• 更新日 : 2024年5月27日

資金調達におけるファクタリングとは?メリット・デメリットや注意点を解説

ファクタリングとは、将来回収予定の売掛金や未収入金などの債権を特定の業者に買い取ってもらい、早期に現金化するサービスのことです。売掛金の未回収は企業の経営に大きな影響を与えるため、中小企業やベンチャー企業を中心にファクタリングに関心を持つ人は少なくないでしょう。

そこでこの記事では、資金調達としてのファクタリングの仕組み、メリット・デメリット、さらにファクタリング会社を選ぶ際の注意点などについて解説します。

ファクタリングとは?

ファクタリングは「債権の買い取り」を意味します。資金調達方法の一つで、売掛債権を利用して資金を調達します。

ファクタリングとは、売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に売却し、手数料を差し引いた現金を受け取ることです。ファクタリングを活用すると、売掛金の支払い期日前に資金を調達できるため、資金繰りの改善が期待できます。

ファクタリングは、銀行からの借入や融資とは異なり、負債が増えない点が特徴です。

5種類のファクタリング

  • 「買取型ファクタリング」は、売掛金をすぐに現金化したい企業に適しており、ほとんどのファクタリング取引がこのタイプです。
  • 「保証型ファクタリング」は、売掛先の信用不安や倒産リスクをカバーするために利用され、主にリスク管理が目的です。
  •  「一括型ファクタリング」は、売掛先が主体となって利用するもので、手形に代わる簡便な方法として選ばれます。
  • 「国際型ファクタリング」は国際商取引に特化したもので、輸出入業者が国際間の取引で信用確保や現金流のスムーズ化を図るために利用されます。
  • 「医療型ファクタリング」は、医療機関が保険診療報酬の遅延支払い問題を解決するために選ばれ、診療報酬の早期現金化を可能にします。

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングは中小企業を中心に利用率が上昇しているとされているものの、依然として十分な認知が得られているとはいいがたい状況です。そこで本章では、ファクタリングの主なメリットとデメリットを詳しく説明します。

メリット

    • 迅速な資金調達が可能
      ファクタリングを利用すれば、売掛金をすぐに現金化できるため、資金調達の速度が大幅に向上します。特にオンラインプラットフォームを利用すれば、通常、最短即日から1週間程度で資金を手にすることが可能です。

 

    • 財務状況に左右されずに利用可能
      たとえ赤字経営や債務超過の状態であっても、売掛先の信用が確保されていれば、ファクタリングの利用が可能です。これにより、財務状態が厳しい中小企業でも資金調達の手段となり得ます。

 

  •  貸倒リスクを軽減
    売掛先が倒産した場合でも、ファクタリングによって既に現金化していれば、売掛金の未回収リスクを心配する必要がありません。これにより、安定した資金運用が可能となります。

デメリット

    • 手数料が比較的高い可能性がある
      ファクタリングサービスの手数料は一般的に1%から20%の範囲で変動しますが、業者によっては市場の常識を超える高い手数料を要求する場合があります。そのため、契約に至る前に手数料を確認し、他社と比較しておくことが重要です。

 

    • 売掛先に債権譲渡を知られるリスク
      3社間ファクタリング(企業がファクタリング会社に債権を売却し、その後、売掛金の支払い手続きは取引先とファクタリング会社が直接行う契約形態)では、売掛先に債権譲渡の事実を知らせる必要があるため、これが原因で売掛先からの信用が低下したり、取引の見直されたりするリスクがあります。これを避けたい場合は、2社間ファクタリングの利用が推奨されます。

 

  •  資金繰りの根本的な問題の解決が必要
    一時的な資金調達としてファクタリングを利用しても、企業の基本的な資金繰り問題を解決しなければ、経営の持続性に影響を及ぼす恐れがあります。ファクタリングはあくまで一時的な対応策であるため、根本的な経営改善が必要です。

ファクタリングを選ぶ際の注意点

本章ではファクタリングによる資金調達を検討している方々に向けて、適切な業者選びと注意すべきポイントについて説明します。これらの情報を参考に、適切な選択を行うようにしましょう。

明確な手数料体系を持つファクタリング業者を選択すること

売掛債権をファクタリング会社に売却する際、手元に残る金額は売掛金の額面から業者が取る手数料を差し引いたものになります。売掛金の金額が増加すれば、それに伴って手数料が高くなることもあるため、手数料が低いファクタリング業者を選定することが重要です。

「審査なしで即日」と謳う違法業者に注意

中には「審査なしで即日資金を調達できる」と宣伝する違法業者も存在します。確かにある程度の柔軟性を持った審査を行う正規の業者はあるものの、完全に審査を省略してサービスを提供する業者は存在しません。審査なしを謳う業者のファクタリングサービスを利用すると、法外な手数料が請求されるリスクや、違法業者に重要な機密情報を渡してしまうリスクがあります。

したがって、実績のある信頼できるファクタリング会社を選ぶために、業者のサイトや顧客の口コミを確認し、安全性をしっかりと評価することが肝要です。

振込時間による着金遅延の可能性に対する注意

ファクタリングの申請時間によっては、銀行の振込手続きの関係で、資金が当日中に口座に入るとは限りません。特に遅い時間に申請した場合は、実際に資金が口座に振り込まれるのが次の営業日となることがあります。即日での資金受領を望む場合は、午前中に申請することが推奨されます。

事前会員登録が求められるケースにおける注意点

一部のファクタリングサービスでは、利用開始前に会員登録が必要とされる場合があります。このプロセスで一般的に用いられるのが「eKYC」と呼ばれる本人確認システムです。

「eKYC」では、提出された身分証明書が不鮮明な場合などに登録が拒否されることもありますので、その際は即日での資金調達が困難になる可能性があります。そのため、事前の準備を念入りに行うことが重要です。
ファクタリング会社の選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:マネーフォワード「ファクタリング会社の選び方、利用時の注意点を解説」

ファクタリングの活用事例

この章ではファクタリングの活用事例について解説します。

建設業

大規模プロジェクトを受注し、材料の前払いが必要となったある建設業者の例です。銀行融資だけでは対応できず、緊急で資金調達の手配を行いました。申し込みから翌日には資金が手配され、工事も計画通りに完了しました。経営者は今後の突然の大型受注にも迅速に対応できるという実感が得られました。

製造業

新たな事業展開で新型機械の導入が必要になり、金融機関からの融資が難しかったため久しぶりに資金調達を相談した製造業者の例です。審査は迅速に進み、審査完了後はすぐに資金が振り込まれました。さらに、手続きが以前に比べて簡潔になり、書類も少なくなった上全てオンラインで済ませられるようになっていて、経営者は大変助かったと感じたようです。

まとめ

ファクタリングは即日で資金調達が可能なため、多くの企業に人気のある資金調達方法です。ただし、さまざまなメリットとデメリットがあります。ファクタリングを活用する際には、これらのメリット・デメリットを把握しておくことが重要です。
工夫次第で課題を最小限に抑えることも可能ですので、課題を抑えつつ、ファクタリングを有効に活用しましょう。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

関連記事