジュールの管理を1ヶ所で行えます。

月額料金

無料〜1,100円(税込)

公式サイト:https://evernote.com/ja-jp

【クラウドストレージアプリ】Google Drive

Google Driveの特徴と料金は次のとおりです。

特徴

Google Driveは、Googleが提供するオンラインストレージサービスです。どこからでもアクセスできる利便性と、Google ドキュメント・Google スプレッドシート・Google スライドなどのサービスも提供します。

Google フォトやGmailとの連携により、写真やメールの保存もスムーズです。無料プランでは15GBのストレージが提供され、Google Oneを通じて追加のストレージを購入することも可能です。

ビジネス向けにはGoogle Workspaceがあり、より多くのストレージとビジネス向けプランを提供しています。

月額料金

無料〜2,448円(税込)/ユーザー

公式サイト:https://www.google.co.jp/drive/

【クラウドストレージアプリ】Dropbox

Dropboxの特徴と料金は次のとおりです。

特徴

Dropboxは、簡単な操作性と高い信頼性で知られるクラウドストレージサービスです。個人用途からビジネス用途まで幅広く利用されており、ファイルの保管と共有、チームでのコラボレーション機能を提供します。

ファイル共有時のリンク管理機能やPDFや動画ファイルの直接編集など、作業効率を上げる機能が充実しています。他のアプリとの統合により、使いやすさと安定したパフォーマンスを提供し、仕事の効率化に役立つアプリです。

月額料金

無料〜3,960円(税込)/ユーザー

公式サイト:https://www.dropbox.com/

【クラウドストレージアプリ】マネーフォワード クラウドBOX

マネーフォワード クラウドBOXの特徴と料金は次のとおりです。

特徴

マネーフォワード クラウドBOXは、電子帳簿保存法に完全対応した、無料で利用できるクラウドストレージサービスです。請求書領収書など、ビジネス文書の保管や管理に特化しています。

OCR機能を利用した文書の自動読み取りや高度な検索機能により、必要な文書を迅速に見つけ出すことが可能です。ペーパーレス化を進める企業にとって、コスト削減と業務効率化を同時に実現するツールとしても最適です。

マネーフォワードの他のサービスと連携すれば、経理業務の一元管理が可能になります。

月額料金

無料

公式サイト:https://biz.moneyforward.com/box/

仕事の効率化に役立つおすすめアプリを徹底比較!

【タスク管理アプリ】

BacklogTrelloGoogle ToDo リストクライアント
特徴プロジェクト管理機能が充実、バグトラッキング機能を備えるビジュアル管理が可能なカンバン方式、柔軟なカスタマイズ性シンプルで使いやすい、Google製品との連携
月額料金・スターター:月額2,970円/ユーザー
・スタンダード:月額17,600円
・プレミアム:月額29,700円
・プラチナ:月額82,500円
・FREE:無料
・STANDARD:月額$5USD(日本円で約745円)/ユーザー
・PREMIUM:月額$10USD(日本円で約1,490円)/ユーザー
・ENTERPRISE:月額$17.50USD(日本円で約2,600円)/ユーザー
無料
おすすめな人プロジェクトチームでタスクや進捗を管理したい人ビジュアルでタスクを管理したい個人やチームGoogleサービスを日常的に使用する人
公式サイトhttps://backlog.com/ja/https://trello.com/jahttps://thetodo.net/ja/

※税込み表記
※2024年3月17日現在

【スケジュール管理アプリ】

Google カレンダーTimeTree
特徴複数のカレンダー管理、スマートな予定提案カレンダー共有に特化、コメントや写真の共有も可能
月額料金無料・通常プラン:無料
・TimeTreeプレミアム:月額300円/ユーザー
おすすめな人個人の予定からチームのスケジュール管理まで幅広く使いたい人家族や友人、小さなチームでスケジュールを共有したい人
公式サイトhttps://calendar.google.com/calendar/https://timetreeapp.com/intl/ja

※税込み表記
※2024年3月17日現在

【ビジネスチャットアプリ】

SlackChatworkMicrosoft Teams
特徴強力なコミュニケーションツール、外部アプリとの統合が容易国内利用者数No.1、テキストチャットとビデオ通話をサポートOffice 365との深い統合、大規模なビデオ会議に対応
月額料金・フリー:無料
・プロ:月額1,050円/ユーザー
・ビジネスプラス:月額1,800円/ユーザー
・Enterprise Grid:要問い合わせ
・フリー:無料
・ビジネス:月額924円/ユーザー
・エンタープライズ:月額1,584円/ユーザー
【家庭向けプラン】
・Microsoft Teams:無料
・Microsoft 365 Personal:月額1,639円/ユーザー
・Microsoft 365 Family:月額2,310円/ユーザー【法人向けプラン】
・Microsoft Teams Essentials:月額550円/ユーザー
・Microsoft 365 Business Basic:月額825円/ユーザー
・Microsoft 365 Business Standard:月額1,716円/ユーザー
おすすめな人コミュニケーションと協働を重視するビジネスチーム国内で安定したビジネスチャットツールを探している企業Office製品を活用している企業や教育機関
公式サイトhttps://slack.com/intl/ja-jphttps://go.chatwork.com/ja/https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software

※税込み表記
※2024年3月17日現在

【ノート・メモアプリ】

NotionEvernote
特徴オールインワンワークスペース、強力なカスタマイズ性強力な検索機能、多様なコンテンツ形式の保存
月額料金・フリー:無料
・プラス:月額$10USD(日本円で約1,490円)/ユーザー
・ビジネス:月額$18USD(日本円で約2,680円)/ユーザー
・エンタープライズ:要問い合わせ
・FREE:無料
・PERSONAL:月額1,100円/ユーザー
・PROFESSIONAL:月額1,550円/ユーザー
・TEAMS:2,100円/ユーザー
おすすめな人個人のメモからチームプロジェクトまで、柔軟に管理したい人アイデアや情報を整理して長期的に保存したい人
公式サイトhttps://www.notion.so/ja-jphttps://evernote.com/ja-jp

※税込み表記
※2024年3月17日現在

【クラウドストレージアプリ】

Google DriveDropboxマネーフォワード クラウドBOX
特徴15GBの無料ストレージ、Google製品との高い互換性使いやすさと信頼性、ファイル共有が容易無料で利用可能、電子帳簿保存法に完全対応
月額料金・Business Starter:816円/ユーザー
・Business Standard:1,632円/ユーザー
・Business Plus:2,448円/ユーザー
・Enterprise:要問い合わせ
・Basic:無料
・Plus:1,650円/ユーザー
・Essentials:2,970円/ユーザー
・Business:3,190円/ユーザー
・Business Plus:3,960円/ユーザー
・Enterprise:要問い合わせ
無料
おすすめな人Googleのサービスを日常的に使用する人、クラウドストレージを低コストで始めたい人ビジネス文書の共有とバックアップを効率的に行いたい人ペーパーレス化を進めたい企業、特に中小企業やスタートアップ
公式サイトhttps://www.google.co.jp/drive/https://www.dropbox.com/https://biz.moneyforward.com/box/

※税込み表記
※2024年3月17日現在

上記のようにアプリごとに特徴や料金は異なります。何のためにアプリを導入するのか、目的に合わせて最適なアプリを選ぶことが大切です。

仕事の効率化にアプリを活用するメリットは?

仕事の効率化のためにアプリを活用する主なメリットをまとめると以下の通りです。

  • 生産性の向上が期待できる
  • コミュニケーションが改善される
  • 業務の進捗状況をチェックできる

適切なアプリを使用すれば、手作業で行っていた業務を自動化し、生産性向上につながります。コミュニケーションの改善も大きなメリットで、チームメンバー間の情報共有がスムーズになり、迅速な意思決定をサポートします。

業務の透明性が高まり、プロジェクトの進行状況やタスクの進捗をリアルタイムで把握できる点もメリットのひとつです。

仕事の効率化に役立つアプリを選ぶときの注意点は?

仕事の効率化に役立つアプリを選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • 自社に今必要なアプリか検討する
  • セキュリティ面で問題がないか確認する
  • 使いやすさやサポート体制を確認する

ビジネスモデルや業務フローに対し、適合するかどうかを検討しましょう。すべてのアプリがすべての企業に適しているわけではないため、業務プロセスに合った機能を持つアプリを選ぶことが大切です。

また、セキュリティの強度も重要な検討事項です。重要なデータを扱うため、データ漏洩のリスクを最小限に抑えられるアプリを選びましょう。

アプリの使いやすさや必要なサポートが提供されているかどうかも、長期的な利用を考える上で重要なポイントです。

仕事効率化に役立つアプリを導入しよう

仕事の効率を上げるためには、タスク管理やコミュニケーション、スケジュール管理に役立つアプリの活用がおすすめです。ビジネスモデルや業務フローに応じて選択すれば、情報管理の効率化とセキュリティの強化を実現できます。

アプリが使いやすいか、必要なサポート体制は整っているかもチェックすることが大切です。本記事を参考にして、ぜひ最適な仕事効率化アプリを見つけてください。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

関連記事