• 作成日 : 2023年10月31日

経理アウトソーシングの基礎知識 | メリット・デメリットや委託先選定のポイントを解説

企業にとって、経理業務はビジネスの根幹を支える重要な部分であり、専門性や効率化が求められる領域となっています。では、そんな経理業務を外部に委託する「経理アウトソーシング」とは具体的にどのようなものでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
本記事では、経理アウトソーシングの基礎やメリット・デメリット、サービス選定のポイントまでを詳しく解説します。経理業務の効率化や品質向上を目指す際に参考としていただければ幸いです。

経理アウトソーシングとは

経理アウトソーシングとは、企業が自社の経理業務を外部の専門業者に委託することを指します。
これにより、決算申告や税務申告、請求書の処理、給与計算、各種データの作成・管理など、多岐にわたる業務の支援を受けることができます。
コスト削減や業務効率の向上、業務の高品質化を目指す企業にとって、有効な選択肢といえるでしょう。
また、各アウトソーシングサービス提供企業は、多様なニーズに応えるためにそれぞれ異なる特長のサービスを展開しています。
導入を検討する際は、業務規模やニーズに合ったパートナー・サービスを選定することが大切です。

経理業務の効率化については以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ本記事と併せて参考にしてみてください。

経理アウトソーシングのメリット・デメリット

本章では、経理アウトソーシングを活用するメリットとデメリットを解説していきます。

メリット1.コスト削減

経理業務を外部の専門業者に委託することで、人件費や研修コスト、経理部門の設置・維持コストなど、関連する負担を大幅に軽減できます。これにより、会社の財務健全性が向上し、資源を他の投資領域に投下することも可能になります。

メリット2. 業務品質の向上、効率化

経理業務をアウトソーシング業者に委託すれば、その専門知識や経験等を活用して経理業務の品質を向上させることができます。また、アウトソーシング先が持つ適切なシステムやツール、業務プロセスを活用することで、経理業務の効率的な運用が可能となります。

メリット3.内部リソースの確保

アウトソーシングにより空いた内部のリソースを、他の戦略的業務や重要な業務に集中させることができます。これにより、企業の成長を加速させることにもつながります。

メリット4.コンプライアンスの強化

経理は厳格な法令遵守が必要とされる領域です。アウトソーシング業者はその専門性の高さで最新の法規制や業界の動向にも精通しているため、適切なコンプライアンス対応を維持しつつ業務を遂行することができます。

デメリット1.コミュニケーション面でのリスク

アウトソーシング先に重要な業務を依頼する場合、コミュニケーションが不足すると誤解やミスが生じ、予期せぬトラブルにつながることがあります。これを避けるためには、定期的な報告や連絡、そして相互理解を形成する体制の構築が必須です。

デメリット2.サービス品質の安定性確保

アウトソーシング先の担当者によって、サービスの品質が異なる場合があります。
安定した品質を保つためには、明確な品質基準と評価指標、委託先の管理体制の確認などを事前に行うことが必要です。

デメリット3.自社内でのナレッジ蓄積ができない

業務を外部に委託することで、自社内に経理業務のスキルや知見が蓄積しにくくなり、将来的に内部で業務を回すという選択が難しくなる可能性もあります。

デメリット4.情報セキュリティのリスク

経理情報は企業の機密に直結する重要なデータです。事故を防ぐためには、アウトソーシング先のセキュリティ対策を確認した上で継続的なモニタリングを行い、リスクを最小限に抑えることが求められます。

委託する業務範囲における注意点

経理アウトソーシングをスムーズに進めるためには、委託する業務範囲に注意したほうがよいでしょう。以下では、特に注意すべきポイントを解説していきます。

依頼業務と責任範囲の明確化

経理アウトソーシングを行う際は、依頼業務と責任範囲の明確化が必要となります。
具体的な業務内容やスケジュール、品質基準などを明文化し、アウトソーシング先との間でしっかりと合意形成しておくことで、後々のトラブルを防ぎ、業務を効率的に進めることができます。

カスタマイズ性やスケールの可能性

カスタマイズ性やスケールの可能性も考慮すべきポイントです。
自社の成長やビジネス環境の変化に柔軟に対応できるアウトソーシング先を選ぶことで、将来的なニーズの変化にも対応可能な、長期的なパートナーシップを築くことができるでしょう。

経理アウトソーシングサービスの選定ポイント

以下では、経理アウトソーシングサービスを選定する際の重要なポイント5点について解説していきます。

ポイント1.提供サービスの内容と品質、拡張性、グローバル対応

サービスの選定を行う際は、検討しているサービスの詳細な内容確認や品質精査が必須となります。
また、企業の成長や変化に合わせてサービスを柔軟に拡張できるかどうかや、グローバルレベルでの対応能力はどうかなども、必要に応じて確認を行うとよいでしょう。

ポイント2.コストパフォーマンス

単純な価格だけでなく、提供されるサービスの内容とその内容に見合った価格となっているかのバランスを見ることが大切です。候補を複数出し、相見積もりによる比較を行うことも有効な確認方法となるでしょう。

ポイント3.セキュリティとプライバシー対策

経理情報は企業の重要なデータですので、情報セキュリティ対策やプライバシーの保護が十分にされているかを確認しましょう。
自社のセキュリティ基準や要求に対してアウトソーシング先がしっかりと対応しているか、自社のセキュリティ関連部門などと連携して見極める必要があります。

ポイント4.サポートとアフターサービス

問い合わせやトラブル発生時の対応体制がしっかりと整っているか、迅速かつ適切なサポートが提供されるかをチェックすることも重要となります。
追加費用が発生する場合もあるので、事前に条件や内容を確認しておきましょう。

ポイント5.サービスの評判・実績

他のクライアントからのフィードバックや評判を参考に、アウトソーシング先の信頼性と実績を評価することも重要です。具体的な実績やユースケースなどと自社がやりたいこととを照らし合わせてみることも、有効な確認方法となります。

まとめ

経理アウトソーシングは、コストの削減、業務品質の向上、リソースの確保、コンプライアンスの強化などのさまざまなメリットが期待できます。
一方で、委託先とのコミュニケーション不足によるミスの誘発や、サービス品質のばらつきといったリスクもしっかりと考慮する必要があります。
経理アウトソーシングが自社ビジネスにもたらす効果を最大限に引き出すためにも、今回解説してきたポイントを参考に、計画的かつ慎重に導入を進めていくとよいでしょう。
なお、経理アウトソーシングだけでなく、クラウド型ERPの活用も会計業務の効率化につながるひとつの手段となります。主な特長は以下のとおりです。

クラウドERPの特長
・経費精算、請求書処理、給与計算などの業務の自動化をサポート。
・会計データと他の業務データを統合し、一元管理することが可能。
・情報が一元管理されるため、迅速な意思決定につながる。

クラウドERPについては以下で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。
参考サイト:クラウドERP マネーフォワード クラウドERP – バックオフィス業務を効率化


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

お役立ち資料

関連記事