• 作成日 : 2024年4月1日

ビジネスのボトルネックとは?原因の特定方法や解消するためのポイントを解説

ビジネスにおいて、ボトルネックは成果を妨げる要因となります。
ボトルネックは生産性や効率性を低下させるため、ボトルネックの課題やその原因を特定し、解消する必要があります。
またボトルネックを分析して再発防止につなげることも重要です。
この記事では、ビジネスにおけるボトルネックとは何か?ボトルネックの課題や原因を特定・分析する方法や、解消に向けた手順・ポイントを解説します。

ボトルネックとは

はじめに、ビジネスにおけるボトルネックの概要および影響などについて解説します。

ボトルネックの基本概念

ボトルネックとは、業務や生産性に悪影響を及ぼす工程や箇所を指します。
これは、全体の流れにおいて効率を阻害したり、制限する要因となります。
例えば、製品の生産ラインで最も遅い工程がボトルネックとなり、他の工程もその速度に合わせて動くことを余儀なくされる場合などです。
したがって、ボトルネックを特定し効果的に管理することが、業務の改善や生産性の向上に不可欠となります。

ビジネスプロセスにおける影響

ビジネスプロセスにおけるボトルネックとは、業務プロセスの中で処理が遅くなる箇所を指し、生産性や効率に深刻な影響を与えます。
これらの箇所では作業が停滞し、他の部分も遅れることになります。
例えば、製造業においては、生産ラインで特定の工程が遅れると、生産量が減少し、リードタイムが延びる可能性があります。
このようなボトルネックを解消することで、業務プロセス全体の効率や生産性を向上させることが重要です。

ボトルネックの課題と原因

本章では、ボトルネックの課題や発生する要因について整理し解説します。

ボトルネックが発生することによる課題

生産性や効率性の低下

ボトルネックの発生によって作業が滞り、生産性が低下します。タスクの遅延や待ち時間が増加し、効率も損なわれます。

時間の浪費

ボトルネックの発生により、作業工程で時間がかかり、全体のプロセスが遅延します。これは時間の浪費につながります。

経費の増加

ボトルネックの発生によって作業が滞るため、追加のリソースや人員を割り当てる必要が生じます。これにより、経費が増加します。

ボトルネックが発生する主な原因

人手不足

必要な人員が不足していると、生産性が低下し、業務の効率に影響を与えます。

業務の属人化

特定の人に作業が依存していると、その人が不在の場合に業務が停滞しやすくなります。

アナログ業務

紙の帳票や資料の処理、印鑑による承認などの業務は時間がかかり、効率が低下します。

ボトルネックの特定と分析

本章では、ボトルネックの特定と分析について整理し解説します。

ボトルネックを特定するための方法とその分析プロセス

業務プロセスの洗い出し

ボトルネックを特定するための方法の一つとして、業務プロセスの洗い出しがあります。
ワークフローを詳細に分析し、各工程を可視化することで、ボトルネックがどこにあるのかを特定しやすくなります。

ボトルネックの種類を特定

ボトルネックを特定する際の重要な手順の一つとして、ボトルネックの種類を特定することがあります。
パフォーマンスレベルのボトルネックか、システムレベルのボトルネックかを判別し、問題の範囲を特定します。

ボトルネックが発生している箇所の特定方法

3Mと呼ばれるボトルネックを生み出す要素から、問題が発生している箇所を特定していきます。

ムダ

手順が多すぎたり、本来不要な作業を続けていたりする箇所です。過剰な手続きや無駄な作業が見つかれば、ムダが発生している可能性が高いです。

ムラ

マニュアルが存在しないか、個人の裁量に任せられている部分です。業務に一貫性がない、作業量にばらつきがある場合は、ムラが発生している可能性が高いです。

ムリ

高負荷な状の箇所です。作業が過剰に集中しており、人員やリソースが不足している場合に、ムリが発生している可能性が高いです。

ボトルネック解消の手順と手法

本章では、ボトルネックを解消するための手順と手法を中心に整理し解説します。

TOC理論とは

TOC理論はシステムの成果を最大化するために、システム全体のボトルネックを特定し、それに焦点を当てる方法をいいます。

TOC理論を活用した解消ステップと注意点

STEP1 ボトルネック(制約条件)を見つける

TOC理論を活用した解消ステップの一つとして、「ボトルネック(制約条件)を見つける」ことがあります。
これは、プロセス内で最も制約がかかっている工程を特定し、そこに注力することで全体の効率を向上させるステップです。

STEP2 ボトルネックを最大限に活用する

TOC理論の解消ステップの一つとして、「ボトルネックを最大限に活用する」ことがあります。
リソースをボトルネックに集中させ、その能力を最大限に引き出すことで、全体の効率を最大化します。注意すべき点は、過度な負荷や過労を引き起こさないようバランスを保つことです。

STEP3 ボトルネック以外を制約条件に合わせる

TOC理論の解消ステップの一つとして、「ボトルネック以外を制約条件に合わせる」ことがあります。
他の工程をボトルネックに合わせて調整し、生産バランスを最適化します。注意点としては、過度な適応や無駄なリソース投入を避けることが挙げられます。

STEP4 ボトルネックの能力を向上させる

TOC理論の解消ステップの一つとして、「ボトルネックの能力を向上させる」ことがあります。
ボトルネックの生産性を高めるための改善策を実施し、生産能力を最大化します。ただし、改善策が他の部分に影響を与えないように慎重に検討することが重要です。

STEP5 上記ステップの繰り返し

TOC理論では、「上記ステップの繰り返し」が重要です。
ボトルネックが解消された場合は新たなボトルネックを探し、改善を繰り返します。継続的なモニタリングと改善が必要であることを意識することが重要です。

ODSCの設定やスキルマップの作成

ボトルネックを解消する方法は、TOC理論の活用だけではありません。以下で解説する2つも有効な対策です。

ODSCの設定

ODSCとは、「Objective(目的)、Deliverable(成果物)、Success Criteria(成功基準)」を指し、プロジェクトの計画段階で完成イメージを共有する考え方を指します。
プロジェクトの方向性を明確化し、プロジェクトの成功確率を向上させるために、ODSCの設定は有効です。

スキルマップの作成

スキルマップの作成はプロジェクトの成功に寄与する重要なステップです。
スキルを可視化し、適切な配置や育成を行うことで、チームの力を最大限に発揮し、目標達成を支援します。

まとめ

本記事では、ビジネスにおけるボトルネックについて詳しく解説しました。
ボトルネックは生産性や効率性を低下させる要因です。
その課題や原因を特定し解消するためには、ボトルネックの特定と分析が不可欠であり、適切な手法とポイントを用いて改善策を実施し、業務プロセス全体の効率を向上させることが重要となります。
本記事が少しでもボトルネック解消するための参考になれば幸いです。


※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。

※本サイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。当社は本サイトの記載内容(テンプレートを含む)の正確性、妥当性の確保に努めておりますが、ご利用にあたっては、個別の事情を適宜専門家にご相談いただくなど、ご自身の判断でご利用ください。

お役立ち資料

関連記事